FC2ブログ
« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »

ブルガリア/ソフィア(Sofia): Happy Bar & Grill Rakovski店

訪問: 2019/9/23 12:15
評価: 総合★★☆☆☆★★☆☆☆サービス★★★★☆雰囲気★★★☆☆CP★★☆☆☆
2年半前のバラ祭りの季節にレンタカーで回った際に(☞ 個人旅行で行くブルガリアのバラ祭り)、あまりにもあちこちで見かけたことに加えて、立派な寿司メニューまで用意されていたことから寿司を食べてしまった店。(☞ Happy Bar & Grill Mladost店



寿司は海外のファミレス的なチェーン店としては優秀だったけど、本来の地元料理はどうだろうと試してみることにした。何しろ、いつ見ても客がそれなりに入っているので、地元民には絶大な支持を受けているのだろうから、通常メニューも優秀なのではないかと期待してしまったのだ。

ちなみに、今回はギリシャ料理キャンペーン中。メニューの半分がギリシャ料理という半端ないキャンペーンで、日本のファミレスでやる○○料理フェアなんかとは全然規模が違うというか楽しめそうだ。(ロイヤルホストのバスク料理フェアで、あまりにも本場とかけ離れた、高くて酷い料理を食べさせられたのを思い出した)



テーブルに呼び出しボタンが置いてあるので、メニューをじっくり見てからボタンを押せばよいという点でも日本のファミレスと同じ。そうそう、ここのスタッフは大昔に流行ったアンナミラーズ(ちょっと調べたら高輪に1店舗だけ残っていたのはともかく、あの井村屋が運営しているんだと初めて知った)の制服を思い出すミニスカの愛想の良いオネエサン。

ドリンクは、ブルガリアらしくヨーグルトドリンク1.99lv(≒120円)にしたが、どこで飲んでもソフトドリンクよりも安いし味も同じ。日本だとヨーグルトどころか牛乳でもメーカーによって全然味が違うのに。



Burrata with Avocado(350g 9.99lv≒620円)
Italian buffalo cheese, peeled tomatoes, avocado, aruugula, Pesto, balsamic reduction


前菜は、当然ながらブッラータ。(笑)
春のポーランドでもあったが(☞ Restauracja Puzzle Smaku、他)、ここまで東欧にブッラータチーズが普及しているとは思わなかった。しかも、日本の寿司にこだわる店だけあって、ブッラータチーズも本場イタリア産を使用とのこと。



しかし、ブッラータチーズを半分に割って広げたものを乗せてくるのはどうだろう。おまけに、たっぷりのオリーブオイルを掛けてあったが、これが安物で味が無い。

正直、どこがイタリア産なのかと思える品質、すなわち皮の中身にある濃厚なクリーム感とフレッシュモッツアレラの融合した食感と味わいに欠けるものだった。これなら、ヴェリコ・タルノヴォ(Veliko Tarnovo)Casa Di Biancoで食べたギリシャ産のブッラータの方がマシだ。

そういえば、Casa Di Biancoのメニューを見て、この店を真似ているのかと書いていたが、実はつながりがあったりして?



Granny's Meatballs with Mushroom Sauce(390g 8.99lv≒560円)
with roasted potatoes and spring onions


メインは、七面鳥のステーキをお願いしたら、無いと。他にも無いものばかり。
どこの国か忘れたが、立派なメニューを提示する全国チェーンの店で取り扱い無しだらけというのを何度か経験したことがあるので、日本企業は優秀というか真面目過ぎかな?
いや、細かなことを許容しない国民性に問題があるのかもしれない。(人のことは言えないのは、重々承知)

代わりに選んだのは、Bestsellerと書かれていた安いミートボール。
この記事を書くためにメニューをチェックしたら、0.30lv(≒20円)安い請求だった点でも、日本とは違うな。



しかし、どこが売れ筋なのかと思えるほど美味しくない。豚肉メニューから選んだはずなのに、お味は淡白な鶏むね肉ベース。
自称マッシュルームソースも、安っぽいグレービーソースという印象で、やっぱりファミレスだなぁと思うレベルだ。




ということで、ソフィア空港のボーディングブリッジの広告が全部この店のものだったほどブルガリアでは有名なチェーン店だが、自国料理よりも他国料理を食べたほうが良いのではないかと思った次第。

特に、前回食べた寿司は、外国で食べる寿司としては優秀だと感じたので、日本食が恋しくなった時に寿司を食べに来るのが良いかと思う。この店の影響か、ブルガリアでは寿司店をあまり見かけなかったのだ。つまり、世界にはびこる中国人や韓国人が開いた似非寿司店では対抗できない品質だからだと思う。


※メニュー:サラダ前菜パン・パスタ肉①デザートドリンク①フェア①

【店舗詳細情報】
店名:Happy Bar & Grill
電話:0700-20888
営業:11:00~24:00
定休:無休
住所:Georgi S. Rakovski 145A, Sofia
GPS:42.692026, 23.326178(☞ Bing Map


ブルガリアの訪問レストラン一覧
関連記事

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて30年。
現在 67ヵ国を訪問
49ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
12月:台湾㊳:宜蘭・羅東
年越:ベトナム⑩:ハノイ周辺
1月:インドネシア⑨:バリ島
1月:メキシコ③、台湾
2月:マレーシア⑮、ベトナム
3月:マレーシア
4月:イタリア⑲~ドイツ
5月:アメリカ⑮:ナイアガラ
6月:台湾㊵:(芒果かき氷)
7月:イタリア⑳:南チロル
丸数字:累計訪問回数

カテゴリ
最新記事一覧
マレーシア/ペナン・ジョージタウン: 大東酒樓(Tai Tong Restaurant) 2019/12/06
ミャンマー/ヤンゴン空港: KFC Yangon Airport店 2019/12/06
ミャンマー/ヤンゴン: Imperial Garden Myanmar Plaza店 2019/12/05
ミャンマー/ヤンゴン: Titu's Indian Bistro Junction City店 2019/12/05
ミャンマー/ヤンゴン: MIN LAN Rakhine Food@Junction City Food StrEat 2019/12/04
ミャンマー/ヤンゴン: Kyay Oh Bayin 2019/12/04
ミャンマー/ヤンゴン: シャンキッチン [Shan Kitchen] 2019/12/03
ミャンマー/ヤンゴン: ビルマビストロ [Burma Bistro] 2019/12/03
ミャンマー/ヤンゴン: Wai Wai's Noodle Place 2019/12/02
ミャンマー/ヤンゴン: 203(Myanmar Curry Restaurant) 2019/12/01
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
44位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
18位
アクセスランキングを見る>>