« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »

台湾/台北:鼎泰豐(本店)

訪問:[2012/1/3 20:00]
評価点:総合★★★☆☆★★★☆☆サービス★★★★☆雰囲気★★☆☆☆CP★★★☆☆
昨年11月の台湾旅行で食べ損ねた鼎泰豐の小龍包。タイのバンコクで偶然発見してしまい、初鼎泰豐は前日に体験してしまったのは、ひとつ前の記事の通りだが、前回のリベンジをするために当初から本店訪問を予定していた。連荘訪問となるが、海外支店と本店を比較するのも面白いだろう。

近くの濟南鮮湯包で食べた後に見た光景を覚えていたので、今回は閉店1時間前狙い。それでも20組以上の待ちだった。
メニューは、中・英・日・韓の4か国語表記。待っている間に注文票にマークするのはバンコクと同じだが、相席可能でお願いしたら10分も待たずに入れた点は大違いだ。

店内(3階) 合席用の大テーブル

店内に入ると、思ったよりも狭い。3階に案内されたが、写真のように細長い空間だ。雰囲気面ではバンコクの店よりもかなり劣る。
しかも、案内された大テーブルの4組の客はすべて日本人。さらには、全員がカメラを構えているではないか。(苦笑)
ここで見知らぬ客同士の会話に発展しないのが、日本人らしい。欧米でこんな局面に合うと、自然と会話が生まれてくるものだが・・

テーブルセッティング

バンコクと同じものを食べるつもりだったが、豆腐料理が存在しない。まさか日本の豆腐がバンコクだけのメニューとは。
価格は額面上はほぼ同じだが、税込表記となっている台湾本店の方がやや安い。(参考:台湾ドルとタイバーツの交換レートは、ほぼ同じで5%以内の差)

小龍包の食べ方

さらに、この店にやってくる外国人で小龍包を食べない客はいないというスタンスなのか、あらかじめ「小龍包のおいしい召し上がり方」なる日本語と何故かフランス語で書かれた案内書が置かれていた。
こうやって食べるという事は、他の方のブログで知っていたが(それまでは知らなかったということ)、元ネタはココに有ったという訳だ。

小菜
小菜(NT$72≒180円)
日:台湾のおつまみ、英:Din Tai Fung House Special


まずは、バンコクでも食べた「小菜」だ。
写真を見比べていただければ一目瞭然というほど見た目が違う。
バンコクの皿は魅せるものがあったが、こちらは街の食堂の小菜と同じ様な単なる惣菜という感じ。食材の切り方が違うし、照りも違う。お味の方も、一段と台湾食堂らしい味わいで、バンコクの方が高級感があった。

炸排骨
炸排骨(NT$110≒275円)
日:揚げパーコー(豚のスペアリブ)、英:Fried Pork Chop


バンコクにあった豆腐料理の代わりに、台湾の屋台料理代表格である炸排骨を選んでみた。
これ、はっきり言って不味い。屋台よりも肉が分厚いのだが、その分だけ味が浸みていないのだ。
肉質もスーパーの特売でおなじみの米国豚のようなもので、台湾産の味のある豚肉とは思えなかった。

蝦肉煎餃
蝦肉煎餃をひっくり返して
蝦肉煎餃(6個)(NT$132≒330円)
日:えびと豚肉入り焼き餃子、英:Shrimp & Pork Pot Sticker


海老入り焼き餃子も、期待したほど美味しくは無い。
機内食で香港の美味しい海老料理を食べた後ということもあり(☞ こちら)、豚肉ベースの餡に海老の切り身を単に追加しただけと言う調理法は、納得できるものではなかった。

蝦肉煎餃の断面

そして、お待ちかねの小龍包。やはり10個では多いので、こちらでも半量の5個入りをお願いしたが、バンコクと違って1個単位の比例料金だった。これは良心的だ。

小龍包(ハーフ)
小龍包(5個)(NT$105≒260円)
日:小龍包、英:Pork XiaoLongBao


小龍包の断面お味の方は、バンコクと全く同じという印象。差を感じることは出来なかったが、見た目でも分かる通り、包み方がかなり雑な印象を持った。
前述の濟南鮮湯包で食べた小龍包の写真と比べると、ハッキリと雑な仕事ぶりが分かってしまう。

というか、恐らく海外出店も含めて急激な規模の拡大を図った結果、職人の水準が大幅に低下しているのだろう。過去の「鼎泰豐」は、そんなことは無かったハズなので、既に「鼎泰豐」ブランドもかなり落ちていることが容易に推察できる。

本店は支店とは違って優秀であるというのが経験則だったが、それに該当しないほど巨大チェーン店化してしまったというのが、現在の評価であることは間違いないだろう。こうなってしまった店には魅力は無い。

せっかく台湾に出かけて、このレベルで満足してはいけない。多くの台湾ブロガーの記事を参考にして、本当に台湾らしい安くて美味しい店を試していただきたいと思った次第。



※メニュー:注文票前菜・小龍包・餃子・大包スープ・盤菜・炒飯・麺類雲呑・甜点・ドリンク

【店舗詳細情報】
店名:鼎泰豐(Din Tai Fung)(本店)
電話:(02)2321-8927
場所:台北市信義路二段194号

大きな地図で見る

参考:☞ 台北ナビ旅々台北
関連記事

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて25年。
現在 62ヵ国を訪問
43ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
11月:北西部/フランス
11月:フーコック島/ベトナム
12月:Stuttgart,他/ドイツ
年越:ペナン,他/マレーシア
1月:レイキャビク/アイスランド
2月:メキシコ
3月:Sevilla,Málaga/スペイン
3月:台湾㉙、ベトナム
4月:マルタ②、イタリア
5月:ポーランド
6月:クロアチア②,スロベニア
7月:イタリア⑰、スイス
丸数字:累計訪問回数

国内の食べ歩きはこちら
カテゴリ
最新記事一覧
アイルランド/ダブリン [Dublin]: Gourmet Food Parlour(Santry店) 2017/10/20
アイルランドの古城ホテル:カブラ城 [Cabra Castle] 2017/10/19
ビジネスクラス機内食/英国航空[British Airways]:ロンドン(LHR)⇒ダブリン(DUB) 2017/10/16
イギリス/レディング [Reading]: Riverside@クラウンプラザ 2017/10/15
イギリス/アシュフォード [Ashford]: Holiday Inn Ashford - North A20 2017/10/13
イギリス/Bodiam Castle: Wharf Tea Room@ボディアム城 2017/10/11
イギリス/クローリー [Crawley]: The Master Fryer 2017/10/08
イギリス/サウサンプトン [Southampton]: Holiday Inn Southampton 2017/10/06
イギリス/エクセター [Exeter]: Bill's (Exeter店) 2017/10/04
イギリス/Berry Pomeroy Castle: The Castle Café@ベリーポメロイ城 2017/10/03
イギリス/ティンタジェル [Tintagel]: King Arthur's Cafe 2017/10/02
フィリピン/セブ: Café Laguna (SM City Cebu店) 2017/10/01
フィリピン/セブ: Hukad (Ayala Center Cebu店) 2017/09/30
フィリピン/セブ: Mang Inasal (Parkmall店) 2017/09/29
フィリピン/セブ: Cebu's Original Lechon Belly (Parkmall店) 2017/09/28
フィリピン/セブ: Chika-an Sa Cebu (Parkmall店) 2017/09/27
フィリピン/セブ: The Mango Farm (Cebu J Centre Mall店) 2017/09/27
フィリピン/セブ: Tsiboom Native Restaurant (J Centre Mall店) 2017/09/26
ミニ情報:リガ空港~市街地の便利で安い路線バス移動方法詳細とリトアニア行きバス情報 2017/09/25
ビジネスクラス機内食/LOTポーランド航空: ワルシャワ(WAW)⇒成田(NRT) 2017/09/24
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
51位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
16位
アクセスランキングを見る>>