FC2ブログ
« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »

イタリア/サルッツォ(Saluzzo):Ristorante La Gargotta del Pellico

訪問:[2012/5/6 20:00]  (☞ ミシュラングリーンガイドの紹介ページ
評価点:総合★★★★☆★★★★☆サービス★★★★★雰囲気★★★★☆CP★★★★★
ホテルで紹介された店にランチに行く途中、ミシュランシールを貼った店を発見。
後で調べたら、当地レストランの筆頭で掲載されていた店だったので、ディナーはこの店で食べることに決めた。

店頭 店頭メニューとミシュランシール

店のある建物は、Casa Pellico(☞ Castelli Aperti(公開城)店にあった資料から)という有名なものらしく、たまたま通りがかったガイドツアーが立ち止りながら詳細に説明していた。(もちろん、英語ではないので内容はまったく分からない)

ディナーに出向くと、鉄格子のある大きなガラス窓から中を見渡せるのだが、人気が無いだけでなく電気も付いていない。店内が見える位置でミシュランマークやメニュー写真を撮っていたら、電気が付いて人の気配が見えたので中に入ってみた。

店内 鉄格子の中にいる客は見世物になる?

フレンドリーな男性が出迎えてくれたが、イタリア語のみ。
もちろんメニューにも英語は無くてイタリア語だけ。これではまったく分からないので、またまた無難なコース Gargotta del Pellico(€29.00)をお願いすることになってしまった。
やはり多くの観光客が来る街でないと、英語通用度は格段に落ちる。(フランスから近い当地では、英語よりもフランス語の方が通じるようだ)

テーブルセッティング アミューズ

アミューズは、少し癖のあるチーズ。でも美味しい。
そえられている蜂蜜と合わせると、強い主張を和らげてくれる。

グリッシーニ
パン

同時に、焼きたて感たっぷりのグリッシーニとパンも出てきた。
ここまでサイズや太さが不揃いのグリッシーニだと自家製間違いなしと判断できるが、こちらのグリッシーニは市販品が出されない限り、どこで食べても美味しい。
これは埼玉イタリアンでは絶対に味わえないものだと思う。ゆえに、いつも完食!

Carpaccio di carne
Carpaccio di carne (fassone piemonte)
con scaglie di grana e julien di parri


前菜は、牛肉のカルパッチョ。
皿を適度に温めてあり、生肉側も生ハムを作る前の工程である調味液を施したような薄味が付いている。
軽くオリーブオイルを回しかけてあり、パルミジャーノと合わせていただくと非常に美味だ。
肉の温度加減が決め手になっている気がする。

Ravioli ripieni di ricotta Seirass ラビオリの断面
Ravioli ripieni di ricotta Seirass
al burro aromatizzato alle erbe


プリモはリコッタチーズのラビオリ。埼玉でラビオリを頼むとおおよそ形状が決まっているが、こちらでは色々な形のものが存在するようだ。この店のは、トスカーナ州の Ristorante Castello di Valenzano で食べたものの小型版。といっても、あちらは芋ベースだったので根本的に違うが。

やはり手打ち感たっぷりで少なくともパスタに関しては良かったが、具材の方はチーズとクリームがベースでそれほど凝った味はしなかった。ソースはわずかな香草風味のオイルだけで、パスタそのものだけを食べてほしいという感じ。

セコンドは2択。片方はチーズとあったので(チーズがメインになるのか?)、もう一方をお願いした。

Coscette di galletto farcite con porri
Coscette di galletto farcite con porri
su riduzione di vino rosso


ポーション少なめだが、皿が運ばれてきたときの香りがたまらなく美味しそう。
Google翻訳では若い雄鶏と出るが、キジ等の野生種の鳥と思える腿肉で、甘味のある葱をベースとした物を包み込んでオーブンで焼き上げた感じのもの。赤ワインソースの使い方が面白い。
お味の方も、ジビエ的な味わいで非常に美味だったが、家内は苦手だと1本回ってきた。

デザートの前に当地の軽いマスカットで作った(と聞こえた)フルーツワインを持ってきてくれた。
無料でサービスしてくれると。
酒は飲めない私だが、ジュースのような軽いもので問題なくいただいてしまった。

そのあとに、デザートの説明。
3択で、スフォルマート、トルタ、パンナコッタと聞き覚えのある単語ばかりだったので、家内はスフォルマート、私はトルタを選択。

スフォルマート

スフォルマートは大きなフォンダンショコラという感じ。
添えられたミルクジェラートは非常にさっぱりした味わいだ。

チョコレートトルタ

チョコレートトルタは、チョコ味の薄いパンケーキのような食感でイマイチだった。
どうもイタリアのデザートは外ればかりだが、埼玉イタリアンがティラミスとパンナコッタばかりなのも納得できそう。つまり、イタリアに修行に出かけてもロクなデザートが無いので腕を磨けないからかもしれない。

エスプレッソ 小菓子

最後にエスプレッソとカフェラテ(各€2.00)を頼んで、どんな小菓子が付くか試してみたが、小さなマカロン生地タイプの焼菓子が2個ずつだけ。
まあ、これが普通で、ガルダ湖の Ristorante Pace のようなことにはならないのだろう。

それでも、わずか2ユーロの珈琲に自家製の小菓子が付くのだから、埼玉イタリアンでも真似てほしいものだ。(良く考えてみれば、埼玉イタリアンのほとんどが南イタリア料理なので、南イタリアでも同じような慣習が無ければ無理というものだろう。2~3年後には南イタリアを回ってみるつもりなので、そこで確認したい)


※メニュー:コース前菜パスタメイン

【店舗詳細情報】
店名:Ristorante La Gargotta del Pellico
電話:0175 46833
住所:Piazzetta dei Mondagli 12037 Saluzzo

大きな地図で見る

 

■サルッツォ(Saluzzo)の風景■(☞ 公式サイトGoogle Map

▲左:街の中心にある教会  右:その前を通るメインストリート(日曜日だからか閑散としている)


▲旧市街地区に入ると歴史を感じる建物がたくさんある


▲左:丘の頂上にある広場  右:そのすぐ近くにあるのが、麓から見えるシンボル


▲左:旧市街地区には小さな教会もたくさんある  右;サルッツオ駅は廃止されたようだ(たぶん路線の廃止)
関連記事

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて30年。
現在 67ヵ国を訪問
49ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
8月:スイス⑨、イタリア
8月:台湾㊲,インドネシア⑧,他
9月:ルーマニア②,ブルガリア
10月:スペイン⑰,ポルトガル
11月:マレーシア
年越:ベトナム⑩:ダラット
1月:メキシコ③、台湾
2月:マレーシア⑮、ベトナム
3月:マレーシア
4月:イタリア⑲~ドイツ
5月:アメリカ⑮:ナイアガラ
丸数字:累計訪問回数

カテゴリ
最新記事一覧
台湾/台南: 樂克戴門(Like Diamond) 2019/07/18
台湾/台南: 孔子廟石獅下鮮果冰城 2019/07/18
台湾/台南・新營: 富源冰果部 2019/07/17
台湾/台南・新營: 美美冰果部 2019/07/17
台湾/台南: 一品塘 ② 2019/07/16
台湾/台南・小北観光夜市(小北商場): 阿松養生果汁.冰品 2019/07/16
台湾/台南: 過客亭葷素蛋包飯專賣店 2019/07/15
台湾/台南: 裕成水果店 ⑥ 2019/07/15
台湾/台南: 奇異果子 ⑤ 2019/07/14
台湾/台南: 陽光迴廊 2019/07/14
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
34位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
16位
アクセスランキングを見る>>