« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »

フランス/バイヨンヌ(Bayonne): L'Embarcadère

訪問:[2012/2/24 19:00] (☞ ミシュラングリーンガイドの紹介ページ
評価点:総合★★★☆☆★★★☆☆サービス★★★☆☆雰囲気★★★☆☆CP★★☆☆☆
スペインほどではないものの、当地も同じバスク地方とあってディナーの開店時間が遅い。
この店は午後7時開店とのことで比較的早い方だと思うが、もう1軒の候補は19:45開店と表示されていた。

外観 外壁掲示のメニューとミシュランマーク

グリーンガイドの記述によると、若いシェフが作るちょっと変わった料理を楽しめそうだったので候補に入れたのだが、なるほどフランスでのチョコレート発祥の地で、街中にたくさんのチョコレートショップがあるバイヨンヌらしい創作料理が出てきた。

店内 テーブルセッティング

店内は、ごく普通のフランス食堂。ランチで試したミュラ(François Miura) とは、雰囲気面では格段に落ちる。
ただし、川沿いにある店なので、川に面した場所にテラス席が用意されている。この辺り一帯はレストラン街になっていて、テラス席で歩道が占拠されているという欧州ではおなじみの光景だ。

メニューはアラカルトのみのようで、この手の店では珍しく定食が無い。
前菜5種(€8.5~12.5)、メイン4種(€16~21)、チーズ(€5)、デザート4種(€7~7.5)から自由に選ぶことになるが、定食に換算すれば €31~41で収まることになる。(いずれも税抜表示。フランスではなくバスクだ!)

アミューズ

まずは、アミューズ。
これが、なんとも斬新で、ホイップクリームベースに玉ねぎを加えたような変わったお味。
見た目では分からないトッピングは、フライドオニオンのような味わい。ポロ葱を揚げると、こんな感じになるのだろうか?
創作系といっても、ちょっと外しているな、というのがこの時の感想で、期待度が落ちてしまった。

前菜は、リヨン名物のクネルがあったので悩んだが、やはりフォアグラ。それもチョコレートと合わせているらしく、興味津々で頼んでみた。
もっとも、これを注文する前に、大丈夫かと念押しされたので一般受けしない料理なんだろう。
英語力が私と同じレベル(つまりカタコト)だったので、一生懸命になって意思疎通を図ってくれたが、仏英辞書まで持ち出して対応してくれた姿勢には好感を持てた。恐らくシェフのお母様。

Marbré de Foie Gras Maison et ganache de Chocolat
Marbré de Foie Gras Maison et ganache de Chocolat au piment d'Espelette, Emulsion de Passion(€13.38)

なるほど、チョコレート入りのフォアグラだ。
ダメだったら、分けて食べれば良いと言ってくれたが、美味しいとは思えないものの合わせて食べても問題なかった。でも、フォアグラはフォアグラだけで食べた方が旨い。
これも、無理やりでっち上げた料理と言う印象で、完成度は低いと言わざるを得ないだろう。

左上の小さな物体は、パッションフルーツのムースの上にチョコレート。デザートだよな。

今日のお勧め料理が記された黒板 パン

メインは、今日のお勧め€11.77)をお願いした。白身魚を人参クリームソースで出すとのこと。
転記しづらいので、料理名は上の写真を見てほしい。ついでにパンの写真も載せておいた。

メインの「今日のお勧め」

ここでも魚のトッピングにフライドオニオンを使っている。よほど好きなんだな。
でも、それほど美味しくないのだ。この玉ねぎ(あるいはエシャロットかポロ葱?)。
素揚げしているからだろうか、油切れが悪く食感もイマイチ。東欧料理のように小麦粉をまぶして揚げた方が良いと思うのだが・・

ソースをアップ

で、人参クリームソースは、正確には輪切り人参がたくさん入ったクリームソースだった。
見た目はシチューだが、そこはしっかりソースになっていた。
でも、やはり経験不足かな。普通に美味しいが、それ以上の味は見えてこなかった。


Coulant chocolat grand cru Araguani et sa crème légère Vanille bourbon(€7.49)

デザートは、フォンダンショコラをお願いした。店のお勧めらしく、店側から勧めてきたのだ。
後で調べたら、ローヌ地方のヴァローナ社のアラグアニというブランドのチョコレートを使っているようで、バイヨンヌのチョコでない点は残念。

Coulant chocolat grand cru Araguani et sa crème légère Vanille bourbon

バイヨンヌに来た以上は、チョコレートを食べずに帰れないと選んだわけだが、本当にチョコレートだらけのケーキだ。
たとえが悪いが、普通なら、肉まんの分厚い生地の中にとろけるチョコレートが具材として入っているような割合なのに、この店のは小龍包の薄い生地の中に具材が入っているという感じ。とにかく、チョコレートを包む生地が限界の薄さなのだ。

チョコレートは好きだが、得意というわけではないので、完食まで辛い思いをしてしまった。
案の定、夕方食べたガトーバスクのチョコレートとも被って胃がもたれてしまい、胃薬の助けを借りることに。チョコレート好きの方のみにお勧めしたい。

勘定書 レストランカード
▲左:勘定書、 右:レストランカード

スペインバスク側の2軒のレストランでもそうだったが、バイヨンヌの2軒でも会計時に必ず店のネームカードを添えて勘定書を持ってきた。明らかに異国から来た客なので、ネームカードを配ったところでリピートされる可能性は無いはずだが、バスク地方の習わしなのだろうか? まさかこうやってブログで宣伝(?)してもらえるとは思っていないだろうし。

※メニュー:アラカルト

【店舗詳細情報】
店名:L'Embarcadère
電話:05 59 25 60 13
住所:15, Quai Amiral Jaurèguiberry - 64100 Bayonne

大きな地図で見る

ビルバオ~サンセバスチャン~バイヨンヌのバス鉄道移動情報
関連記事

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて25年。
現在 64ヵ国を訪問
46ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
7月:スイス
8月:台湾
8月:英国⑦,北アイルランド
9月:オーストラリア
10月:セルビア
11月:ベルギー⑥、スペイン
12月:トルコ③、エジプト
年越:台湾
1月:モルディブスリランカ
1月:カンボジア
2月:ベトナム
4月:フランス⑳、スペイン
5月:ポーランド④、台湾
丸数字:累計訪問回数

国内の食べ歩きはこちら
カテゴリ
最新記事一覧
台湾/台北・圓山駅: 丸林魯肉飯③ 2018/07/20
台湾/台北・動物園駅: 悅餐廳@台北深坑假日飯店② 2018/07/19
台湾/斗六: 吳記肉圓 2018/07/18
台湾/台南: 聚福香古早味 2018/07/17
台湾/台南・大東夜市: 旗魚黒輪・無骨排肉酥・原木烤肉 2018/07/17
台湾/台南: 好地方蝦仁肉絲飯 2018/07/16
台湾/台南: 阿娟肉粽魯麵 2018/07/16
台湾/台南: 開春古早味 2018/07/15
台湾/台南: 友誠蝦仁肉圓 2018/07/15
台湾/台南: 永棋蝦仁肉圓 2018/07/14
台湾/高雄・後驛駅: 後驛鴨肉飯(鴨肉飯專賣店) 2018/07/13
台湾/高雄・市議會駅: (薛)富錦順小籠湯包② 2018/07/12
台湾/高雄・凹子底駅: 博義師燒肉飯 自由店 2018/07/11
台湾/高雄・鹽埕埔駅:鴨肉本(二老闆の店) ⑤ 2018/07/10
台湾/台北・松江南京駅: 綠豆蒜啥咪② 2018/07/09
台湾/台北・迪化街: 枝仔冰城 台北大稻埕形象店 2018/07/08
台湾/台北・永安市場駅: Mr.雪腐 2018/07/08
台湾/台北・永安市場駅: 冰果天堂② 2018/07/07
台湾/台北・萬芳醫院駅: 芮比特 2018/07/07
台湾/台中: show 喫冰小棧 2018/07/06
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
31位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
14位
アクセスランキングを見る>>