FC2ブログ
« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »

カンボジア/シェムリアップ(Siem Reap):Raja Angkor

訪問:[2012/1/29 16:45]
評価点:総合★★★★☆★★★☆☆サービス★★★★☆雰囲気★★★☆☆CP★★★★☆
アンコールワット観光で体力を使い切ったので(☞ こちら)、夕食は2段構えにした。

外観 店内

まずは、前日の街歩きでマークしておいたこの店。店頭にBBQコーナーがある。
発見時は左側のオープンスタイルの木造建築と右側の洒落たコンクリ造りの店だと認識していたが、HPの写真を見ると左側の建物だけなのかもしれない。(でも、店員は右側の建物も出入りしていたので実態は不明)

店に入ると、特定のスタッフに限られるが愛想の良さが光っていた。前日試した、スタッフ全員がやるきの無さそうだった チャンペイ(Champey) とは大違いだ。
店頭メニューで、たくさんあるクメール料理の中から頼むものを決めて店に入ったのだが、それよりも Khmer Tasting(US$12.00) の方が種類を楽しめると勧めてきたことから、方針変更。こちらの方が、価格的にも安い。

テーブルセッティング Fresh Mango Juice

まずは、Fresh Mango Juice(US$3.00)を飲みながら料理の到着を待つことにしたが、さすがに夕方5時前とあって客は皆無。店頭のBBQコーナーも準備作業まっただ中という時間だ。

サラダ3品

まずは、サラダの到着。バナナの花のサラダ以外は、前日の3品盛りとは違う内容だ。
半屋外で明るさも確保できたので、この先は個々の料理の拡大写真と合わせて紹介したい。

Banana flower with shredded chicken salad
Banana flower with shredded chicken salad

手前の皿に盛られていたのが、クメール料理定番らしいバナナの花のサラダ。写真は邪魔な葉っぱを除けて撮影したものだ。
チャンペイ(Champey) のものと違ってバナナの花らしきものは見えるものの、やはりどれが花なのか判別しづらい。サクサク感というものも微妙。

Pomelo with Crispy pork fritters and prawn salad
Pomelo with Crispy pork fritters and prawn salad

Pomelo(ポメロ)とは、柑橘系果物の最大の緑色をした果物で、ザボンや文旦の先祖だそうだ。(☞ 果実・果物図鑑

海老と豚肉フレーク(ベーコンビッツの非燻製豚肉版と台湾の肉髭の中間のようなもの)という組み合わせが合うのかは疑問だが、チャンペイ(Champey) ではパイナップルのサラダが出てきたように、必ずフルーツサラダをいっしょにいただくというのが、当地の習わしなのかもしれない。

Pounded long bean with dried shrimp salad
Pounded long bean with dried shrimp salad

ほとんど生(というか、さっと湯に通しただけ)のいんげんには抵抗はあったが、中華食材の乾燥海老の小さなものを混ぜていただくというのは面白い。
生のトマトも嬉しい存在だが、当地では外食でもたくさんの野菜を食べる習慣があるようで、旅行中は不足がちになる野菜の心配をしなくても良いという、珍しい食文化のある国という印象。

以上、前夜と同様にサラダ3品盛りをいただいたわけだが、食材の種類と異国食文化を楽しむという意味では当店に軍配があがるものの、味覚面ではまったく洗練されていない印象を受けた。
実は、これが外国人向け仕様ではない本来の味なのかもしれないので、そこの感度は人それぞれだと思う。

メイン

サラダを食べ終え、しばらく待ってからメインの到着。
料理4品にライスを添えたもので、個々に見ると中華料理と言えそうなものもあったが、ひとり旅でも色々な味を一度に楽しめるという点では素晴らしい。

左下から時計回りで紹介していこう。

Stir-fried chicken with ginger
Stir-fried chicken with ginger

生姜をかなり効かせた、どちらかというと中華料理の範疇に入る料理。
鶏胸肉のスライスと玉葱を、薄味の中華スープの中で軽く煮ただけといった感じで、あまり美味しくない。

Cat fish Amok with coconut milk
Cat fish Amok with coconut milk の中身が見えるように

ナマズ(鯰)のアモック。見ての通り魚肉たっぷりで、見た目よりは脂の乗りもくどくなく良い塩梅。

アモックは、神楽坂のアプサラで事前に予習した味、即ちタイのグリーンカレーに近いが、スパイス感がかなり控えめで魚のスープ煮に近い印象。

Amokライス

アモックを Khmer jasmine white rice にかけてみたが、少しプリッとした食感もあって意外に美味しい魚だ。カレーライスには、ちょっと味が薄くて合わなかったが。

Chicken sour soup with lime preserved
Chicken sour soup with lime preserved の中身が見えるように

こちらは、左端の料理から生姜を抜いて、鶏ガラの出汁をたっぷり効かせた中華スープ。酸味を効かせたスープが当地料理らしいが、それほど強い酸味を感じなかったので、中華スープにライムを少し加えた程度という感じ。

スープは良かったものの、やはり肉が硬めで美味しくない。胸肉をそのまま使っているから仕方ないか。

Stir-fried eels with Khmer spices
Stir-fried eels with Khmer spices の葉っぱを除けて

この鰻料理は単品側で注文するつもりだったものだ。
ヨーロッパで食べる鰻の煮込みのように丸ごとブツ切りを予想していたが、日本の鰻と同じ様にちゃんと捌いたものを使って炒めてあった。さすがに醤油味ではないので、味わいはまったく別物だが。

やはり一種のカレー風味な訳だが、インドでもタイでもなく独特。カレーと書いてはいけないだろう。
御飯との相性も良く、このセットメニューの中で一番気に入った料理だ。

Traditional khmer sweets
Traditional khmer sweets

メインプレートを片づけて、お待ちかねのデザートの到着。なんと4品も乗っていたのには驚いた。
カンボジアらしい品も2品あって、これは非常に良かった。

パンプキンプリン

神楽坂の店でも試しているが、あちらは薄くスライスして出てきたので雰囲気が無かった。
こちらは、ガイドブック等で紹介されているように、南瓜の形を生かした形状で出てきたので、クメール料理を食べているな、という気になれる。

甘さをかなり控えたカスタードということもあり、本体とカスタードの味の差が無いほど調和している点で、神楽坂のアプサラとは大きく違う。食べに行った時は、タイ料理とほとんど同じ(事実、女主人はタイ出身だそうだ)という印象で、高いだけでどこがクメール料理なのかと思った訳だが、やはり現地に行けば違うなと感じた訳だ。

バナナのデザート バナナを取り出して断面アップ

バナナのココナツシロップ煮のようなものもで、バナナの酸味が強調されていて美味しい。
バナナは芋の食感で、生食用のものとは違うもの。
日本でもたまに見かける太くて青々とした料理用バナナを使うと、酸味と食感が再現できそうだ。



右の2品は、クメール料理ではないだろう。
小さなカップに入ったものは、甘くてずっしりとしたココナツミルクの蒸しパン。
右は台湾以南のアジアでよく見かける SAGO(タピオカ&豆入りココナツミルク) だ。

SAGO お会計


以上、クメール料理の数々の写真を楽しんでいただけただろうか。

味覚的には決して洗練されたものが出てくる訳ではないが、千円にも満たない金額(US$12.00)でこれだけ多くの種類を楽しむことが出来るのだから、ひとり旅であれば行ってみる価値のある店だと思う。二人なら、一人分だけこのセットを注文して、残りはアラカルトから頼むという手もあるだろう。(日本のように、コースの場合はテーブルごとに同じ注文でなければいけない、といった店側の都合を強制されることも無いと思いたい)

そんなわけで、他人にお勧めできるかという面を重視している総合点で星4つを進呈することにした。


※メニュー:Khmer Tastingの内容クメール料理ドリンク

【店舗詳細情報】
店名:Raja Angkor
電話:(+855)78 888 808/63 964 575
住所:Sivatha Boulevard, Phum Mondul I, Khum Svay Dangkom, Siem Reap

大きな地図で見る
関連記事

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて25年。
現在 65ヵ国を訪問
48ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
12月:ラオス
年越:台湾㉝:高雄台南屏東
1月:モルディブスリランカ
1月:マレーシア⑫,カンボジア
2月:ベトナム
3月:台湾㉞:澎湖
4月:フランス⑳、スペイン
5月:ポーランド④、台湾
6月:リトアニア②、ラトビア
7月:台湾㊱:(芒果冰)
8月:スイス⑨、イタリア
10月:スペイン⑰,ポルトガル
丸数字:累計訪問回数

国内の食べ歩きはこちら
カテゴリ
最新記事一覧
ギリシャ/ロードス島 [Rohdos]: Amalfi Social Lounge Bar 2018/12/09
ギリシャ/ロードス島 [Rhodes]: ΜΑΓΕΙΡΕΙΟ ΜΕΖΕΔΟΠΩΛΕΙΟ(Tzatziki?) 2018/12/08
ギリシャ/ロードス島 [Rhodes]: Nikos Fish Restaurant 2018/12/07
ビジネスクラス機内食/キャセイパシフィック航空: 香港(HKG)⇒成田(NRT) 2018/12/06
ビジネスクラス機内食/キャセイパシフィック航空: デンパサール(DPS)⇒香港(HKG) 2018/12/05
インドネシア/バリ島・ジンバラン [Jimbaran]: Balique 2018/12/04
インドネシア/バリ島・ジンバラン [Jimbaran]: Rame Cafe 2018/12/03
インドネシア/バリ島・ヌサドゥア [Nusa Dua]: Raja Bali 2018/12/02
インドネシア/バリ島・ブノア [Benoa]: Balicious Restaurant & Bar 2018/12/01
インドネシア/バリ島: ENVY@Holiday Inn Resort Baruna Bali 2018/11/30
ビジネスクラス機内食/キャセイパシフィック航空: 香港(HKG)⇒デンパサール(DPS) 2018/11/29
ビジネスクラス機内食/キャセイパシフィック航空: ブリュッセル(BRU)⇒香港(HKG) 2018/11/28
ベルギー/アントワープ [Antwerpen]: De Bomma 2018/11/27
ベルギー/メヘレン [Mechelen]: Brasserie 't Vlietje 2018/11/26
オランダ/エイントホーフェン [Eindhoven]: Restaurant Zarzo 2018/11/25
オランダ/ユトレヒト [Utrecht]: Frites Atelier 2018/11/24
オランダ/スキーダム [Schiedam]: Restaurant De Noordmolen 2018/11/23
オランダ/ミデルブルグ [Middelburg]: Restaurant De Gouden Bock 2018/11/22
ベルギー/ゲント [Gent]: Chaplin Broodjes (Croissanterie) 2018/11/21
スペイン:ビルバオ空港&周辺地域の鉄道・バス詳細移動情報(2018年11月更新版) 2018/11/20
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
50位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
21位
アクセスランキングを見る>>