FC2ブログ
« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »

スペイン/サン・セバスチャン(Donostia):ガンバラ(Ganbara)

訪問:[2012/2/23 11:00] (☞ ミシュラングリーンガイドの紹介ページ
評価点:総合★★☆☆☆★★☆☆☆サービス★★☆☆☆雰囲気★★★☆☆CP★★☆☆☆
ビルバオからフランス側に100Km離れたサンセバスチャンは、食におけるスペインバスクの本拠地と言えるだろう。(☞ ビルバオからのバスや鉄道での移動方法
ミシュラン三つ星獲得店が複数あり(いずれも郊外立地のため、車が無いと厳しい)、ピンチョス発祥の地でもあるそうだ。

外観 ミシュランシール

旧市街地区にはピンチョスを楽しめるバルがたくさんあるが、まずはこの店へ。
しかし、どのガイドブックにも掲載されている店らしく、ミシュラングリーンガイド掲載店では初めて★2つを付けざるを得なかった。やはり、多くのガイドブックに煽られるようになったらおしまいだという典型店だろう。

ピンチョス
カウンター右半分は料理

ランチの開店は11時のハズだったが、開ける気配を感じず。スペイン時間を考慮して、正午に到着したら先客2名。ずらりと並んだピンチョスのつもりだったが、中央から左側に8種類ほどと意外に少ない。右側には料理や素材類が並んでいた。

右奥には、ガイドブックが煽っていたキノコもあった。頼めば、その奥の調理場で焼いて出してくれるそうだ。英語は観光客の多い店だけあって問題なく通じる。

タコ料理(€7.00)

とりあえず、ピンチョス3種と料理の方から定番のタコ料理をお願いしたが、皿を持ちながら Small Dish? と聞いてくる。どうもココでミスしたみたいで、Small Dish は Media Racion だったらしく、7ユーロの請求だった。
1人でカウンターでの立食なんだから、Tapas であることを確認するのが筋ではなかろうか?
こんなところが、黙っていても観光客が訪れる店の傲慢さだろう。

補足: Tapas < Media Ración < Ración が料理の量を示す単位

で、お味の方だが、なんとも出来の悪い皿だった。
酢はとがっているし、タコは柔らかいというよりはザラつきのある柔らかさで舌触りが悪い。家庭でタコを柔らかくする手法として、冷凍庫に放り込んでじっくり凍らせることで繊維を壊すというのが有名だが、まさにそんな感じのタコだった。ポルトガルで何度か食べたタコでは考えられない舌触りだった。

パン 水(€1.10)

パンはタコの皿に無料で付くのだろう。いかにも市販品という感じで美味しくない。
水はペットボトルで €1.10、バルといえども水やコーラの類でも酒の代わりに頼めるのは日本では考えられないが、四谷のスペインバル「カリーニョ」では、チャージの代わりにワンドリンク強制だったが、水(200円/瓶入りの富士ミネラル水)でもOKだった。バスクの店で修業したというオーナーシェフならではの計らいかもしれない。

さて、名物ピンチョスを紹介しよう。ピンチョスは全品均一 €2.20 のようだ。(ピンチョスというよりは、ミニサンドイッチだが・・)

鱈(?)の燻製ピンチョス
鱈の燻製がたっぷり

まずは、鱈(?)の燻製をミニクロワッサンに挟んだもの。
サイズはビルバオで食べたものよりも一回りは小さいが、見ての通りケチらずたっぷりの燻製。
お味もなかなか良かったが、やはりスーパーの惣菜で買えてしまうものを挟んだだけというのは、どうしても魅力に欠ける。決してスーパーの惣菜レベルの味ではないが、それなら単品で味わいたいものだ。

生ハムピンチョス
生ハムが見えるように

生ハムサンドも中身が生ハムと言うだけで、美味しいものの何だかなぁ、という感じ。
というのも、目の前の台でカニ缶を開けてピンチョス作りをしているのを見てしまうと、昔の行動パターンであったスーパーや市場で買ってホテルで食べるのと何ら変わらないではないかと思ってしまうのだ。
生ハムに関しては専門店も多いので、何も割高で何を使っているのかわからないバルで食べる必要性も感じない。(スペイン語は分かれば、聞くことはできるだろうが・・)

海老玉ピンチョス

最後に紹介するのは、お手製感のあるポテトサラダベースの海老&卵ピンチョス。
これなどは、店の技量を図るには良い材料だが、まったくもって家庭料理だ。ぜんぜん美味しくない。

お会計 ということで、サンセバスチャンでピンチョスを食べるのは、並んでいるものを見極めてからにした方が良いだろう。
大したものが並んでいなければ、即座に店を出て別の店に向かった方が良いかと思う。
あるいは、ガイドブックなど無視して、単純に現地人で混雑している店に当たった方が間違いない気がする。(この店は、かなり空いている部類だった)

最終日にビルバオのバルをハシゴしたが、ビルバオの方が安いし内容も濃いという結論に達してしまった。(って、サン・セバスチャンのバルは1軒だけなので決めつけるのはいけないだろうが、少なくとも価格がビルバオよりもはるかに高いというのは確かだ)

もともと店をハシゴして楽しむのが流儀だそうだから、美味しそうに見えなければ頼まずに出ても問題ないハズだ。(実際に、何軒かで実践済)


【店舗詳細情報】
店名:Restaurante Ganbara
電話:943 42 25 75
住所:San Jeronimo 21 20003 Donostia

大きな地図で見る
関連記事

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて30年。
現在 67ヵ国を訪問
49ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
12月:台湾㊳:宜蘭・羅東
年越:ベトナム⑩:ハノイ周辺
1月:インドネシア⑨:バリ島
1月:メキシコ③、台湾
2月:マレーシア⑮、ベトナム
3月:マレーシア
4月:イタリア⑲~ドイツ
5月:アメリカ⑮:ナイアガラ
6月:台湾㊵:(芒果かき氷)
7月:イタリア⑳:南チロル
丸数字:累計訪問回数

カテゴリ
最新記事一覧
マレーシア/ペナン・Batu Ferringhi: Lebanon Restaurant Batu Ferringhi店 2019/12/10
マレーシア/ペナン・Batu Ferringhi: Andrew's Kampung 2019/12/09
マレーシア/ペナン・Tanjong Takong: Awanis Satay 2019/12/09
マレーシア/ペナン・Tanjong Takong: Taiba Shawerma Restaurant 2019/12/08
マレーシア/ペナン・Mercure Penang Beach: Restaurant The Ombak 2019/12/08
マレーシア/ペナン・Batu Ferringhi: Rubin Mardini Cafe & Restaurant 2019/12/07
マレーシア/ペナン・Batu Ferringhi: Apom Balik Station 2019/12/07
マレーシア/ペナン・ジョージタウン: 大東酒樓(Tai Tong Restaurant) 2019/12/06
ミャンマー/ヤンゴン空港: KFC Yangon Airport店 2019/12/06
ミャンマー/ヤンゴン: Imperial Garden Myanmar Plaza店 2019/12/05
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
38位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
17位
アクセスランキングを見る>>