« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »

イタリア/ガルダ湖.シルミオーネ(Silmione):Ristorante Pace

訪問:[2012/5/2 19:30] (☞ ミシュラングリーンガイドの紹介ページ
評価点:総合★★★★☆★★★★☆サービス★★★★☆雰囲気★★★★☆CP★★★★☆
パルマから、世界遺産に登録されているサッビオネータ(Sabbioneta)マントヴァ(Mantova) を経由して、ガルダ湖へ。

グリーンガイドで選んだ店だが、ホテル側の評判も非常に良いということで、グリーンガイド経由のBooking.comで最後の一部屋を予約した。

看板と入口のミシュランシール 湖側の別棟にあるレストラン

Booking.comは米国系なのでサイト自体が使いやすく、タイ企業のアゴダ(Agoda)のように不当表示(根拠のないインチキ定価を表記して割引率が高いように見せかけていることは、該当ホテルの公式HPで簡単に見抜ける)や不明朗な加算料金も無いうえに、地図の精度や口コミ評価の質が高いという点でも愛用しているが、予約表にはミシュランガイド経由であることが記されていた。

事実上使えないポイント制度で騙す姿勢がある点でも、アゴダ(Agoda)が嫌いな理由だ。日本企業なら当局行きは間違いないような企業だが、なぜもっと悪評が記されていないのか不思議だ。特に著名なブロガーのリンクが多いのは、アフィリエイト目的がほとんどだからかな? ホテル関連は単価が高いので儲かるし・・

またまた脱線してしまったが、本題に戻ろう。

シルミオーネは、イタリアで1番大きいガルダ湖の南中央部分に突き出ている細長い半島にある、ほぼ100%観光の街といった趣。その中心にある城塞の先は一般車通行止めだが、この店はその城塞の200メートル程先にある。(宿泊客はゲートの警察官に予約表を提示すればゲートを開けてくれるが、観光客が多いうえに道も非常に狭いので、初心者や大きい車は厳しいと思う)

観光地であるシルミオーネの中心に位置するだけあって、アラカルトの価格は今までの店の約5割増と高い。
ということで、最も安い Degustation Menu(€35.00)をお願いすることにした。2人からとの表示は、何も埼玉イタリアンだけの話ではないようだ。

パンとグリッシーニ

注文を終えるとパンとグリッシーニにオリーブオイルが出てきた。
日本ではオリーブオイルをパンと共に出す店が多いが、今回6州で15軒ほど試したレストランの中で出てきたのは2軒しかなかったと思う。つまり、フレンチならバターが出るのは当然(一部例外地域もある)だが、少なくとも北イタリアではオリーブオイルを出す慣習は無さそうだ。

そして、このグリッシーニが美味しい。恐らく自家製。というのも、焼き立ての風味がたっぷりでサクサクなのだ。

アミューズ

続いて出てきたのはアミューズ。メニューには記されていない。
目の前のガルダ湖で採れた魚だそうで、恐らくヒメマスの類。軽くマリネされているが、ほとんど生というお味。外国人にとって生の魚というのは珍しいだろうが、日本人的に見ても淡水魚を生でいただくのは少ないと思う。醤油が欲しくなった(笑)

ちなみに、アラカルトではコペルト4ユーロと記されていたが、コースで頼むと徴収されないようだ。

Soup of fish of the lake
Soup of fish of the lake

メニューの最初は、ガルダ湖の魚を使ったスープとの表示。たぶん説明してくれているのだと思うが、魚が何だかは分からないものの、これまたマスの類という感じだ。
ブイヤベースのような甲殻類の味はゼロではないと思えたが、ほとんど無く、かといってポルトガルやスペインで食べた海の魚をベースにした強い主張もない、割と淡白なあっさりスープだ。

Homemade black olive noodles with salted sardines of the lake and small beans
Homemade black olive noodles with salted sardines of the lake and small beans

パスタは黒オリーブをたっぷり入れた太麺タイプの独特なもの。

麺をアップ(ややピンボケご容赦)

やはり、ガルダ湖の魚を使ったオイルベースのソースで合わせてある。
埼玉では、こういったパスタやソースには出会えないな。結構いける味だった。

Fillet of Garda lake white fish with sweet and sour red onions and small tartare of tomatoes
Fillet of Garda lake white fish with sweet and sour red onions and small tartare of tomatoes

メインは魚料理。アミューズに始まって前菜・パスタと、すべてガルダ湖の魚を使った料理ばかりだ。
北イタリアではそれほど魚を食べないという話を聞いていただけに、こういった構成のコースが用意されているというのは意外だった。

魚をアップで

しかし、こと魚料理に関しては日本の方に分があるだろう。
淡白な淡水の白身魚本体側には軽く香草をまぶしているだけで、塩味はほとんど無し。トッピングの酢漬け赤玉葱も優しい味わいで、魚本来の味をそのままいただく料理になっている。
イタリア料理は素材そのものを楽しむ料理だと言うが、本当にそんな感じでフレンチ党の私や家内には物足りない。

さらに、ボリュームが多いという噂を聞いていたのに、観光地だからか日本と大差ないポーションで、量的にも不満。これなら、肉料理が付く€50.00のコースを頼めばよかった。

small tartare of tomatoes メニューにわざわざ明記されていたトマトのタルタルだが、確かにトマトだとは思えたものの、酸味も甘みも主張していないながらも、不思議に美味しい料理だった。

トマトの品種が違うと思うし、何かテクニックを使っている雰囲気。


Desert
Desert

単にデザートと表記されていた内容は、3種類のジェラート盛り合わせだった。
日本の一般的なジェラートのようにキツイ味ではなく、優しいながらも素材の風味を上手く出している美味しいジェラートだ。料理全体が軽い印象を受けたので、ここまで軽くする必要もないのに・・と思ったのは事実。

小菓子

物足りないながらも満足できたので、最後にオプションのエスプレッソ(€3.50)をお願いしたら、南浦和のラ・サントゥール顔負けの小菓子が出てきたのには驚いた。

イタリアでは、食後の珈琲を頼むと魅力的な小菓子が出てくるのが普通なのかと、この後のレストランでも何度か頼んでみたが、最低でも2品は出てくるものの、この店ほど豪華な小菓子は出てこなかった。
しかし、日本と同じか安いぐらいの食後の珈琲を頼むと、しっかり小菓子が出てくるということは大発見だ。水準の高いレストランでは、必ず食後の珈琲を頼もう!

湖側の棟の外観 ホテル棟の店内
▲左:夜の湖側レストランの外観  右:内陸側のレストラン本館はホテルの朝食会場にもなる

さて、1泊朝食付のレイクビューの部屋で2人で €102.00 というリーズナブルな価格で泊まったわけだが、その朝食も紹介しておこう。場所はホテル側の建物で、最初の写真で紹介したミシュランシールを貼ってある扉の中になる。

評判の良いホテルだけあって、朝食の充実ぶりは昨年夏に泊まった南チロルの Alte Mühle の次に良かった。

圧巻のパンと焼き菓子群

まずは、圧巻ともいえるパンというよりは焼き菓子系の種類だ。
すぐ横の厨房で作っていたが、前述の Alte Mühle でも焼き立てパンの種類が半端でなかったので、北イタリアの優秀なローカルホテルでは、朝食で出てくるパン類が半端でないほど豊富なのがデフォルトなのかもしれない。

いただいたもの

前夜の物足りなさを帳消しにするほどの朝食。全部は無理だが、これだけ取ってみた。
チーズは全部で7~8種類あったし、カットフルーツの種類が豊富なのも嬉しい。
これだけ朝食で食べてしまうと、昼抜きになってしまうのは仕方ないだろう。


※メニュー:コース料理前菜パスタ・スープ肉料理魚料理

【店舗詳細情報】
店名:Ristorante Pace(Hotel Pace Sirmione)
電話:030 9905877
住所:P.zza Porto Valentino, 5 - 25019 Sirmione

大きな地図で見る

 

■シルミオーネ(Silmione)の風景■

▲左:街の中心の城跡(朝は静かだが、日中~夜は観光客でいっぱい)  右:門をくぐって横から


▲左:一般車通行止のゲート  右:反対側から撮ってみた


▲左:城跡の奥には湖沿いにホテルが並んでいる  右:岬の先端近くの丘から撮った眺め


▲左:その岬には古代ローマの広大な邸宅の遺跡がある(看板より)  右:その看板の説明に日本語もあった!

 

■サッビオネータ(Sabbioneta)の風景■(☞ 公式ページGoogle Map

▲左:16世紀後半に、こんな感じの六角形の城壁で囲まれた理想都市を目指して造られたそうだ。
 右:2008年に世界遺産に指定されているのに、観光客の姿をほとんど見かけない静かな街だった。




▲城壁の外にあった立派な墓地。なんとなく理想都市そのものを見ているような感じがした。

 

■マントヴァ(Mantova)の風景■(☞ wikiGoogle Map





関連記事

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて25年。
現在 61ヵ国を訪問
42ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
8月:台北/台湾
9月:リトアニアポーランド
9月:セブ/フィリピン
10月:北東部/ポルトガル⑧、他
11月:北西部/フランス
11月:フーコック/ベトナム
12月:Stuttgart/ドイツ
年越:ペナン,他/マレーシア
1月:レイキャビク/アイスランド
2月:メキシコ
3月:セビリア周辺/スペイン
丸数字:累計訪問回数

国内の食べ歩きはこちら
カテゴリ
最新記事一覧
イギリス/聖ミカエルの山 [St Michael's Mount]: Island Cafe 2017/08/16
イギリス/ブリストル [Bristol]: Don Giovanni's 2017/08/14
イギリス/ペンブローク [Pembroke]: The Cake Shop 2017/08/12
イギリス/カーディフ [Cardiff]: Junction Restaurant@ホリデーイン 2017/08/10
イギリス/ラドロー [Ludlow]: Castle Tea Room@ラドロー城 [Ludlow Castle] 2017/08/09
イギリス/ストラットフォード [Stratford-upon-Avon]: エルグレコ [El Greco] 2017/08/07
イギリス/ワデスドン・マナー [Waddesdon Manor]: The Manor Restaurant 2017/08/04
ビジネスクラス機内食/英国航空[British Airways]:成田(NRT)⇒ロンドン(LHR) 2017/08/02
オーストリア/ザルツブルク [Salzburg]: IMLAUER Sky Bar & Restaurant 2017/08/01
オーストリア/ザルツブルク[Salzburg]: カフェ・モーツアルト[Cafe Mozart] ② 2017/07/31
ドイツ/ヘレンキームゼー城 [Neues Schloss Herrenchiemsee]: Schloss Cafe 2017/07/30
オーストリア/アヘンゼー [Achensee]: Zillertaler Hof 2017/07/29
イタリアの古城ホテル:ブランド城 [Castel Brando] 2017/07/28
イタリア/オルティゼイ [Ortisei|St. Ulrich in Gröden]: Naturhotel La Cort 2017/07/27
イタリア/オルティゼイ [Ortisei|St. Ulrich in Gröden]: Cafe Demetz 2017/07/26
イタリア/セッラ峠 [Passo Sella]: Ristorante Al Sella 2017/07/25
イタリア/サン・カッシアーノ [San Cassiano(Badia)]: Picnic@Hotel Gran Ancei 2017/07/23
イタリア/サン・カッシアーノ [San Cassiano(Badia)]: Hotel Gran Ancëi 2017/07/21
イタリア/コルティナ [Cortina d'Ampezzo]: Ristorante Baita Son dei Prade 2017/07/19
イタリア/コルフォスコ [Colfosco]: Hotel Luianta 2017/07/18
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
66位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
25位
アクセスランキングを見る>>