« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »

ビジネスクラス機内食/ベトナム航空:シェムリアップ(REP)⇒ホーチミンシティ(SGN)

搭乗:[2012/1/30 VN812便]
評価点:総合★★★★☆★★★★☆サービス★★★★☆雰囲気★★★★☆
世界遺産のアンコールワット観光のついでに、あちこちで食べ歩いたカンボジアのクメール料理レポートは後回しにして、まずは帰国便に乗り継ぐ前に使ったベトナム航空のビジネスクラス機内食を先に紹介してしまおう。

わずか400Kmの短距離路線だが、ANA便に接続する時間帯だと普通運賃しか予約が取れないほど混んでいたので、6千円差のビジネスクラスを普通運賃(税燃油込みでVND6052000=23042円)で確保した。スタアラ系航空会社ではないので、他社ラウンジにも興味があることから6千円は新たな趣味の支出だ。
ホーチミンからのANA便の搭乗券も発券してくれたので、4時間半ある乗継時間をラウンジで過ごすことができる。(発券されないと、一度外に出てチェックイン受付開始時間まで待たされる可能性があるので助かった)

このベトナム航空、往路では意外な体験をしている。機長の挨拶放送が、いきなり日本語で始まったのだ。
最初は日本の団体客でも乗っていて、その添乗員がマイクを握っているのかと思ったが、そうではなかった。
日本語で挨拶と航路状況等の案内があってから、英語で同じ内容を繰り返していたのだ。
よくよく考えてみれば、日本の航空会社でも機長が外国人(ANAの子会社運行に多い)だと挨拶が英語で始まることがあるわけだから、機長の母国語で最初に挨拶するのは普通なのかもしれない。そうは言っても、英語と違って日本人以外は誰も分からないのになぁ。日本人客も1割にも満たない感じだったので、ものすごい違和感。

話を戻して、まずはシェムリアップ空港のベトナム航空指定ラウンジ。情報が少ないので、細かく紹介しておこう。
ビジネスクラス専用の搭乗券発券カウンターに、手書きの名前入りインビテーションが事前に用意されていた。



場所は、イミグレーションを過ぎて搭乗口の左端の方にある。(インビテーションの裏側に地図が記されていた)
思ったよりは広いラウンジで、50席ぐらい有りそう。6席ほどマッサージチェアのような席があったので、そこでまったりしながら、この原稿を書き始めている。



食事内容は、地方空港の割にはしっかりしていて、肉料理、炒飯、卵料理、菓子パン類、サンドイッチ、サラダ、フルーツにヨーグルト類と一通りそろっている。ドリンクはバーカウンターで注文する形式。(☞ ドリンクメニュー
トータルで見て、ラウンジ食としてはアジア標準クラスの内容だったので、ANA成田のアジアワースト3を解消することは無かった。(苦笑)




ラウンジ専用のWiFiは無いようでショップ供用の設備を使うようだが、接続は出来てもその先に進まず断念。
PCは入口横に3台ほど置いてあった。小さな空港らしく、搭乗開始案内放送もある。

18:00搭乗開始(定刻18:30)というのに、18:05には最終搭乗案内のアナウンスで焦ってラウンジを飛び出した。すでに搭乗待合室には誰もいない状態。18:12にはドアが閉まって、スグに動き出したのには驚いた。こういうのも、定時運行と言うのだろうか?
機内に入ると、当然ながらおしぼりと共にウエルカムドリンクが供される。選択肢は、オレンジかリンゴジュース。リクエストベースで水もOK。

お待ちかねの機内食だが、事前にドリンクの注文を聞いてから、全部をトレーに乗せて出てきた。
わずか45分のフライトでも、布製のテーブルクロスを敷いてくれる。先日搭乗したキャセイでは無かったので、ポイント高し。



流石に食事はパン食だが、往路のエコノミークラスで出た食事(ピタサンド風のものが1つ)との差はしっかり出ていた。パイナップルを包んだ2枚の生ハムのパンに、ベトナムらしく香草を効かせたツナたっぷりのパン。もちろん、ベトナムと言えばフランスパンだ。



塩気を効かせた生ハムは美味しかったが、超短距離路線ではこれが限界だろう。
1時間未満の国際線ビジネスクラスは欧州でしか経験が無いが、予想よりも良い内容が出てきて満足だ。

ついでに、ホーチミンでは沖留めのためバスに乗り込んで空港ターミナルに移動するわけだが、大きなバスにわずか8名のビジネスクラス客だけを乗せて出発。これも初めて経験した。

ビジネスクラス機内食 航空会社別レビュー&ランキング
関連記事

テーマ : ビジネスクラス機内食
ジャンル : グルメ

« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて25年。
現在 61ヵ国を訪問
42ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
9月:リトアニアポーランド
9月:セブ/フィリピン
10月:北東部/ポルトガル⑧、他
11月:北西部/フランス
11月:フーコック/ベトナム
12月:Stuttgart/ドイツ
年越:ペナン,他/マレーシア
1月:レイキャビク/アイスランド
2月:メキシコ
3月:セビリア周辺/スペイン
丸数字:累計訪問回数

国内の食べ歩きはこちら
カテゴリ
最新記事一覧
台湾/台北・國父紀念館駅:ICE MONSTER(アイスモンスター)⑥ 2017/08/19
台湾/桃園夜市: 草山食堂(鴨香飯・瓜子肉飯) 2017/08/19
台湾/桃園夜市: 天下奇冰 2017/08/18
台湾/桃園: 小夜城冰果冷飲 2017/08/18
イギリス/聖ミカエルの山 [St Michael's Mount]: Island Cafe 2017/08/16
イギリス/ブリストル [Bristol]: Don Giovanni's 2017/08/14
イギリス/ペンブローク [Pembroke]: The Cake Shop 2017/08/12
イギリス/カーディフ [Cardiff]: Junction Restaurant@ホリデーイン 2017/08/10
イギリス/ラドロー [Ludlow]: Castle Tea Room@ラドロー城 [Ludlow Castle] 2017/08/09
イギリス/ストラットフォード [Stratford-upon-Avon]: エルグレコ [El Greco] 2017/08/07
イギリス/ワデスドン・マナー [Waddesdon Manor]: The Manor Restaurant 2017/08/04
ビジネスクラス機内食/英国航空[British Airways]:成田(NRT)⇒ロンドン(LHR) 2017/08/02
オーストリア/ザルツブルク [Salzburg]: IMLAUER Sky Bar & Restaurant 2017/08/01
オーストリア/ザルツブルク[Salzburg]: カフェ・モーツアルト[Cafe Mozart] ② 2017/07/31
ドイツ/ヘレンキームゼー城 [Neues Schloss Herrenchiemsee]: Schloss Cafe 2017/07/30
オーストリア/アヘンゼー [Achensee]: Zillertaler Hof 2017/07/29
イタリアの古城ホテル:ブランド城 [Castel Brando] 2017/07/28
イタリア/オルティゼイ [Ortisei|St. Ulrich in Gröden]: Naturhotel La Cort 2017/07/27
イタリア/オルティゼイ [Ortisei|St. Ulrich in Gröden]: Cafe Demetz 2017/07/26
イタリア/セッラ峠 [Passo Sella]: Ristorante Al Sella 2017/07/25
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
47位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
18位
アクセスランキングを見る>>