« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »

イタリアの古城ホテル/アレッツォ[Arezzo]:Castello di Valenzano

訪問:[2012/4/29 19:30]
評価点:総合★★★★★★★★★☆サービス★★★★★雰囲気★★★★★CP★★★★★
サン・ジミニャーノ(San Gimignano)を後にして、もうひとつの世界遺産の街シエナ(Siena)に寄ってから、アレッツォ(Arezzo)の先20Kmほどの山間にある Valenzano という小さな集落にやってきた。

サン・ジミニャーノからCastello di Valenzanoへのルート by 旅レコ
旅レコで記録したサン・ジミニャーノから Castello di Valenzano へのルート(↑クリックで大きな地図)

ここにある古城ホテル Castello di Valenzano が目的地。宿代が2人で朝食付き€90.00と格安だったので小さな城かと思っていたら、ずいぶんと大きな城だった。部屋は最上階の角部屋が用意されていた。

レストラン正面 城とレストランのネームプレート

この城にディナータイムのみ一般開放しているリストランテがあり、そこでディナーをいただくことにした。チェックイン時からもそうだったが、スタッフはみんな親切で丁寧に接してくれたし、イタリアではご法度だという一皿を2人で食べるシェアに関しても、皿を2人分用意してくれて問題なく対応していただけた。

店内の雰囲気 店内の雰囲気

注文を終えると、アミューズが出てきた。

テーブルセッティング アミューズ

右側の写真だが、なんとなく昼にサン・ジミニャーノLocanda San Domenicoで食べたトスカーナ名物のリボリータ(Ribollita)といった料理だった。でも、味付けは軽いトマトベース。

パン

パンは3種類。やはり香草入りのものが一番美味しい。

Antipastoからは1皿を2人でシェアさせていただいた。というのも、盛り合わせは量が多いからと、店側からシェアすべきだと申し出てくれたのだ。
イタリアのレストランではシェアはご法度という情報、なんだか怪しい雰囲気だ。

アンティパスト盛り合わせ①
アンティパスト盛り合わせ②
アンティパスト盛り合わせ③
アンティパスト盛り合わせ④
Un unico antipasto, con una ricca varieta' di prodotti tipici del nostro territorio e di defizie calde dello chef(€10.00)
A whole big antipasto with a large variety of delicious things

小皿で何皿も出てくるのに驚いた。全部そろったと思って、シェア用の皿に分けのが次の皿。もちろんこれが2皿できたわけだ。

2人で分けて盛った皿

写真を撮り終えたら、さらにもう一皿出てきた!

アンティパスト盛り合わせ⑤

見てわかるもの以外は、個々の料理の説明も英語でしてくれた。
値段が極端に安い割には、お味の方もなかなか。特にハム等は明らかに高品質。

I nostri primi fatti in casa (Our homemade pasta dishes)

自家製パスタは5種類から選べる。

Raviolo di pasta di patate con farcia di burrata e asparagi su crema di zafferano
Raviolo di pasta di patate con farcia di burrata e asparagi su crema di zafferano(€9.00)
Potetoes ravioli with burrata mozzarella, asparagus and saffron souce

ポテトのラビオリは、フィレンツェのイル・デスコ(IL DESCO)でも食べていたので比較しようと頼んでみたら、まったく違うものが出てきた。

いも餅風のラビオリをアップ

ラビオリの生地自体もジャガイモなのだ。
日本の芋餅に近い食感だが、もっとラビオリらしいしっかりした生地。

Picio di pomodoro e timo trafilato al bronzo con coniglio spadellato e funghi prugnoli
Picio di pomodoro e timo trafilato al bronzo con coniglio spadellato e funghi prugnoli(€9.00)
Tomatoes spaghetti with rabbit and prugnoli mushrooms

スパゲッティ表記のパスタも比較しようと頼んでみたら、こちらも予想外のパスタだった。
細麺うどんといったもので、コシよりも強いモチモチ感のあるもの。もちろんうどんの食感ではないが。
この手の太麺パスタは地元さいたまの店でもいただいたことがあるが、機械製造のその店のものとはまったく違う手打ちらしさも出ている。

トマトソースと思っていたソースは、色こそうっすら赤いトマト色だが、隠し味程度。
細かくちぎった感じのウサギ肉の出汁が強い。

実は、最初にメインまで頼もうとしたら、一皿のポーションが多いのでお腹の具合を見てから頼んだ方が良いとアドバイスされていた。メイン1皿を2人で分けても良いとも言っていただいていたので、追加のメインも一皿をシェアでいただくことにした。

Tartara di vitellina da latte con punte di asparagi, uovo di quaglia e salsa di cipolla rossa di Tropea
Tartara di vitellina da latte con punte di asparagi, uovo di quaglia e salsa di cipolla rossa di Tropea(€10.00)
Veal tartare with asparagus, egg quails and red onion's sauce

選んだのは、ボリューム少な目だろうと読んでいた仔牛のタルタル。
加熱していない肉だけど大丈夫かとアドバイスをいただいたが、日本人的にはまったく問題なしだ。

ボリュームは見ての通り優に200g以上はある。それほど細かくたたいている訳ではなく、焼き肉用のスライス肉を1センチ角程度に刻んだような肉片だ。味は淡白で、周りを縁取っている岩塩入りオニオンソースとしっかり混ぜてからいただく。このオニオンソースも、生玉ねぎをおろしただけという感じだったが、ちっとも玉ねぎ感のないもの。

お口直しのナッツ入りミントシロップ

ここで、お口直し用の刻みナッツ入りの甘いミントシロップをスプーンに盛ったものが出てきた。
このグラニテ代わりのもの、デザート前に全員に付くのだろうか。

そのデザートは、別メニューを出してくれる。
私は、昨年夏に訪れたイタリア側の南チロル地方(☞ こちら)でいただいたチーズが美味しかったので、チーズの盛り合わせを。

Piccolo assaggio di formaggi con passito
Piccolo assaggio di formaggi con passito(€8.00)
Testyng little cheese with sweet wine

完全に読みを誤った。「試食用の小さなチーズ」と記されていたので油断していたら、とんでもない量で出てきたのだ。
これにデザートワインが付いて千円もしないというのだから、驚きだ。

手前のブルーチーズからは、熟成しすぎなのか強烈な臭いもただよってきていたので、家内は苦手そうにしていた。実際、中央のカマンベール風のものは美味しいが、他は癖が強くてだめだと。
確かに全体的に食べごろを通り越したような感じはしたが、完食は無理だったものの全体の7割程度はいただけた。ナッツと前菜でも出てきた甘いソースを詰めたミニ玉ねぎが無ければ厳しかったのは事実だが。

Millefoglie di cioccolata fondente con mousse al mascarpone e fragole
Millefoglie di cioccolata fondente con mousse al mascarpone e fragole(€4.00)
Mile-feuille of chocolate with mascarpone cheese mousse and strawberries

家内が頼んだのは、円形に薄く伸ばしたチョコレートプレートでマスカルポーネチーズと定番のイチゴを挟んだミルフィーユ。
チョコが硬いので食べるのに苦労していたようだが、まあ美味しいと。

ここまで全部のお値段は、水代を含めてわずか€55.00。普段はチップを出さない私でも、スタッフの皆さんの心遣いに感動して、チップをはずんでしまった。

ついでに、同じ場所でいただいた宿代(€90/2人)に含まれている無料の朝食も紹介しておく。



朝食のケーキ

この数日後に泊まったホテルの方が凄かったが、甘いケーキ類がたっぷり用意されていた。


※メニュー:前菜~メインデザート類

【店舗詳細情報】
店名:Ristorante Castello di Valenzano
電話:0575 487294
住所:Loc. Valenzano 52010 Subbiano (AR)

大きな地図で見る
 


■Castello di Valenzanoの風景■
城の入口 入口を入った奥に城がある
▲左:城の入口  右:入口を入った奥に城がある

城全体 城の入口は宿泊者専用
▲左:城全体  右:城の入口は宿泊者専用

部屋は左手前角の最上階 テラス
▲左:部屋は左手前角の最上階だった 右:テラス

ベッドルーム ベッドルームの窓側
▲左:ベッドルーム  右:ベッドルームの窓側



▲城の内部(共用スペース)
 

【アレッツォ (Arezzo) の風景】(☞ Google Map
この風景は、2014/3/2に撮影したものです。
当日は骨董市の開催日で、テントがたくさん写り込んでしまった・・








関連記事

テーマ : 古城ホテル・シャトーホテル
ジャンル : 旅行

« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて25年。
現在 62ヵ国を訪問
43ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
11月:北西部/フランス
11月:フーコック島/ベトナム
12月:Stuttgart,他/ドイツ
年越:ペナン,他/マレーシア
1月:レイキャビク/アイスランド
2月:メキシコ
3月:Sevilla,Málaga/スペイン
3月:台湾㉙、ベトナム
4月:マルタ②、イタリア
5月:ポーランド
6月:クロアチア②,スロベニア
7月:イタリア⑰、スイス
丸数字:累計訪問回数

国内の食べ歩きはこちら
カテゴリ
最新記事一覧
ビジネスクラス機内食/英国航空[British Airways]:ロンドン(LHR)⇒ダブリン(DUB) 2017/10/16
イギリス/レディング [Reading]: Riverside@クラウンプラザ 2017/10/15
イギリス/アシュフォード [Ashford]: Holiday Inn Ashford - North A20 2017/10/13
イギリス/Bodiam Castle: Wharf Tea Room@ボディアム城 2017/10/11
イギリス/クローリー [Crawley]: The Master Fryer 2017/10/08
イギリス/サウサンプトン [Southampton]: Holiday Inn Southampton 2017/10/06
イギリス/エクセター [Exeter]: Bill's (Exeter店) 2017/10/04
イギリス/Berry Pomeroy Castle: The Castle Café@ベリーポメロイ城 2017/10/03
イギリス/ティンタジェル [Tintagel]: King Arthur's Cafe 2017/10/02
フィリピン/セブ: Café Laguna (SM City Cebu店) 2017/10/01
フィリピン/セブ: Hukad (Ayala Center Cebu店) 2017/09/30
フィリピン/セブ: Mang Inasal (Parkmall店) 2017/09/29
フィリピン/セブ: Cebu's Original Lechon Belly (Parkmall店) 2017/09/28
フィリピン/セブ: Chika-an Sa Cebu (Parkmall店) 2017/09/27
フィリピン/セブ: The Mango Farm (Cebu J Centre Mall店) 2017/09/27
フィリピン/セブ: Tsiboom Native Restaurant (J Centre Mall店) 2017/09/26
ミニ情報:リガ空港~市街地の便利で安い路線バス移動方法詳細とリトアニア行きバス情報 2017/09/25
ビジネスクラス機内食/LOTポーランド航空: ワルシャワ(WAW)⇒成田(NRT) 2017/09/24
ポーランド/ワルシャワ [Warszawa]: Winosfera (Chłodna 31) 2017/09/23
ポーランド/ワルシャワ [Warszawa]: Express Döner 2017/09/22
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
60位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
20位
アクセスランキングを見る>>