FC2ブログ
« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »

ビジネスクラス機内食/キャセイパシフィック航空:バンコク(BKK)⇒香港(HKG)

搭乗:[2012/1/3 CX708便]
評価点:総合★★★★☆★★★★☆サービス★★★★☆雰囲気★★★★☆
やや体調不良のまま過ごしたタイでの年末年始だったが(後で腎結石が動いたことに伴う軽い腎炎だったことが判明)、香港・台湾を経由しての帰国便でのビジネスクラスの食事を路線ごとに紹介しよう。
まずは、バンコクから香港へ。

バンコクのキャセイラウンジ

ラウンジ食に期待して朝食抜きで朝6時にチェックアウトして空港に向かったが、ちょっと期待外れだった。
キャセイ専用ラウンジというのに、往路の桃園空港で早朝時間帯に利用した内容よりもかなり劣るというのは何故だろう?
早めに行ったので時間はたっぷりあったが、ネット環境が有線・無線共に良くなく、VPNは使えないし日本サイトへのアクセスも重い。

ラウンジ食

それでも、ご覧のようにそこそこの食べ物があるので、同じ時間帯のANAラウンジよりはマシだと思う。
あまり美味しくなかったのは、タイの洋食水準の表れかもしれないが。

搭乗券には、25分前までにゲートに来ないと搭乗できないといった脅し文句も記されていて、ちょっと嫌な感じを受けたが、機内に入ればちゃんとウエルカムドリンクを出してくれる。
シャンパンかジュース2種からの選択だったが、ここはタイらしいレモングラスドリンクなるものをいただいてみた。

レモングラスドリンク メニュー

しかし、ほんとタイの食事は合わないものが多いようで、これまた撃沈。
せっかくの土地では郷土料理を試すのが基本スタンスだが、実際問題として、口に合わない料理や飲み物に当たることも多い。やはり海外の方が高い確率で遭遇するものの、日本国内でも遭遇しないわけではないから仕方ない。

食事前のドリンクは、毎度のことながら Diet Coke
ところが、今まで航空会社で通じなかったことが無い旧名称である Diet Coke が通じない。Cocacola Light と言ってようやく分かってもらえたが、タイでは本当にノンカロリーのコーラを見ることがほとんど無かったのが影響しているのかもしれない。コンビニでは全く置いて無かったし、スーパーもバンコクのデパ地下レベルで見た程度。レストランでも高級店でしか見ないし割増価格だったので、ホント希少価値。

パン・メインを選択した後で撮影

さて機内食だが、今回はLUNCH表記。
例によって全部そろってから撮影しているが、メインは当然ながらワゴンサービスで、実物を見ながら選択できる。

チャパティ

パンも5種類の中から見ながら選べるが、チャパティだというのでいただいてみた。
中に緑色の香草入りのもの。流石に冷めてしまったせいか美味しくなかったが、機内食としては珍しいものを見せてくれた。

Thai marinated scallop woth rice vermicelli salad
前菜:Thai marinated scallop with rice vermicelli salad

前菜はタイらしい甘酸っぱいビーフンサラダ。タイのサラダというと辛いのが定番だが、辛くはない。
帆立のマリネは、〆鯖のように塩と酢で漬けた後に、酢と塩分を落としたような加工をしてある生の帆立。あまり美味しいものではない。

Stir-fried chicken with chestnut, mushroom, preserved red bean curd sauce, egg
Stir-fried chicken with chestnut, mushroom, preserved red bean curd sauce, egg, fried rice and mixed vegetables のダックカレー部分

メインは3択。もちろんワゴンサービスで見ながら選べるが、Fried Rice と書かれていたものは無く、3種類とも Steamed Rice だったので困った。
選んでいたものはどれかと聞いてみると、これだという。しかも、鶏ではなくアヒルで、レッドカレーだそうだ。

メニュー表記とかなり違う印象だが、アヒルのレッドカレーとなれば、2日前に Kalpapruek で食べたものと比較できる。
目立っているトマトが示すように、個々に素材を強調している美味しいタイカレーであるとは思ったものの、比較対象が悪すぎた。Kalpapruek で食べたものが、非常に優秀であることを再確認できてしまったのだ。

ハーゲンダッツとミルクティー プラリネ

トレーを片した後に、デザートのハーゲンダッツ(75ml)を選択。口頭ベースでチョコかバニラのどちらにするかを問われた。
最後は、プラリネ(Pralines)で締め。

わずか2時間10分の短距離路線なのに、長距離路線の機内食みたいで満足できる構成だった。
関連記事

テーマ : ビジネスクラス機内食
ジャンル : グルメ

« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて25年。
現在 65ヵ国を訪問
47ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
11月:インドネシア
12月:ギリシャ②、キプロス
12月:ラオス
年越:台湾
1月:モルディブスリランカ
1月:マレーシア⑫,カンボジア
2月:ベトナム
3月:台湾
4月:フランス⑳、スペイン
5月:ポーランド④、台湾
6月:リトアニア②、ラトビア
7月:台湾
8月:スイス⑨、イタリア
丸数字:累計訪問回数

国内の食べ歩きはこちら
カテゴリ
最新記事一覧
スペイン/ビルバオ [Bilbao]: La Olla de la Plaza Nueva 2018/11/14
スペイン/ビルバオ [Bilbao]: La Viña del Ensanche 2018/11/13
スペイン/ビルバオ [Bilbao]: Café Iruña 2018/11/12
スペイン/ビルバオ [Bilbao]: El Mugi 2018/11/11
スペイン/プレンツィア [Plentzia]: Bar Batela 2018/11/10
スペイン/ビルバオ [Bilbao]: El Figón 2018/11/09
スペイン/ビルバオ [Bilbao]: El Globo 2018/11/08
スペイン/ビルバオ [Bilbao]: Colmado Ibérico② 2018/11/07
ビジネスクラス機内食/キャセイパシフィック航空: 香港(HKG)⇒ブリュッセル(BRU) 2018/11/06
ビジネスクラス機内食/キャセイパシフィック航空: 成田(NRT)⇒香港(HKG) 2018/11/05
海外レンタカーで事故を起こした際の記録とオプション保険加入の不必要性を検証 2018/11/03
セルビア/ベオグラード [Beograd]: Restoran@Excelsior ad Beograd 2018/11/02
セルビア/ベオグラード [Beograd]: Restoran Tri Šešira 2018/11/01
セルビア/ベオグラード [Beograd]: Moon Sushi Bar 2018/10/31
セルビア/ベオグラード: Prime Restaurant@Crowne Plaza Belgrade 2018/10/30
セルビア/ベオグラード[Beograd]: Restoran Singidunum② 2018/10/29
セルビア/シャバツ [Šabac]: Gradska kafana 2018/10/27
セルビア/チャチャク [Čačak]: Castello Restoran 2018/10/27
セルビア/メジュゴリエ [Međuvršje]: Restoran Santa Maria 2018/10/26
セルビア/ザイェチャル [Zaječar]: Mr. BIN 2018/10/25
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
39位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
17位
アクセスランキングを見る>>