FC2ブログ
« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »

ポルトガル/Holiday Inn Lisbon: Restaurante Vasco da Gama+国立鉄道博物館

訪問: 2019/11/3 19:15
評価: 総合★☆☆☆☆☆☆☆☆☆サービス★★☆☆☆雰囲気★★★☆☆CP☆☆☆☆☆
この後は初訪問のファーロ[Faro]に向かう計画だったが、乗換駅であるエントロンカメント駅[Entroncamento]の隣にポルトガル国立鉄道博物館[Museu Nacional Ferroviário]があることを見つけてしまい、それを見てから向かうことにしたのでリスボンで1泊中継することにした。(€10.30+€8.70)



宿は、IHG系で過去最高の利用回数(5回)を誇るHoliday Inn Lisbonにしたが、ポルトのホリデーインで珍しく褒めたばかりなのに(☞ Friends Kitchen)、やはりIHG系ホテルレストランはダメだ。
っていうか、過去IHG系ホテルレストランでの最悪レベル。

せっかくスイートルームにアップグレードされたのに(☞ IHGスパイアエリート会員 宿泊アップグレード記録 2019年版)、帳消しになるほど酷いものだった。




わずか2種類しかなかったポルトガル料理から1品選んで注文したが、パンとバルサミコ入りのオリーブオイルが出てきた。
メニューにコペルト2.5ユーロと書かれていたが、バターとオリーブの実が出てこなかったので、課金してきたら抗議しようと構えていたら、課金されず。まあ、当然だ。



O Carolino e o Tambrril(19.50€)
The Carolino and Monkfish (rice with monkfish and coriander)


お願いしたのは、ポルトガルのカロリーナ米を使っていると強調していたアンコウ入りのリゾット。
2400円もする料理なので、当然鍋で出てくるかと思ったら、普通に皿に入れて出してきた。
見ての通り、ポルトガルらしからぬ少量っていうか、ごく普通の1人前。

米が多いだけなら嬉しくないが、具材も見ての通り少ない。って、アンコウとコリアンダーの葉っぱしか入っていないではないか!
アンコウは、今回の旅で何度か食べているが(例:O Lar de Manolo)、これもひどい。



そのアンコウかき集めて撮った写真だが(黒い粒は味を変えるために胡椒を掛けたもの)、単にサイコロ大にカットして下茹でしてあったものをスープに放り込んだだけ。
味が良ければ救えるが、少しトマト風味のある魚の出汁が足りないスープという感じで、リゾットも半炊きの米を後からスープに加えただけで、味が浸みていない。
不味いというほどでは無いけどレベル低すぎ! 高くて内容が無いという最悪のパターンだった。


この店、Google Mapでやたら口コミ数が多い上に(ホテルレストランが掲載されていること自体が少数派)、4.3点と高評価だったが、投稿写真で疑ってはいたものの、ステマであることを確信してしまったほどだ。

日曜日泊ということで宿泊客が少ないこともあるだろうが、店内の客はゼロ。特典のドリンクバウチャーの利用をバーでしか使えないと拒否されてしまったのも初めてで、隣のバーでその後の様子を見ていたが、結局誰一人と客は入ってこなかったのだ。


※メニュー:コペルト前菜スープ郷土料理パスタ・ベジデザート

【店舗詳細情報】
店名:Vasco da Gama
電話:210-044-000
営業:12:30~15:00、19:00~22:30
定休:無休
住所:de António José de Almeida 28A, 1000-044 Lisboa
GPS:38.738067, -9.141122(☞ Bing Map


ポルトガルの訪問レストラン一覧(地域別ランキング順)
 

【ポルトガル国立鉄道博物館 [Museu Nacional Ferroviário] の風景】

※入場料:5.00€(鉄道で来訪の場合は50%引 [Bilhete Comboio + Museu 50% desconto] ☞ 料金表掲示
※Web Site:Fundação Museu Nacional Ferroviário
※営業:10:00~18:00
※定休:月曜日、1/1、5/1、12/25、Easter Sunday
※地図:Google Map(博物館入口GPS: 39.464264, -8.474324)

まずは、ちょっと分かりにくいEntroncamento駅からの行き方と帰りの注意点。
荷物はチケットブースで無料で預かってくれるので、リスボン~ポルト/コインブラの移動途中に立ち寄ることも可能。(Entroncamento駅までの切符を持っていれば入場料金が半額になることを知らなかったが、荷物を預けたので便宜的に適用してくれたみたいだ。Thanks!!)


■行き
1.列車で到着したら、①~④に間にあるホーム連絡橋を渡って①のポイントに移動
2.①から②へホームを通って跨線橋に移動
3.②から③へ渡る
4.③で階段を降りたら、すぐ横の自動車通行不可の細い道を博物館敷地に沿って移動
 車道に出た左手が、博物館の入口
■帰り
5.切符を持っていれば②から①の先にある大きなホーム建物に移動し、乗車列車の発車番線を確認
(注:この建物に切符売場が無いので注意! 他の駅ではあるのが普通なので騙された)
6.切符を買う必要があれば、④まで渡り切って赤線の先にある駅舎で購入してから④から①のホーム連絡橋で発車ホームに渡る

なお、ホーム連絡橋も跨線橋も必要以上に高く設置しているので、階段の上り下りが大変であることは覚悟しておこう。


▲左:跨線橋からも扇型車庫と転車台が見える  右:簡素な入口建物(手前は最初の屋外展示)


▲入場後の最初は映像コーナーで、鉄道最高速度の歴史を流していた


▲その次は、お決まりの雑貨・備品類の展示


▲左:日本では見ない昔の車掌用発券機  右:日本には存在しない昔の改札機(刻印機)


▲日本にも存在した改札鋏(昔はバリデート方式ではなかったのかも?)


▲建物の外に出ると、Mirror Mirror on the Wallと題した全面銀塗装列車と特殊貨車がお出迎え


▲その先の島には食堂車。ご丁寧にベンチとテーブルを外に置いてあるのでピクニック用?


▲現役線路(構内車輌基地用)を渡って、扇型車庫へ裏側から入る


▲車庫は新築コンクリート造りで味気ないが、再塗装していないSLもいっしょに展示しているのは??



▲転車台はぜんぜん利用していないみたい。客が少ないから仕方ないか。


▲左:一番奥にある車両復元再生工場(?)  右:右側の大きな建物はいわゆる車輌工場風



▲まずは復元再生工場側から。SLどうやって再生するのか?


▲左:その横にあった意味不明の展示  右:一番奥にはまたまた貨車がデンと展示

以下、大きな車両工場風の建物の中から。













関連記事

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて30年。
現在 67ヵ国を訪問
49ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
12月:台湾㊳:宜蘭・羅東
年越:ベトナム⑩:ハノイ周辺
1月:インドネシア⑨:バリ島
1月:メキシコ③、台湾
2月:マレーシア⑮、ベトナム
3月:マレーシア
4月:イタリア⑲~ドイツ
5月:アメリカ⑮:ナイアガラ
6月:台湾㊵:(芒果かき氷)
7月:イタリア⑳:南チロル
丸数字:累計訪問回数

カテゴリ
最新記事一覧
マレーシア/ペナン・ジョージタウン: 大東酒樓(Tai Tong Restaurant) 2019/12/06
ミャンマー/ヤンゴン空港: KFC Yangon Airport店 2019/12/06
ミャンマー/ヤンゴン: Imperial Garden Myanmar Plaza店 2019/12/05
ミャンマー/ヤンゴン: Titu's Indian Bistro Junction City店 2019/12/05
ミャンマー/ヤンゴン: MIN LAN Rakhine Food@Junction City Food StrEat 2019/12/04
ミャンマー/ヤンゴン: Kyay Oh Bayin 2019/12/04
ミャンマー/ヤンゴン: シャンキッチン [Shan Kitchen] 2019/12/03
ミャンマー/ヤンゴン: ビルマビストロ [Burma Bistro] 2019/12/03
ミャンマー/ヤンゴン: Wai Wai's Noodle Place 2019/12/02
ミャンマー/ヤンゴン: 203(Myanmar Curry Restaurant) 2019/12/01
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
44位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
18位
アクセスランキングを見る>>