FC2ブログ
« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »

韓国/慶州:ソサンドル(서산돌)[カンジャンケジャン専門店]

訪問:[2012/6/16 12:00]
評価点:総合★★★★★★★★★★サービス★★★★★雰囲気★★★☆☆CP★★★★★
釜山2日目は、Korea Rail Passで無料で行けることから、世界遺産の街である慶州に出かけてきた。

駅から徒歩圏にある世界遺産周辺をぐるりと回っていると、蟹のマークを掲げた店を発見。ハングルのみの表示でまったく見当が付かなかったが、TVで紹介されたのか、それをアピールする派手な看板の割には個人宅をちょっと改造してそのまま営業しているように見えたこともあって魅力満点。
とにかく入ってみようと玄関から英語で声をかけてみた。

やはり、英語も日本語も通じないが、メニューという言葉は分かってくれたようで見せてくれたのが、下の写真。

メニュー見えてきた外観
▲このカニマークに惹かれた

店は普通の個人宅みたいに見える
▲左:店頭で見せてもらったメニュー  右:外観は一軒家の個人宅に見えてしまう

おお、予想通りカンジャンケジャンの店だ。値段も、昨晩のモクトンが1匹₩15000だったので問題なし。

ということで、店の中に入ることにしたが、この時点では客はゼロだったので不安があったのも事実。
思ったより奥行きがあって5~60人は収容できそうだが、土曜日とあって中学生ぐらいの女の子も含めて家族総出で営業していた。

改めてメニューのカンジャンケジャン(₩14000≒980円)の写真を指さしてお願いしたが、韓国語で ₩2000高いこちらで良いかといった話を、メニューを指差しながら何度もしてくる。英語や日本語で話しても向こうには通じないし、こちらも何が言いたいのかチンプンカンプンだったが、あまりにも何度も言ってくるので150円差なら許容範囲と思ってお願いした。

店内 壁メニュー

後でわかったが、店側の良心だったのだ。
おそらく写真は単品価格だったのだろう。どうもカンジャンケジャン定食(₩16000≒1120円)を意味するものだったらしい。(韓国語が分かる方ならメニュー写真で判断できると思う。私は未だに分からないので、あくまで推測レベルで書くしかない。ハングルは入力が出来ないので機械翻訳を使う事も出来ない海外食べ歩きブロガー泣かせなのだ)

しばらく待っていると、客が次から次へとやってきた。駐車場があるわけでもないので、世界遺産観光用の大陵苑駐車場から歩いてきているのかもしれない。どうも知る人ぞ知る名店だったのかも。

で、おまちかねの料理の到着。す、凄すぎる!!

料理全体

実は、釜山ナビで小鉢の数が多いとのレビューだった店を1軒マークしておいたのだが、こちらの店も半端でなく小鉢の数が多いのだ。そう考えると、小鉢の皿数を競うのは慶州という土地柄なのかもしれないと思えてきた。(他店に行っていないので、あくまで予想)

基本的に皿数の多い韓定食は大好きなので、この圧倒される皿数を見て最初の感動。

この焼魚が旨い!

ちょっとした煮物や小魚類が多いのだが、味付ウズラ卵や焼き魚(これが美味しい!)といった、昨晩の釜山のモクトンと比較するとコストだけでなく手間をかけた料理群が並んでいる。

鍋類もスンドゥブと出汁卵の2種類が出てきた。

小鉢群①
小鉢群②
小鉢群③
小鉢群④

こういった小鉢の充実は、釜山のクンジプ(큰집/Keunjip)でも味わっているが、それを凌駕するような内容の充実度だ。

カンジャンケジャン

そして、本命のカンジャンケジャン

モクトンと違って、身がプリッとしていないが、逆に言えばあちらは漬け込みが足りなかったわけだ。
卵はモクトンよりもたっぷり身と甲羅側についていたし、蟹のサイズも明らかに大きい。

カンジャンケジャンは内子がタップリ

そして何よりもタレが身に十分染みていて、これぞカンジャンケジャンだという味わい。
もちろん、日本で高い金を出して食べるものとは違って、臭みなどまったくなく、今が旬の鮮度の良い材料を使って漬け込んでいるのは明らかだ。絶対にリピートしたい店となってしまった。



さらに驚くべき点は、小鉢扱いでヤンニョムケジャンもたっぷり出てきたのだ。
このタレが美味しくて、残ったタレ部分をそのまま食べてしまったほどだ。

最後に余った海苔(揚げたものではない)を食べていると、店主が韓国語と手振りでカンジャンケジャンのタレに付けて食べるとよいとアドバイスしてくれた。なるほど、この日の夜の店でも海苔が付いてきたが、そうやって食べるのかと。

言葉が通じないながらも、戸惑っている様子を見てすかさずアドバイスをくれる姿勢、それに最初の注文時に言葉が通じないながらもしつこいと思われるほどに定食側を勧めてきた理由を考えると、ちゃんと客を見ているのだなとサービス姿勢の良さを感じたものだ。

韓国の個人経営店には正直嫌気がさしていたのだが、それはいつもガイドブックやプサンナビのような商業ベースのサイトを見て行っていたからかもしれない。黙っていても馬鹿な観光客が来るから初心を忘れてしまった店だからであって、地方の一般個人経営店は捨てたものではないなと見直す機会になった。やはり、どこの国でも地方都市は良いものだ。

ただ、この店の場合は観光地ど真ん中から徒歩3分という好立地だったうえに、店頭やホームページでもTVで紹介されたような事を大きく記してある。そういった行為をする大抵の店は儲けに目がくらんで客をカモにする店であるが、そういった店の典型とは違ったのは驚きだ。すごく純真なんだと思う。
今後も初心を忘れずに営業を続けてほしいと強く願うばかりだ。

ということで、当ブログ5軒目の★5つ進呈店となった。
こういった店は、手抜き調査だけでなく広告料を得ている店や便宜を図ってもらった店、あるいは人脈優先という利害関係が絡んでくるガイドブックに載っているわけがないので、偶然の戦利品。個人ブロガーの強みだ。
そして、いつも地道に細かく歩き回る私だからこそ発見できたと自画自賛したい。(なんて書くと、墓穴を掘りそうなのが怖いのだが・・ハングルの読み書きが出来ないので十分な調査が出来ない点が大きなリスクだ)


店頭に大きく掲示されていたもの(ハングル読めないので意味不明)
▲店頭に大きく掲示されていたもの(ハングル読めないので意味不明)

【店舗詳細情報】
店名:ソサンドル(서산돌)
電話:054-774-5369
住所:경상북도 경주시 황남동 185-16(185-16 Hwangnam-dong, Gyeongju-si, Gyeongsangbuk-do)

大きな地図で見る

レストランカード
▲レストランカード



■慶州(Gyeongju)の風景■ (☞ 公式HP

▲左:釜山からは釜田駅から出発(発車する1番線を探したら線路上だった!)  右:慶州駅


▲左:観光バスがひしめく大陵苑駐車場前の世界遺産石碑と背景に見える古墳群(店はここから徒歩3分)
 右:慶州瞻星台を入場料をケチって外から撮影。接近する価値を感じなかったのだ。(☞ wikiプサンナビ
関連記事

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて30年。
現在 67ヵ国を訪問
48ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
3月:台湾㉞:澎湖
4月:フランス⑳、スペイン
5月:ポーランド④、台湾
6月:リトアニア②、ラトビア
7月:台湾㊱:(芒果冰)
8月:スイス⑨、イタリア
9月:ルーマニア②,ブルガリア
10月:スペイン⑰,ポルトガル
年越:ベトナム⑩:ダラット
丸数字:累計訪問回数

カテゴリ
最新記事一覧
ベトナム/ハイフォン: Quán Bà Cụ 2019/02/20
ベトナム/ハイフォン: Hợp Bích Bánh Da Cua 2019/02/20
ベトナム/ハノイ・ホアンキエム: ブンチャーフォンリエン[Bún chả Hương Liên] 2019/02/19
ベトナム/ハノイ・ホアンキエム: Goofoo Gelato 2019/02/19
ベトナム/ハノイ・ホアンキエム: Nhà hàng Ngon(ハノイ店) 2019/02/18
ベトナム/ハノイ・ホアンキエム: Noodle & Roll 2019/02/18
ベトナム/ハノイ・ホアンキエム: Bánh Cuốn Bà Hanh 2019/02/17
台湾/屏東・東港漁港(華僑市場A41): 家蚵仔煎 2019/02/16
台湾/屏東・東港漁港(華僑市場220,221): 曾鮮生魚片 2019/02/16
台湾/屏東・東港漁港(華僑市場331他): 漁郎生魚片② 2019/02/15
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
30位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
13位
アクセスランキングを見る>>