FC2ブログ
« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »

ブルガリア/ソフィア(Sofia): Moma Bulgarian Food and Wine

訪問: 2019/9/22 18:45
評価: 総合★★★☆☆★★★☆☆サービス★★★★☆雰囲気★★★★☆CP★★★☆☆


街歩き中にオシャレな洋館レストランを発見。この店、確か2年前にも来たものの営業開始前だったのか入れなかった記憶があるので、今度こそはと中に入ってみたものの、客はもちろん店員も誰もいない。(奥まで入り込めばいたのかもしれないけど・・)



悔しいので夜に出直し。
今度はテラス席に客が一組いたので店内に入ると、ちゃんとスタッフが出迎えてくれた。



ドリンクはダイエットコークを氷付きで。
うん、外観で期待した通り、サービスも含めて高級店仕様。




最初に出てきたのは、昨晩のManastirska Magernitsaと同じようなスパイス塩付きのパン。



スパイス塩がなんともバランスの悪いもので、パンも含めてManastirska Magernitsaの方が断然水準が高いことが分かってしまった。
この段階で、料理に期待は出来ないかなぁと思ったわけ。タダとはいえ、アミューズは重要だ。



Stewed Aromatic Forest Mushrooms(180g 9.90lv≒610円)
Porcini, chanterelles, common (button) mushrooms, oyster mushroom, herbs and spices


前菜からは、ポルチーニの文字を見つけてキノコの煮込みをお願いしたのだが、煮込みでは無くてソテーが出てきた。しかも、見た目ほとんどマッシュルームばかり。
ヴェリコ・タルノヴォ(Veliko Tarnovo)Brasserie Kambanataで風味抜群だったポルチーニの再現を狙っていたので、がっかりだ。



全種類のキノコが見えるようにして撮ってみたが、お目当てのポルチーニあるのかなぁ。
左端のがそれっぽい気もしたが、8割が普通のマッシュルームで15%がジロール、残り5%が一番期待していたポルチーニ(?)とヒラタケといった構成。入っていないに等しいポルチーニを先頭に書くなよ!



Homemade Vegitarian Stew(360g 12.90lv≒800円)
Made with grilled aubergines, zucchini and tomato - all filled with bulgur, herbs and spices


メインには、ベジタリアンシチューをチョイス。
東欧料理は煮込みが旨いという判断からだが、ここでも出てきたのはシチューではなかった・・



トマトの中身をくり抜いて穀類のリゾットを詰めた料理は、煮込みというよりは単に数分茹でただけのトマトというレベル。



茄子の周りをしっかり焦げるほど焼き、中身をくり抜いた後にトマトの中身と同じ穀類リゾットを詰めた料理もシチューではないよなぁ。



ただ、鍋の底の部分にはパエリアのようなおこげが残っていたので、認識できなかったものの煮込料理ではあったようだ。



"BAKLAVA" - Balkan Dessert(180g 7.90lv≒490円)
with home-made pastry and pistachio, served with mousse of "Bozo"/traditional Bulgarian nonalcoholic drink made of flour and bron/ and white chocolate


肉を頼まなかったので、デザートも最初からお願いしておいた。
もちろん選んだのは、季節料理の中に記されていた大好物のバクラヴァだ。日本では食べることが出来ないので、優先的に頼んでしまう。

しかし、明記されていたとはいえ、ホワイトチョコというかクリームソースをかけたバクラヴァは初めて。



おまけに、カットした断面を見れば、どこがバクラヴァなのかと言えるもの。
バクラヴァなら、巻いてあるクレープ生地の部分は揚げてシロップ漬けされたもののはずなのに、普通のクレープ生地という感じで、中の餡がピスタチオであるという点だけがバクラヴァと同じもの。

例の甘いシロップの代わりにホワイトチョコもとい、たいして甘くないミルクソースでは、全く別物のデザートだ。
最初のポルチーニといい、シチュー表記のソテーに、この自称バクラヴァと、ずいぶんと裏切ってくれるではないか。




帰りにテラス席を見ると、客は3組だけ。店内も10人位のグループ客を除けば、私ともう一組だけと、キレイな店なのに閑散としていたのは、料理が評価されていないからだろう。
ブルガリア語版のメニューには正しく表記されているのかもしれないが、味と内容が伴っていないことは確かなので、地元客が敬遠しているのだろうと思ったしだい。


※メニュー:店の案内2人用コース季節料理サラダ前菜・メインBBQドリンク①

【店舗詳細情報】
店名:Moma Bulgarian Food and Wine
電話:088-562-2020
営業:11:00~23:00 ←実際はランチ営業していない雰囲気
定休:無休
住所:Solunska 28, Sofia
GPS:42.692999, 23.318731(☞ Bing Map


ブルガリアの訪問レストラン一覧
関連記事

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて30年。
現在 67ヵ国を訪問
49ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
11月:ミャンマー②,他
12月:台湾㊳:宜蘭・羅東
年越:ベトナム⑩:ハノイ周辺
1月:メキシコ③、台湾
2月:マレーシア⑮、ベトナム
3月:マレーシア
4月:イタリア⑲~ドイツ
5月:アメリカ⑮:ナイアガラ
6月:台湾㊵:(芒果かき氷)
7月:イタリア⑳:南チロル
丸数字:累計訪問回数

カテゴリ
最新記事一覧
ポルトガル/タヴィラ[Tavira]: Petisqueira Belmar 2019/11/19
ポルトガル/タヴィラ[Tavira]: Tavirense +焼き栗@屋台 2019/11/18
ポルトガル/モンテゴルド[Monte Gordo]: Vasco da Gama Hotel 2019/11/17
ポルトガル/タヴィラ[Tavira]: Restaurante Zeca Da Bica 2019/11/16
ポルトガル/ファーロ[Faro]: Taberna Modesto 2019/11/15
ポルトガル/ファーロ[Faro]: À do Pinto 2019/11/14
ポルトガル/Holiday Inn Lisbon: Restaurante Vasco da Gama+国立鉄道博物館 2019/11/13
ポルトガル/フィゲイラ・ダ・フォス[Figueira da Foz]: O Forninho 2019/11/12
ポルトガル/フィゲイラ・ダ・フォス[Figueira da Foz]: Cervejaria Sagres 2019/11/11
ポルトガル/ビゼウ[Viseu]: Tasquinha da Sé 2019/11/10
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
45位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
16位
アクセスランキングを見る>>