FC2ブログ
« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »

ポルトガル/ファーロ[Faro]: Taberna Modesto

訪問: 2019/11/4 19:45
評価: 総合★★★★☆★★★★☆サービス★★★☆☆雰囲気★★★☆☆CP★★★★★
ランチで滅茶苦茶高いマテ貝を食べたが(☞ À do Pinto)、いろいろ物色した結果、ランチの半額以下で出す店を2軒発見。



そのうち6ユーロと店頭掲示していた街外れにある店は明日まで休業の貼紙で入れず、7ユーロの店を試すことにした。城壁の内側にある店だが、目立たない端っこの方にあるので、他の城壁内側にある店と比べて価格設定が異様に安い店だ。

期待のマテ貝(7ユーロ)だが、無いと。比較できず残念。
それではと、同価格のムール貝はどうかと聞いたら、それならあるとのことで注文。

ちなみに、街の市場で見た価格は、ムール貝がキロ0.99ユーロと激安だったのに対して、マテ貝はキロ2.99ユーロと3倍価格。日本と比べたら恐ろしく安いのに、ランチの店は日本と同じような価格設定だったわけだ。まあ、観光地価格っていうこと。



注文を終えると、いきなり伝票をランチョンマットの下に挟み込んできたが、混雑した時の注文ミスを避けるためかな?
実際問題として、オフシーズだからか客は数組しかいないので、あまり意味は無さそうだ。



Mexilhão(7.00€)
Mussel


さて、ムール貝だが、想定外の供し方だった。
これなら、マテ貝と同価格であることも納得。



粒の大きな貝を蒸して貝を開けた上できれいに並べ、中央にソース代わりの濃い目の味を付けた炒め野菜をたっぷり盛ってある。
この野菜炒め、ブラガ [Braga]Confeitaria do Arcoで食べた鱈料理に欲しかったな。



ムール貝を食べ進めると、底にはたっぷりのオイルが残っていた。
ということは、単に蒸したムール貝だったわけではなく、蒸して貝を開けたムール貝の上から熱々のオイルを回しかけていたようだ。



Ensopado de Enguias(15.00€)
Stewed eels


この店を選んだもう一つの理由は、珍しいウナギ料理があったから。しかもシェフお勧め表記。
揚げかシチューかの選択だったので、シチューにしてみたが、出てきた量がポルトガルポーション。



さすがに中はパンで埋めてある上げ底だが、ウナギは頭から尾まで1匹をカットして放り込んであった。
シチューのお味は、パプリカベースかな。ほとんど上げ底用のパンが汁を吸ってしまっているので、玉葱やパプリカなどの具材部分しか残っていなかったし、汁を吸ってしまっているパンは揚げてあるものなので、それを食べるのも無理というものだ。

結構美味しかったんだけど、脂っぽいので2切れしか食べなかったが、こんなものを現地の人は大量に食べるのだろうか?



ウナギ自体は十分煮込んだというものではなかったので、恐らく注文が入った後から、生か1匹そのまま下茹でした鰻をぶつ切りにして、事前調理済みのシチューに放り込み煮込み始めたものだろう。



日本のウナギ料理とはかけ離れているが、こちらのウナギは日本のように脂っぽくないことは過去の経験で知っているので、煮込み料理には合いそうだ。

ただ、シチューは過去経験していたので、揚げにすべきだったかな。
表記が単にFriedなので、炒めなのかもしれない。



Doce de casa(2.00€)
House sweet


気をよくしてデザートまで追加注文してしまった。
店のデザートと題したものだが、これはポルトガルの食堂系では器を含めてどこでも同じパターンになるみたい。

最初ティラミスだと言われていたが、コーヒーがダメだと言ったら珈琲抜バージョンもあったみたい。
まあ、イタリアのティラミスとはかけ離れてはいるものの、なんとなくマスカルポーネ風のチーズ味を感じたし、2ユーロなら悪くないだろう。観光客向けの店だと、4~5ユーロ取っているわけだし。


お会計は最初の手書き伝票ベースにデザートを追加して、25.50€也。
城壁内でも、1ブロック中心側にあるレストラン街になっている店だと5割増し価格だろうし、内容的にも悪くないことから、結構お勧めできると思う。


※メニュー:店頭掲示前菜・お勧め肉・魚グリルスペシャリテツーリストメニューデザートドリンク

【店舗詳細情報】
店名:Taberna Modesto
電話:916 577 044
営業:9:00~23:00
定休:無休
住所:do Castelo 2, 8000-149 Faro
GPS:37.012240, -7.934485(☞ Bing Map


ポルトガルの訪問レストラン一覧(地域別ランキング順)
 

【ファーロ [Faro] の風景】(☞ 街の地図掲示

▲左:城壁前のハーバー  右:旧市街(城壁内)入口(駅側)


▲左:反対側の旧市街入口  右:こちら側には、城壁らしい景色が拝める


▲城壁内だけ趣のある街並みが見れる


▲左:旧市街中心の大聖堂  右:その横にある市役所


▲左:大聖堂裏側のレストラン街  右:奥に進むと寂れた雰囲気


▲カルモ教会 [Igreja do Carmo]




▲教会いろいろ


▲左:Faro駅  右:ポルトガルらしくない公設市場


▲左:観光地ならどこでも見かけるプチトラン  右:消防署?
関連記事

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて30年。
現在 67ヵ国を訪問
49ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
12月:台湾㊳:宜蘭・羅東
年越:ベトナム⑩:ハノイ周辺
1月:インドネシア⑨:バリ島
1月:メキシコ③、台湾
2月:マレーシア⑮、ベトナム
3月:マレーシア
4月:イタリア⑲~ドイツ
5月:アメリカ⑮:ナイアガラ
6月:台湾㊵:(芒果かき氷)
7月:イタリア⑳:南チロル
10月:ロシア:ウラジオストク
丸数字:累計訪問回数

カテゴリ
最新記事一覧
マレーシア/KL・Bukit Bintang駅: 旭日(彭强)肉骨茶 [Yuk Yat Bak Kut Teh] 2019/12/15
マレーシア/KL・Berjaya Times Square: Amphawa Thai Tea & Co 2019/12/14
マレーシア/KL・Berjaya Times Square: Portugis Ikan Bakar 2019/12/14
マレーシア/KL・Bukit Bintang駅: Restoran Al Sarifa 2019/12/13
マレーシア/ペナン・Hard Rock Hotel Penang: Starz Diner 2019/12/13
マレーシア: ペナン国際ドラゴンボートフェスティバル 2019 (PIDBF) 2019/12/12
マレーシア/ペナン・Holiday Inn Resort Penang: Authentic Indian Cusine ② 2019/12/12
マレーシア/ペナン・Batu Ferringhi: Razak Banana Fritter 2019/12/11
マレーシア/ペナン・Batu Ferringhi: Boatman Restaurant ② 2019/12/11
マレーシア/ペナン・Batu Ferringhi: Satay@Long Beach Cafe 2019/12/10
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
36位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
15位
アクセスランキングを見る>>