« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »

ビジネスクラス機内食/シンガポール航空:シンガポール(SIN)⇒ハノイ(HAN)

搭乗:[2012/12/28 SQ176便]
評価点:総合★★★★★★★★★★サービス★★★★★雰囲気★★★★☆
昨年に続き、今年の年末年始は暖かい東南アジアで過ごすことにした。28日と4日を休んで9泊12日で、まずは懸案だったハノイへ。
ANAの深夜便でシンガポールに向かい、そこからシンガポール航空のビジネスクラスでハノイまで約3時間。シンガポールからハノイと、タイのクラビへのビジネスクラス航空券は、マイレージ特典(43000マイル)で確保した。

フルーツ中心に 5種類あるチーズから3種
このパンプディングは美味しかった ターミナル2のラウンジにも入ってみた

シンガポールでの乗り継ぎ時間は3時間半。まずはターミナル3のシンガポール航空ラウンジで、豪華朝食をいただこうと思ったわけだが、前夜のANA羽田ラウンジで食べすぎてしまって、フルーツを中心に軽いものだけ。
相変わらず品数は多いが、料理の水準が標準クラスでもの足りない。キャセイの香港ラウンジ食(☞ こちらの後半部分)を知ってしまうと、量より質を求めたくなる。

ハノイ便のビジネスクラスは搭乗率3割程度。でも、座席配置は中央一番後ろ。特典航空券でのタダ乗り客とお金を払っている客を区別してくる点は前回搭乗時と変わっていないが、食べる方がメインである私には問題なしだ。(採点は食べ物とそれに付随するサービスや雰囲気だけが対象)

離陸前のウエルカムドリンク 離陸後の最初のドリンク
▲左:離陸前のウエルカムドリンク  右:食事前のドリンク「Tropical Sparkle」とおつまみ

例によって早めに搭乗したが、席に着くなり至れり尽くせりで、さすがシンガポール航空というサービスだ。
さっそくウエルカムドリンク(3択)と共に、日本路線でないのに日経と朝日の国際版を持ってきてくれるし、最初から最後までみなさん名前で呼んでくれる。ちゃんと搭乗客の名前を記憶しているのだ!
ANAのように担当を決めてその方だけが覚えている(それすら怪しい?)のではないし、みなさん聞きなれない日本の名前をしっかり覚えるという点で、プロフェッショナルを感じさせられる。

離陸後の最初のドリンクは Tropical Sparkle(A refreshing-yet-fruity blend of lime cordial and 7-Up, with orange & tomato juice)をお願いした。
豊富なカクテルの中に、ノンアルコールのカクテルもちゃんと用意されている。(最後のメニュー写真参照)
ちょっと残念だったのは、おつまみのナッツがエコノミークラス水準。パッケージ写真に反して、8割がピーナッツという内容で安っぽい。

前菜とパン 選んだパンをアップで

3時間のフライトで余裕があるからだろう。大抵は真っ先に食事がふるまわれるものだが、食事が出てきたのは離陸してから1時間経過後。シンガポール時間で昼の11時なので、Lunch Menu と記されたお題通りだ。なかなか粋な計らいだと思う。

テーブルセッティングされ、パンは世界標準のバスケットから選ぶ方式。7~8種類もあって、選ぶのに悩んでしまった。オリーブオイルも必要であれば取ることができる。

Marinated prawns
Starter: Marinated prawns with pomelo and green mango on mizuna salad

続いて前菜が運ばれてくる。最初からトレーに乗せてこないところが素晴らしい。
ボイル海老をマリネしてあるのだが、下ごしらえが違うのか美味しい。この手の海老料理は、単なるボイルというのがほとんどなので、料理に対するこだわりを感じさせられる。

少しピリ辛のサラダも、普通ではない美味しさ。グリーンマンゴーを使っているとあるが、タイ料理のような激辛ではなく程よい辛さに旨味成分もある。日本や欧米ではなじみのないマレー風なんだと思うが、屋台や食堂では無理っていうお味。

Wok-fried beef in black pepper sauce
Main(3択):Wok-fried beef in black pepper sauce with garlic, French bean with dried shrimp in XO sauce, fish noodle with bean sprout

3択のメインからは、お勧めマーク(Exclusively created by Chef Sam Leong, Sigapore)が付いていた中華料理を選んでみたが、一口目から魅了されてしまった。
何を最初に食べたかって、普通の付け合せに見えるえんどう豆。これにも下味が付いていたのだ。
肉の下にある焼きそば風の太麺も、麺に気泡を含ませてある独特なソフトな食感があって美味しい。

ソースは絶品クラス。黒胡椒ソースはシンガポール料理の代名詞みたいなものだが、こんな美味しいソースが存在するとは知らなかったほどだ。ソースだけを分析してみると、どうもオリジナルのXO醤をたっぷり使っている感じ。(メニュー説明に書かれていることは、この原稿を編集している段階で知った)
胡椒のピリ辛に複雑な魚介類の旨味を加えた機内食とは思えない素晴らしい味だ。

Ice jelly with fresh fruit A selection of fresh fruit
Finale:Ice jelly with fresh fruit
A selection of fresh fruit


最後は、ワゴンサービスで。食い意地の張った私は、例によってフルーツを除いて全部お願いしてしまった。
フルーツは、好きなものを自由に自分で取って良いというので、控えめに2種類だけ。素手で自分で取りなさいっていうのは、ちょっとどうかとも思ったが。

Gorumet coffees & selection of fine teas, with pralines
Gourmet cheese with garnishes

Singapore Breakfast Tea (1837 TWG TEA) pralines(3種中2種)
Gorumet coffees & selection of fine teas, with pralines

シンガポール航空は、珈琲だけでなく紅茶も選択できるうえに、ご覧のとおり凝ったティーバッグで出てきた。
(選んだのは、Singapore Breakfast Tea (1837 TWG TEA)

ということで、短距離路線にも関わらず、素晴らしい食事を出してくれたうえに、サービスも抜群ということで★5つを進呈することにした。ANAもJALも、まだまだだなぁ、と思ったわけである。


実は、ハノイに着いたら即日アップしようと考えていたのだが、持参したPCが壊れてしまったのだ。モニターの左4割が筋が入った真っ白な状況で何も映らず。何度か使ってスリープモードを使った時に全滅。SSD搭載なのでHDDが壊れる恐れはないことから、PCを過激に叩いて6割状態に復活させたという具合なので、いつ完全に使えなくなるか分からない状態なのだ。
このPC(lenovo ideapad U150)、前にも同じような現象で故障したことから保証期間中に修理に出したのに・・

今回は、買ったばかりの Google NEXUS7 を持ってきたのだが、スマートフォンどころか iPad すら使ったことが無いので原稿書きにはとても使えない。でも、地図や予約確認票をPDFで放り込んでおいたので助かった。
何よりGPSが搭載されていて感度も非常に良く、現在地把握に使う分には最高だ。(事前に目的地の緯度経度を調べておく必要はある)

残っていた右6割の画面をだましだまし使って原稿は書いたものの、さすがに登録や写真編集は厄介だ。
ということで、頑張って最初のレビューだけは登録したが、この後の食べ歩き結果の登録は難しいかもしれない。
その場合は1月7日以降、日本に帰国してから登録することになる。

※メニュー:ランチカクテルスピリッツ珈琲紅茶等ソフトドリンク類

ビジネスクラス機内食 航空会社別レビュー&ランキング
関連記事

テーマ : ビジネスクラス機内食
ジャンル : グルメ

« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて25年。
現在 62ヵ国を訪問
43ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
11月:北西部/フランス
11月:フーコック島/ベトナム
12月:Stuttgart,他/ドイツ
年越:ペナン,他/マレーシア
1月:レイキャビク/アイスランド
2月:メキシコ
3月:Sevilla,Málaga/スペイン
3月:台湾㉙、ベトナム
4月:マルタ②、イタリア
5月:ポーランド
6月:クロアチア②,スロベニア
7月:イタリア⑰、スイス
丸数字:累計訪問回数

国内の食べ歩きはこちら
カテゴリ
最新記事一覧
アイルランドの古城ホテル:カブラ城 [Cabra Castle] 2017/10/19
ビジネスクラス機内食/英国航空[British Airways]:ロンドン(LHR)⇒ダブリン(DUB) 2017/10/16
イギリス/レディング [Reading]: Riverside@クラウンプラザ 2017/10/15
イギリス/アシュフォード [Ashford]: Holiday Inn Ashford - North A20 2017/10/13
イギリス/Bodiam Castle: Wharf Tea Room@ボディアム城 2017/10/11
イギリス/クローリー [Crawley]: The Master Fryer 2017/10/08
イギリス/サウサンプトン [Southampton]: Holiday Inn Southampton 2017/10/06
イギリス/エクセター [Exeter]: Bill's (Exeter店) 2017/10/04
イギリス/Berry Pomeroy Castle: The Castle Café@ベリーポメロイ城 2017/10/03
イギリス/ティンタジェル [Tintagel]: King Arthur's Cafe 2017/10/02
フィリピン/セブ: Café Laguna (SM City Cebu店) 2017/10/01
フィリピン/セブ: Hukad (Ayala Center Cebu店) 2017/09/30
フィリピン/セブ: Mang Inasal (Parkmall店) 2017/09/29
フィリピン/セブ: Cebu's Original Lechon Belly (Parkmall店) 2017/09/28
フィリピン/セブ: Chika-an Sa Cebu (Parkmall店) 2017/09/27
フィリピン/セブ: The Mango Farm (Cebu J Centre Mall店) 2017/09/27
フィリピン/セブ: Tsiboom Native Restaurant (J Centre Mall店) 2017/09/26
ミニ情報:リガ空港~市街地の便利で安い路線バス移動方法詳細とリトアニア行きバス情報 2017/09/25
ビジネスクラス機内食/LOTポーランド航空: ワルシャワ(WAW)⇒成田(NRT) 2017/09/24
ポーランド/ワルシャワ [Warszawa]: Winosfera (Chłodna 31) 2017/09/23
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
60位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
20位
アクセスランキングを見る>>