FC2ブログ
« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »

サンマリノ(San Marino):Ristorante Tipico Bolognese

訪問:[2012/4/30 15:40]
評価点:総合★★★☆☆★★☆☆☆サービス★★★☆☆雰囲気★★★☆☆CP★★★★☆
西欧域で未訪問の国は残り2つ。その1つがサンマリノ共和国だ。
バチカンと同じ様にイタリア国内にあり、人口約3万人。(☞ 外務省:サンマリノ共和国Google Map
家内は興味無いだろうが、私にとってはここに来るのが今回の旅の最大の目的だった。
残り1つはアイスランドだが、ここ数年夏休みに狙ってはいるものの、特典航空券の確保もままならず物価高もあって実現は当分無理そうな雰囲気。

外観 店内

素晴らしい古城ホテルだった Castello di Valenzano の朝食が充実しすぎたため、日本的には3時のおやつの時間帯に店に入ることになってしまったが、真っ当なリストランテはすでに休憩時間入りということで、ゲートをくぐってすぐの店に入ることにした。

窓側席からの景色 パスタとサラダを注文すると出てきた

コペルトもサービス料も不要と大きくアピールしている店だが、店内でも店外でも同じ値段でどこに座っても良いというので、景色を拝める窓側席を確保。
さすがにパンは出てこなかったが、パスタを注文すればたっぷりの粉チーズが出てくるのは、当地のお約束のようだ。

Tagliatelle all Boscaiola
Tagliatelle all Boscaiola(€6.70)
with cream, Mushrooms & cooked ham

私はボスカイオーラと記されていたタリアテッレ。英訳で Mushroom とあってもポルチーニだったりするものだが、本当にマッシュルーム。それも缶詰品という内容で、さすが観光地のメインストリート沿いの店だ。

タリアテッレをアップ

頼んだ段階では分からなかったボスカイオーラ(Boscaiola)とは、木こり風という意味らしい。缶詰品でも茸が入れば良いのか。ハムも見るからに安物大量生産品。
たぶん乾麺だと思うし、ソースも低水準の店らしいありきたりの味だったが、それでも普通にいただけるパスタだったので、立地と価格を考えれば良い方ではないだろうか。

Gnocchi Mascarpone e Gorgonzola
Gnocchi Mascarpone e Gorgonzola(€7.90)
with gorgonzola and soft cheese

家内が選んだのはマスカルポーネとゴルゴンゾーラのニョッキ。本場で食べるとどうだろうという興味からだそうだが、期待外れとのこと。

観光地の一等地にある店で期待する方もどうかと思うが、味見した感じでは日本の拘りの無い店で食べるものよりはマシという感じだったのは本場だからだろうか。チーズの主張がほとんど無いうえに、塩味も薄いとのことでで、テーブルに置かれた粉チーズで味を増強して食べていた。

Insalata Mista
Insalata Mista(€3.90)
mixed salad (salad, tomatoes and carrots)

朝食に生野菜が出てくることが無かったことから、ミックスサラダも追加で注文。
この店に限らないが、ランチ時間帯に利用した店ではサラダをサイドに注文している人が多い。

特にドレッシングがかかっているわけでもなく、フランスのニースで食べたサラダ(☞ こちら)のように自分でオイルとビネガーに塩胡椒で味付ていただくようだ。これなら、無理にサラダを頼む必要は無いな。

お会計 店内メニューに特別席は€1.60のチャージが必要と記されていたので請求されるかと覚悟していたが、最初に店頭と店内は同じ価格であるとの案内通りでチャージ無。
良かったぁ。(相変わらずケチ精神旺盛!)


※メニュー:店頭掲示英語版店内用①







【店舗詳細情報】
店名:Ristorante Tipico Bolognese
電話:0549/991299
場所:城壁の門を入ってすぐ左の道沿い

大きな地図で見る



■サンマリノ(San Marino)の風景■

▲左:城壁外側にある駐車場に停めて(€1.50/h)  右:この門から城内に入る


▲左:この店を通り過ぎるとあらわれる広場  右:その先はロープウエイの駅


▲左:先端の崖の上にある城まで行ける  右:その城の上から下界を眺めると

サンマリノの街の案内図
▲サンマリノの街の案内図

サンマリノのナンバープレート
▲サンマリノのナンバープレート(城内に入っていた管理用の軽トラックから撮影)



旅レコで記録したルート■(↓クリックで大きな地図)
アレッツオ近郊からサンマリノへのルート by 旅レコ
関連記事

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて25年。
現在 64ヵ国を訪問
46ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
8月:英国⑦,北アイルランド
9月:オーストラリア
10月:セルビア
11月:ベルギー⑥、スペイン
12月:トルコ③、エジプト
年越:台湾
1月:モルディブスリランカ
1月:マレーシア⑫,カンボジア
2月:ベトナム
4月:フランス⑳、スペイン
5月:ポーランド④、台湾
7月:台湾
丸数字:累計訪問回数

国内の食べ歩きはこちら
カテゴリ
最新記事一覧
台湾/台北・菜寮駅: 今大魯肉飯 ② 2018/08/14
台湾/桃園: 榕樹下綿綿冰 2018/08/13
台湾/台北・大橋頭駅: 豐味果品 2018/08/11
台湾/台北・府中駅: 震湶雪花冰 2018/08/10
台湾/台北・台北101/世貿駅: 冰山一角 2018/08/09
台湾/台北・市政府駅:ICE MONSTER 微風松高店 2018/08/08
台湾/台北・頂溪駅: 冰世界 2018/08/07
台湾/台北・國父紀念館駅:ICE MONSTER 忠孝旗艦店(本店) ⑦ 2018/08/06
台湾/台北・行天宮駅: 冰果專賣店 2018/08/05
台湾/台北・台北橋駅: 服冰易 國家之凍涼 2018/08/05
台湾/台北・士林駅: GOMAN MANGO 2018/08/04
スイス/ダボス [Davos]: インターコンチネンタル ダボス 2018/08/03
イタリア/ブルグシオ [Burgusio|Burgeis]: Der Mohrenwirt 2018/08/02
イタリア/セルヴァ [Selva Gardena|Wolkenstein Groden]: Hotel Armin 2018/08/01
イタリア/コルヴァーラ [Corvara]: Albergo Pradat 2018/07/31
イタリア/サン・カッシアーノ [San Cassiano(Badia)]: PIC-NIC@Hotel Gran Ancëi ② 2018/07/30
イタリア/バディア [Badia]: Rifugio La Crusc 2018/07/29
イタリア/サン・カッシアーノ [San Cassiano(Badia)]: Hotel Gran Ancëi② 2018/07/28
イタリア/エルベ峠 [Passo delle Erbe|Ju de Börz]: Rifugio Ütia de Börz 2018/07/27
イタリア/サン・マルティーノ [San Martino]: Almhotel Bergerhof 2018/07/25
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
41位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
15位
アクセスランキングを見る>>