FC2ブログ
« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »

シンガポール/リトルインディア(Little India):バナナリーフアポロ(The Banana Leaf Apolo)

訪問:[2009/4/27 18:30] (※こちらに掲載していたものを再編集)
評価点:総合★★★★☆★★★★☆サービス★★★☆☆雰囲気★★★☆☆CPN/A
来月(2012年1月)の3連休を利用してシンガポールを経由してマレーシアのマラッカに出かける予定だが、たぶんインド料理をたくさん食べることになると思うので、まだ食べログの日記から移行していなかったシンガポールの1軒を紹介しておく。
2年半前のこの頃からインド料理にハマり始めたわけで、最近地元さいたま市に南インド料理を標榜する店が出来、そこに予約制ではあるもののバナナリーフミールスがあったので、比較材料になるだろう。
といっても、既にマレーシアの2軒(☞ KUMARSri Brinchang)、シンガポールでも1軒(☞ Komala's)で食べたミールスを紹介しているので、興味のある方は合わせてご覧いただきたい。

この時は、まだミールスという名前すら知らなかったが、美味しそうに見えた隣の席の客が食べていたものを指差し注文したのが、バナナリーフミールスだった。

頼んだもの全体
▲ミールス+海老カレー+タンドリーチキン

バナナリーフを皿代わりにして、鍋(というか小さなバケツ)に入ったカレー(=煮込料理)やライスを次々と盛って行く。庶民の食べ物らしく、なるべく手を掛けないで安価に提供する料理だと思うのだが、なぜか日本ではお目にかかれないし、あってもかなり高い価格設定になっている。

ライス

ミールスでの主食はナンでは無くライス。日本ではインド料理と言えば必ずナンを思い浮かべるが、北インド料理だそうだ。南インドでは、ナンでは無くライスを主食として食べる。

ライスのアップ

高級店に分類されるからだろうか、この店ではビリヤニ風のご飯で出てきた。
上に掛けられているカレーが美味しい。日本では、何でも辛くするのが好きな方が多いような気がするが、野菜カレー中心となる南インド料理では、辛さではなく野菜の旨味を生かすスパイス使いに注目したい。

パパド

別籠で出てきたパパド(豆の煎餅)は、粉々にしてライスに掛けていただくとの話を聞いているが、この時はそういった知識もなく、単にそのままかじっていた気がする。

じゃが芋カレー

ミールスには何品かのおかずが付くわけだが、左上に盛られたのがじゃが芋のカレー。
旨味もあるし、程よい辛さで食べやすいが、あまり好みでなかった記憶がある。

野菜の煮込み

もう一品の野菜の煮込み風の料理は美味しかった。
まったくカレーとは異なるもので、インド料理にはカレー味以外の多くの煮込料理があるのだと、今となって気づかされる料理だ。トルコ料理がケバブだけではないのと同じで、なぜこういった美味しい料理を日本のインド料理店で食べることが出来ないのか不思議に思う。

追加で頼んだ(という確証が無いのだが、ミールスを注文したらショーケースの前に連れて行かれ、どれを食べるか選べと言われて選んだ)のは、以下の2品。

海老カレー
海老カレーの海老を見えるように

まずは、海老カレー。というか、海老のカレーソース炒め風のもの。
下の写真は海老が見えるようにソースを拭い取ったものだが、大ぶりの海老が2本入っていた。
お味の記憶は無い。(たぶん、そんなに美味しくなかったのだと思う)

タンドリーチキン

もう1品はタンドリーチキン。
こちらは、日本で食べるものと違って、肉がパサパサで不味いという印象だけ残っている。

レモネード店名入りのウエットティッシュ
▲左:レモネード(回りの多くの方が頼んでいた)、右:店名入りウエットティッシュ

最後に、周りのみなさんほとんどが頼んでいたドリンクを指差し注文(レモネードだった)して、お会計は S$16.80(≒1120円)。
メニューに記されている単品価格から考えると安すぎるので、恐らく店側が間違えたのだと思うことから、CP点はNo Answerにしておく。
来月のシンガポール行きで、リトルインディアの他の店を試してみるつもりだ。


メニュー北インド料理(このページしか撮っていなかった・・)


【店舗詳細情報】
店名:The Banana Leaf Apolo
電話:6293 8682
住所:54 Race Course Road, Singapore 218564

大きな地図で見る
関連記事

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて25年。
現在 65ヵ国を訪問
47ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
11月:ベルギー⑥、スペイン
12月:ギリシャ②、キプロス
12月:ラオス
年越:台湾
1月:モルディブスリランカ
1月:マレーシア⑫,カンボジア
2月:ベトナム
3月:台湾
4月:フランス⑳、スペイン
5月:ポーランド④、台湾
6月:リトアニア②、ラトビア
7月:台湾
8月:スイス⑨、イタリア
丸数字:累計訪問回数

国内の食べ歩きはこちら
カテゴリ
最新記事一覧
セルビア/ノヴィサド [Novi Sad]: Astal Saren 2018/10/15
セルビア/ノヴィサド [Novi Sad]: Petrus Caffe Gallery Bar 2018/10/14
セルビア/ベオグラード: Restoran Singidunum@Holiday Inn Belgrade 2018/10/13
アイルランド/ダブリン [Dublin]: Cinnabarアカ@Crowne Plaza Dublin Airport 2018/10/11
北アイルランド/ベルファスト [Belfast]: The Green Room@Crowne Plaza Belfast 2018/10/10
北アイルランドのマナーホテル/エニスキリン[Enniskillen]: Manor House Country Hotel 2018/10/09
アイルランド/ドネゴール [Donegal]: Mcglynns Restaurant 2018/10/07
北アイルランド/ロンドンデリー [Londonderry]: Badgers Bar and Restaurant 2018/10/05
ブリスベン 無料のリバークルーズ「CityHopper」を使い倒そう! 2018/10/03
ビジネスクラス機内食/カンタス航空: ブリスベン(BNE)⇒成田(NRT) 2018/10/01
オーストラリア/ブリスベン [Brisbane]: PappaRich Malaysian Delights 2018/09/29
オーストラリア/ブリスベン [Brisbane]: R SUSHI 2018/09/27
ビジネスクラス機内食/カンタス航空: シドニー(SYD)⇒ブリスベン(BNE) 2018/09/26
ビジネスクラス機内食/カンタス航空: 羽田(HND)⇒シドニー(SYD) 2018/09/24
北アイルランド/ベルファスト城 [Belfast Castle]: The Castle Tavern & Bistoro 2018/09/22
北アイルランド/ベルファスト [Belfast]: The Crown Dining Rooms(Crown Bar) 2018/09/20
北アイルランド/ベルファスト [Belfast]: Mourne Seafood Bar Belfast 2018/09/17
イギリス(グラスゴー)⇔アイルランド(ベルファスト) バスとフェリーでのアクセス方法 2018/09/15
イギリス/グラスゴー [Glasgow]: Rishi's Indian Aroma (Glasgow店) 2018/09/12
イギリス/アバディーン [Aberdeen]: Patisserie Valerie(Aberdeen店) 2018/09/10
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
45位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
18位
アクセスランキングを見る>>