« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »

スペイン/サン・セバスチャン(Donostia): Bodegón Alejandro

訪問:[2012/2/23 13:00] (☞ ミシュラングリーンガイドの紹介ページ
評価点:総合★★★★☆★★★★☆サービス★★★★☆雰囲気★★★☆☆CP★★★★☆
ブログやガイドブックの写真や価格から事前予想は出来ていたが、1軒目のガンバラ(Ganbara)で当地のピンチョスには期待できないと判断して、2軒目はレストラン狙いにした。

店頭 階段を下りたところが入口

昼過ぎに入ったら、カウンターにいたフレンドリーな若い女性が英語で昼は1時からの営業だと。
バルと違ってレストランにはスペイン時間があることを忘れていた。(苦笑)
出直してジャスト1時に店に入ると、彼女が出迎えてくれた。

割とモダンな店内 各机ごとに絵が違う

旧市街地区の歴史ある建物の中にあるが、内装はやや現代風にアレンジされている。各テーブルに、写真のような絵が描かれていたが、何を意味するのかは不明。(伝票に記すテーブル番号の代わり?)

日替わりランチ(€17.28)は、前菜・メイン・デザートをそれぞれ2種類から選べる。
当地のレストランでは、セットメニューにワインがデフォルトで付くのが普通らしいが、ワインと同じ扱いで水も選択肢に入っているのは面白い。ちゃんと壜入りの水を出してくれた。

ワインの代わりに水で アミューズのスープ

特にメニューに出ると記されていなかったが、アミューズが出てきた。小さなグラスに入った魚と野菜のスープ。
魚の身がたっぷり付いたアラを使って煮だしたものをシノワでざっと濾したような作りで、ポルトガルのナザレにある Mar Bravo で飲んだ Fish Soup を思い出すような魚肉系の濃厚なお味。野菜の主張はほとんど無かった。

パン

パンが美味しい。
1軒目のガンバラのパンは出来あい品的な味だったが、こちらは手作り感のあるもので、食感が良いうえに、小麦と塩のバランスが非常に良い味を出していた。何より周囲の皮の部分が最高!

フランスに近い立地だけあって、バスクのパンも全体的に水準が高いという印象だ。フランスパンのような軽い食感ではないし、スペインの他の地域で食べたものとも違って水分多めというものが多かったが、そこはバスクのオリジナルなんだろう。その中で、一番美味しいパンをいただけたのがこの店だ。

干し鱈のサラダ

サラダはポテトサラダの上に野菜を崩れるほどに盛り付け(崩れないように1枚1枚丁寧に盛りつけてある)、その上に干し鱈を戻したものとエシャロットのような甘い煮野菜がトッピングされている。

干し鱈をアップ

皿の左側に添えられている薄緑色のピュレは、ジャガイモベースにアボカドをアクセントに少し加えたような味わいで美味しいが、何に付けて食べることを意図しているのか分からなかった。(夜を試した店でも、同じように皿を飾っていたので、当地標準なのかも?)

サラダを横から撮影

このサラダ、潰したじゃが芋を薄味マヨネーズで和えてある「ポテトサラダ」の上に葉野菜や主たる食材を盛ってあるが、このアプローチはなんとなくバスク名物のピンチョスをイメージできる。土台が違うものの、ディナーで試した店も同じ手法でサラダが出てきたのだ。

葉野菜には粒塩が振り掛けられていたが、塩の扱いは出来ていない感じ。塩が単独で主張してしまっていた。とはいえ、3点セットにワインが付いて2千円にもならないランチにしては、なかなか凝った皿だと思う。

牛の赤ワイン煮

前菜に魚があったので、メインは肉を選んでみたというのはウソで、「トロ」だというので何だと思って頼んだら牛肉のシチューだったわけだ。Google翻訳によると、スペイン語の「トロ」は「雄牛」。
メニュー表記の ragout de toro al vino tinto を翻訳すると「牛の赤ワインのラグー」となったが、ラグーという料理では無かった。(もっと大きな塊で出るのが標準なら、バスク的に見ればラグーなのかも?)

こちらも魚の出汁を少し感じるもので、牛肉の出汁で作るお決まりのシチューとはかなり違った味わいだった。海に面したバスク地方特有の製法なのかもしれない。

デザート

デザートは、限りなく白いアイスクリームは良かったものの、日本の標準と比べると3倍量で出てきたロールケーキはダメだった。スポンジがややパサついているし、クリームが少ないので食べるに食べれず、半分以上パス。
店としてはご自慢のロールケーキだったのか、派手に残して少し不満そうな顔をされてしまい、申し訳ない。片方がカタラーナだったので、単にアイスクリームに惹かれて選んだだけなのだ。

お会計 バルと違ってレストランのメニュー価格は外税が標準らしいが(メニューに大きくその旨表示されている点が、日本で消費税込価格を気付けないように記す騙す姿勢のある店とは違う)、前述の英語堪能な女性に加えて、英語は話せないがスペイン語(バスク語?)で丁寧に語りかけてくれたお母様風の方のサービスが気に入ったので、この旅で唯一チップを置いてしまった。

実際、最初の瓶入りの水が氷点下まで冷やされていたようで、水を注いだとたんに壜の中で凍ってしまったのだが、彼女がそれに気づくと、Frozen! と笑って新しい壜(もちろん蓋が開いていないもの)に交換してくれたというエピソードもあったのが大きいが、そんな点がこの店のサービス姿勢の表れであると思った次第。




※メニュー:店頭掲示の日替わりランチその店内版今日の料理店頭掲示の英語メニュー

【店舗詳細情報】
店名:Restaurante Bodegón Alejandro
電話:943 42 71 58
営業:13:00~15:30、20:30~22:30
定休:月曜日、日曜の夜、火曜の夜
住所:Fermín Calbetón 4, 20003 Donostia

大きな地図で見る

ビルバオ~サンセバスチャン~バイヨンヌのバス鉄道移動情報
関連記事

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて25年。
現在 64ヵ国を訪問
46ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
7月:スイス
8月:台湾
8月:英国⑦,北アイルランド
9月:オーストラリア
10月:セルビア
11月:ベルギー⑥、スペイン
12月:トルコ③、エジプト
年越:台湾
1月:モルディブスリランカ
1月:カンボジア
2月:ベトナム
4月:フランス⑳、スペイン
5月:ポーランド④、台湾
丸数字:累計訪問回数

国内の食べ歩きはこちら
カテゴリ
最新記事一覧
台湾/台北・圓山駅: 丸林魯肉飯③ 2018/07/20
台湾/台北・動物園駅: 悅餐廳@台北深坑假日飯店② 2018/07/19
台湾/斗六: 吳記肉圓 2018/07/18
台湾/台南: 聚福香古早味 2018/07/17
台湾/台南・大東夜市: 旗魚黒輪・無骨排肉酥・原木烤肉 2018/07/17
台湾/台南: 好地方蝦仁肉絲飯 2018/07/16
台湾/台南: 阿娟肉粽魯麵 2018/07/16
台湾/台南: 開春古早味 2018/07/15
台湾/台南: 友誠蝦仁肉圓 2018/07/15
台湾/台南: 永棋蝦仁肉圓 2018/07/14
台湾/高雄・後驛駅: 後驛鴨肉飯(鴨肉飯專賣店) 2018/07/13
台湾/高雄・市議會駅: (薛)富錦順小籠湯包② 2018/07/12
台湾/高雄・凹子底駅: 博義師燒肉飯 自由店 2018/07/11
台湾/高雄・鹽埕埔駅:鴨肉本(二老闆の店) ⑤ 2018/07/10
台湾/台北・松江南京駅: 綠豆蒜啥咪② 2018/07/09
台湾/台北・迪化街: 枝仔冰城 台北大稻埕形象店 2018/07/08
台湾/台北・永安市場駅: Mr.雪腐 2018/07/08
台湾/台北・永安市場駅: 冰果天堂② 2018/07/07
台湾/台北・萬芳醫院駅: 芮比特 2018/07/07
台湾/台中: show 喫冰小棧 2018/07/06
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
37位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
15位
アクセスランキングを見る>>