FC2ブログ
« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »

マレーシア/KL・パビリオンKL [Pavilion KL]: Al Halabi Gourmet Restaurant

訪問: 2020/2/13 20:00
評価: 総合★★★★☆★★★★★サービス★★★☆☆雰囲気★★★★☆CP★★★★☆
ランチを食べすぎたことから、遅めの夕飯にホテル直結のパビリオンKLへ。せっかくホテル直結なので、外に出ずに済ませるという軟弱行動だが、ベトナムから戻った後半戦では少し離れたホテルを確保しているので、前半戦はパビリオンKL内の店だけに行くという方針なのだ。
有名なKLCCのモールなんかよりも店の水準が全体的に高い点がお気に入り。



安い北京ダックを食べることが出来るお気に入りの郷村燒鴨[Village Roast Duck]は、この旅行の最後の晩餐に取っておくので、そのお隣のアラビア料理店が今日のターゲットだ。



最初案内された席は、入口正面の導線にある2人席。
空いているんだから奥の席がいいと言って確保したのが、全体を見下ろす感じになっている席だ。
写真の通り、この店の内装はアラビア料理店とは思えないカワイイ感じで、私好み。(還暦のオッサンが言う言葉ではない?)

昼間のうちに店頭に置いてあるメニュー冊子を吟味しておいたが、他の店と違ってメニューを見ていると店員が寄ってくるという事も無く、その点でも気に入った店だ。人がメニューを見ているのに、横から声をかけてくる店は、客寄せしなければ客が入らない店≒ダメな店と思っているので、結構期待していた。



Arabic Tea with Milk(RM18.66≒450円)

ドリンクは、アラビアティーなるものを注文。デフォルトでミルク入りみたいだ。小さなグラスに入れて飲むのは、トルコのお茶みたい。

一口目で感じたのは、インドのマサラティーに近いお味。
これなら、少し砂糖を入れた方が美味しいかな。




アラビアティーを飲んでいたら、次々と注文した料理が出てきて全部揃ってしまった。
ここは中華料理店か?(笑)



Moutabal Al Halabi(RM23.32≒630円)
Our signature version of the traditional moutabal that is definitely worth a try.
Made from mixed roasted eggplant, tahina sauce, parsley, garlic, lemon and olive oil that gives a flavourful taste.


前菜から選んだのは、ムタバルという茄子の料理。
写真とは全然違う皿が出てきたうえに、パンも付いてきたので、これは何なのかと聞いてしまった。



ちょっとスプーンを入れて見ると、何やら野菜の乱切りを煮込んでペーストにしたような感じのものが、表面のひよこ豆ペースト(?)の下に隠れていた。確かに茄子のようだ。



丸いパンが4個も付いていたが、これの中に茄子ペーストを入れて食べるのだと説明してくれた。



ピタパンみたいに中が空洞で、ペーストを入れて食べてみたが、何か他のものも加えたくなるようなお味。ムタバル単独で食べた方が美味しいかな。

それにしても、このムタバルも大好物のトルコ料理のメゼで出てくる感じのもので、アラビア料理はトルコ料理だったのかと思ってしまう。(どちらが先なのか知らない)



Yalanji Flifleh(RM20.99≒560円)
Flifleh are oil cured Capsicum. They are stuffed with walnuts, red pepper, garlic, olive oil and salt and chilli paste that has an authentic taste with a healthy twist.


お次は、メニュー写真で野菜が色々載っていたページから選んだもの。
パプリカを焼いた料理も好みなので選んだわけだが、これも予想より大きなパプリカが出てきた。



中身は何かと開けて見たら、野菜入りのご飯がギッシリ。



このご飯、甘いバルサミコみたいなソースで味を付けているのでサラダ扱いなんだと思うが、これも美味しい。でも、これもトルコ料理にありそうな気がする。



Mini Fatayer Lamb Bil Ajin(RM29.15≒780円)
A traditional Arabic pastry with meaty morsel of yumminess contained within its crispy outer coating.
Minced lamb, onion, and spices are combined and oven-baked.


最後はミニと書かれていたFatayerというピザみたいな料理だが、メニュー写真ではトルコピザといっしょに写っていたので、その類が出てくるのかと思っていた。幅広でトルコピザよりもボリューミーで、頼みすぎた。



人参と玉ねぎが少し入った羊肉の挽肉をたっぷり塗ったミニピザ風のものだが、単に塩胡椒だけっていう感じの味付けなので、そのままでは物足りない印象。

これは、前菜のムタバルを少し加えたりして食べてみたが、形は違うもののトルコピザの一種みたいだ。


ということでお会計をお願いしたが(☞ 請求書)、税サを加えてRM91.65(≒2450円)也。最後のピザが余計だったのは確かなので、普通に食べれば2千円弱というところだろう。

それにしても、自分がイメージするトルコ料理そのものという感じで、アラビア料理とトルコ料理の区別が付かなくなってしまったものの、全品美味しくて大満足な店になってしまった。
ここも3月に来た時にリピートしたいと思う。


※メニュー:スープ・サラダ前菜①③・ピザタンドリーメイン①③・グリル①ドリンク①②・デザート

【店舗詳細情報】
店名:Al Halabi Gourmet Restaurant
電話:03-2113-0061
営業:10:00~22:00
定休:無休
住所:Level 7, Pavilion Kuala Lumpur, 165 Bukit Bintang, 55100 Kuala Lumpur
GPS:3.149941, 101.712729(☞ Bing Map


マレーシアの訪問レストラン 地域別ランキング一覧
関連記事

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて30年。
現在 67ヵ国を訪問
49ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
6月:台湾㊵:(芒果かき氷)
6月:マレーシア⑰・台湾
7月:イタリア⑲:南チロル
9月:ポーランド⑤・トルコ
10月:ロシア:ウラジオストク
丸数字:累計訪問回数

カテゴリ
最新記事一覧
マレーシア/KL・Tun Razak Exchange駅: Al-Andalus Restaurant 2020/04/07
マレーシア/KL・パビリオンKL [Pavilion KL]: Stuff'd Pavilion KL店 2020/04/05
マレーシア/KL・パビリオンKL [Pavilion KL]: The Fish Bowl Pavilion KL店 2020/04/03
マレーシア/KL・Tun Razak Exchange駅: Hadramawt Palace 2020/04/01
マレーシア/KL・アロー通り: 無名Satay[沙嘇]@3.144858,101.707752 2020/03/30
マレーシア/KL・パビリオンKL: 迎客樓 [Ying Ker Lou] 2020/03/28
マレーシア/KL・パビリオンKL: 郷村燒鴨 [Village Roast Duck] ③ 2020/03/26
マレーシア/KL・Pudu駅: 老二潮州 [Restoran Teochew Lao Er] ② 2020/03/24
ビジネスクラス機内食/マリンドエア: ハノイ(HAN)⇒クアラルンプール(KUL) 2020/03/22
マレーシア・武漢肺炎:予約済ホテルを政府のお達しで一方的にキャンセルされた 2020/03/17
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
65位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
21位
アクセスランキングを見る>>