« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »

イギリス/ウインダミア(Windermere).湖水地方:フランシーヌ(Francine's)

訪問:[2012/7/15 18:10] (☞ ミシュラングリーンガイドの紹介ページ
評価点:総合★★★★☆★★★★☆サービス★★★☆☆雰囲気★★☆☆☆CP★★★★☆
湖水地方の周遊ルート by 旅レコ
旅レコ(GPSLOG)で記録したこの日の湖水地方周遊ルート

湖水地方2泊目は、西湖水地方の宿を出てから裏ルート的な道を走ってみた。
湖をいくつも回るルートだが、時々日がさすものの曇天ということもあってか景色はパッとせず。

今日の家内のお目当ては、ピーターラビット関連施設の周遊だ。
最後にウインダミア・ヒルトップ間のフェリー情報を記載してあるので、レンタカーや自転車で回る予定の方は参考にしてほしい。

外観 店内
ミシュランシールを発見!
今日の宿は、鉄道駅のあるウインダミア(Windermere)のマナーハウス。
前夜のマナーハウスのレストランと比べて高いうえに内容に魅力が無かったことから、宿で食べずに街歩きを兼ねてレストランを探した結果、毎度おなじみのミシュランシールを貼ってあるこの店を見つけたという訳だ。
直近数年分のシールを貼ってあれば間違いなしと、即決。

店に入ると、かなり狭いしフランスの平均的なビストロと同じ様にテーブルを所せましと詰め込んである。入り口右側と左側、それに左奥という狭い3つの部屋は、すでに半分程度が埋まっている。周辺のレストランと比べると、混雑ぶりは突出しているのに驚いたが、後で調べるとかなりの有名店だったようだ。

アラカルトは前菜・メイン・デザートとも5~6種類用意されている。それ以外に今日のお勧めといった黒板メニューも豊富。
コースを組むと£30以下で収まるが、別に用意されている3皿コース(FRANCINE’S SPECIAL 3 COURSE SET MENU £18.95≒2400円)の選択肢の方が魅力を感じるものが多かったので、そちらから選ぶことにした。

アミューズ

家内がワインを頼んだからか、それともデフォルトで出て来るのか不明だが、アミューズが出てきた。

上は、チーズ風味のパイ生地にチャツネのような甘いものを乗せて焼いたもの。前日の店に限らず、チャツネはあちこちでお目にかかれるので、英国料理の基本のひとつなのかもしれない。
下は、サーモンムースを乗せたカナッペで、こちらはごく普通のもの。

パン

無料のパンは3種類盛り合わせ。
日本の食卓にも並ぶイギリスパンはトーストで、他にバゲット型の全粒粉パンと、なぜかフォカッチャ。
これらのパンもまずまずの味で、二人で全部平らげてしまった。

SMOOTH CHICKEN LIVER PARFAIT
SMOOTH CHICKEN LIVER PARFAIT
With homemade pickles and toasted brioche


前日意外にも美味しかった鶏レバーのパテを二人とも選択。

パテをアップで

前日のパテは缶詰ではないかと思えるものだったが、こちらは生ハムで巻いてあるので間違いなくお手製。周りの黒い物体は、レーズンとオリーブだ。

これが、めちゃくちゃ美味しい。
缶詰品のような奥深さも何もないものと違って、うま味も十分。少しブランデーの類を入れている感じ。
日本のフレンチでも良く見かける白レバーのムースに近いが、英国の味付けはそれとは違うようだ。

POT ROASTED LAMB SHANK
POT ROASTED LAMB SHANK
Creamy mash potato, glazed vegetables and rosemary scented sauce


私のメインは、昨日に続いて(というか基本的に羊肉好きなので)ラムを選択。
足肉とあったが、大胆な骨付きで出てきたのには驚いたが、皿の見栄えは価格が安いなりだ。
昨晩の羊は癖のない上品な味わいだったが、こちらは羊肉らしい癖がある。やはり価格差がストレートに表れている感じだ。

ラム肉をアップ

軽い酸味と甘さのあるソースの中には、ビネガーに軽く漬け込んだピクルスのような味わいの小玉ねぎが入っている。
ソースの中にピクルスを入れるという手法はあまりお目にかかれた記憶が無いが、フィットしている感じは無い。
茹でた豆や芋、人参といった野菜たちの立ち位置も微妙。存在意義を感じないのだ。

CONFIT PORK BELLY
CONFIT PORK BELLY
Pak choi, pommes purée and root vegetables


家内が選んだのは豚バラ肉のコンフィ。
下味無しのまま低温のラードで煮込んだのだろう。味付けを変えれば角煮になってしまいそうな味わい。

豚バラ肉をアップで角度を変えて

ソースベースがラムと同じもので弱いだけあって、豚の脂がかなり気になる料理だ。
一口だけの味見で良かったが、私がこれを選んでいたらギブアップだ。
こちらだけ角切りのブラックプディングが入っていたのも、ラムのソースとの違い。でも、手抜きだよ。絶対に。

FRANCINE'S CHOCOLATE & ALMOND SACHERTORTE
FRANCINE'S CHOCOLATE & ALMOND SACHERTORTE
Served with a quenelle of cream


かなりヘビーなチョコレートケーキ。チョコとアーモンドのザッハトルテと記されていた。

ザッハトルテの断面をアップで

一口だけ食べたが、本場ウィーンで2軒の老舗で食べたザッハトルテと比べると美味しいと思うが(本場のものは私の趣味でなかったという事)、添えられているホイップは無糖なのでチョコの甘さにはちょうど良いものの、どちらも油脂分たっぷりなので胃にもたれる。

ETON MESS
ETON MESS
meringue, vanilla ice cream, berry compote and whipped cream


私の方は、メレンゲという文字があったので、昨晩のデザートと比較できるかとイートンメスという名のものを頼んでみた。昨晩のメレンゲの塊とは違って、砕いたものを全体に振り掛けているだけ。
3ディップ分のアイスクリームは、全部バニラかと思ったら、奥の1つはチーズ風味のホイップクリームだった。

濃厚なベリーソースとアイスクリームの組み合わせは、定番らしい美味しさ。
後で調べてみたらイギリスの名門であるイートン校発祥のイギリスオリジナルのデザートらしい。
アイスクリームとメレンゲを砕いたものにイチゴ等のソースを加えて混ぜ合わせたものを指すとのこと。
実は、この後のレストランでも比較のために頼んでいる。

お会計 お会計は、伝票の上に、本来なら紅茶に付いてくる小菓子だったのか、トリュフチョコレートが乗ってきた。
そう、今回はホテルの部屋でお茶を飲もうとお茶を頼まなかったのだ。

しかし、紙の伝票にチョコの油脂が浸みているような出し方、ちょっと抵抗があるなぁ。
確か、他の国でも同じようなケースがあったと記憶しているので、珍しいことでは無いのだと思うが。


以上、偶然見つけたグリーンガイド推奨レストランだったが、観光地の中心にありながら安価な価格設定と美味しい料理に満足できた。
ただ、店の狭さとサービス体制を考えると、前夜のレストランの方が上という判断になったしだい。誰でも気軽に入れる店であるという点では、使い勝手が非常に良いと思う。

なお、他での情報を調べた結果かなり混雑する店らしいので、2人までなら開店直後を狙い、3人以上であれば事前予約をお勧めする。


※メニュー:黒板メニュー(固定メニュー(価格付)はHPにPDFで掲載されています)

【店舗詳細情報】
店名:Francine's
電話:(015394)44088
営業:10:00~15:00(ランチ11:00~14:30)、18:00~21:00(LO)
定休:月曜日、日曜と火曜の夜、1月最終2週間、12月第1週、12/25-26、1/1 ←いいねぇ!
住所:27 Main Road, Windermere, Cumbria LA23 1DX

大きな地図で見る

スコットランド古城めぐり情報と、少しだけ湖水地方の情報
関連記事

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて25年。
現在 61ヵ国を訪問
42ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
8月:台北/台湾
9月:リトアニアポーランド
9月:セブ/フィリピン
10月:北東部/ポルトガル⑧、他
11月:北西部/フランス
11月:フーコック/ベトナム
12月:Stuttgart/ドイツ
年越:ペナン,他/マレーシア
1月:レイキャビク/アイスランド
2月:メキシコ
3月:セビリア周辺/スペイン
丸数字:累計訪問回数

国内の食べ歩きはこちら
カテゴリ
最新記事一覧
イギリス/聖ミカエルの山 [St Michael's Mount]: Island Cafe 2017/08/16
イギリス/ブリストル [Bristol]: Don Giovanni's 2017/08/14
イギリス/ペンブローク [Pembroke]: The Cake Shop 2017/08/12
イギリス/カーディフ [Cardiff]: Junction Restaurant@ホリデーイン 2017/08/10
イギリス/ラドロー [Ludlow]: Castle Tea Room@ラドロー城 [Ludlow Castle] 2017/08/09
イギリス/ストラットフォード [Stratford-upon-Avon]: エルグレコ [El Greco] 2017/08/07
イギリス/ワデスドン・マナー [Waddesdon Manor]: The Manor Restaurant 2017/08/04
ビジネスクラス機内食/英国航空[British Airways]:成田(NRT)⇒ロンドン(LHR) 2017/08/02
オーストリア/ザルツブルク [Salzburg]: IMLAUER Sky Bar & Restaurant 2017/08/01
オーストリア/ザルツブルク[Salzburg]: カフェ・モーツアルト[Cafe Mozart] ② 2017/07/31
ドイツ/ヘレンキームゼー城 [Neues Schloss Herrenchiemsee]: Schloss Cafe 2017/07/30
オーストリア/アヘンゼー [Achensee]: Zillertaler Hof 2017/07/29
イタリアの古城ホテル:ブランド城 [Castel Brando] 2017/07/28
イタリア/オルティゼイ [Ortisei|St. Ulrich in Gröden]: Naturhotel La Cort 2017/07/27
イタリア/オルティゼイ [Ortisei|St. Ulrich in Gröden]: Cafe Demetz 2017/07/26
イタリア/セッラ峠 [Passo Sella]: Ristorante Al Sella 2017/07/25
イタリア/サン・カッシアーノ [San Cassiano(Badia)]: Picnic@Hotel Gran Ancei 2017/07/23
イタリア/サン・カッシアーノ [San Cassiano(Badia)]: Hotel Gran Ancëi 2017/07/21
イタリア/コルティナ [Cortina d'Ampezzo]: Ristorante Baita Son dei Prade 2017/07/19
イタリア/コルフォスコ [Colfosco]: Hotel Luianta 2017/07/18
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
66位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
25位
アクセスランキングを見る>>