FC2ブログ
« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »

ブルガリア/ヴェリコ・タルノヴォ(Veliko Tarnovo): Shtastliveca [Щастливеца] Old Town店

訪問: 2019/9/17 13:00
評価: 総合★★★☆☆★★★☆☆サービス★★★★☆雰囲気★★★★★CP★★☆☆☆

▲ツァラベツの丘(ツァレヴェッツ要塞 [Царевец|Tsarevets Fortress]

ヴェリコ・タルノヴォに来た理由は、愛読しているayaさんの旅レポートの記事で、ツァラベツの丘(ツァレヴェッツ要塞 [Царевец|Tsarevets Fortress])の巨大な城壁に惹かれたからだが、昨日は有料区域手前から拝んだだけだったので、今日はしっかり中に入って全域を歩き回ってきた。

世界各国の城壁を見てきているが、確かに写真では表せないスケールの大きさに圧倒させられた。ただ、大好きな城壁歩きが100m位しかできなかった点と、反対側には何も残っていない(元々何もない?)点では残念。



要塞というか城跡を見た後は、当地で抜群の人気を誇っていたレストランでランチをいただくことにした。



店員に「1人だけど席はある?」と聞くと、人気のテラス席まで行って確認してくれて、ちょうど空いていた眺め抜群の席に案内してくれた。普通、オッサンひとりのためにこんな特等席を案内してくれることは無いのだが(しかも、東洋人ならなおさら)、琴欧州が近隣の街出身という事で日本人と認識してくれたのかな?



Mixed Village Salad(350g)(7.90lv≒490円)
Tomatoes, cucumbers, red onions, sweet peppers, seasoned with olive oil and oregano, garnished with feta cheese and marinated olives


まずは、前菜からビレッジサラダと称したものをチョイス。
トマト・胡瓜・フェタチーズという組み合わせは、セルビアで食べまくったショプスカサラダの材料だが、大きくカットしたまま別々に乗せてきた。



この中での注目は、肉のタルタルに見えないでもない野菜のタルタル(?)。



内容が分かるように広げて撮ってみたが、マリネしたパプリカに茄子とハーブがベース。
トルコ料理にメゼにありそうなものだが、トルコ料理と違う点は味が決まっていない事。つまり、食材を刻んで混ぜただけで、味を引き立てる術を持っていない感じなのだ。



ヨーグルトに近いチーズに少しだけナッツを加えて練ったものも、単なるチーズから抜け出していない印象。
オリーブオイルを中央に垂らしてあるが、これもまったく役立たずという感じ。



Lamb Kebab (Adana Kebab)(300g)(14.80lv≒920円)
Served with tomatoes, strained yoghurt with walnuts and feta cheese, pan-fried sweet peppers(lightly spiced) with garlic, parsley and oregano


メインは、ブカレストの最後にレバノン料理店(☞ こちら)で食べたアダナケバブがあったので、食べ比べ。



ここにも、先ほどのサラダと同じチーズペーストと辛くない青唐のピクルスがが乗っていたが、右上の白いものは、チーズではなくサワークリームだった。



肉を串から外して断面を撮ってみたが、レバノン料理店で食べたものと違って肉以外の混ぜ物が多いうえに、単にコスト削減を目指したような感じでいまいち美味しくない。別にソースを頼まなければいけないのかなぁ。

先にレバノン料理店で食べた肉たっぷりの印象が強かったからかもしれないが、これだけ人気のある店の料理とは思えない内容なのだ。テラス席は全体のわずかしかないので、他の要因で人気と混雑を勝ち取っている気がするが、何を頼めばよかったのかなぁ。




お会計は、ドリンクを含めて24.90lv(≒1550円)也。
中心部のバス停前で売っていた美味しそうなピザ1カットが1.50lv(≒95円)という物価の中で、観光客向けの店は割高だなぁとは思うものの、味はともかく抜群の景色を楽しめたことから、そこそこ満足して店を出ることが出来たのは事実だ。


※メニュー:前菜①②・メイン①②・パスタ・リゾット・サイドピザドリンク

【店舗詳細情報】
店名:Shtastliveca [Щастливеца] Veliko Tarnovo Old Town店
電話:062-600-656
営業:11:00~24:00
定休:無休
住所:Stefan Stambolov 79, Veliko Tarnovo
GPS:43.084571, 25.635888(☞ Bing Map


ブルガリアの訪問レストラン一覧
 

【ツァレヴェッツ要塞 [Царевец|Tsarevets Fortress] の風景】

▲前日夕方の入口から見た全景(この先有料)(☞ 入場案内掲示入場券


▲翌日午前中に有料入場(右は、入口側を振り返って撮ったもの)


▲対岸の丘にある「トラペジツァ要塞[Трапезица]」を含めた全域図(↑ クリックで大きな画像が開きます ↑)


▲左:東南端にある塔(☞ 再現図掲示)  右:入口から来た道を振り返る


▲入口側に戻って北端方向を拝む


▲その前に、丘の中央頂上にある教会へ(☞ 再現図掲示


▲左:教会入口  右:教会の中

 
▲裏の塔に1981年製のエレベータで昇れる(2lv≒120円)(☞ 案内掲示


▲塔の上から  左:南側  右:西側(要塞入口、旧市街方向)


▲塔の上から  左:お隣のトラペジツァ要塞全景  右:先ほどの東南端の塔と下にある施設


▲教会の北隣にある王宮跡再現図




▲王宮跡


▲北端にある修道院跡再現図


▲修道院後


▲左:先端にある世捨て岩  右:先端から下を覗くと、吊り橋っぽい橋が見えた


▲左:西側城壁沿いを歩いて戻ろう  右:この付近だけ城壁歩きが出来た


▲右:この塔は1976年と年号が入っていたけど、実際は数年前築じゃないかなぁ?




▲最初の入口部分に戻ってきた


▲改めて、有料区域入口からお昼過ぎの全景(↑ クリックで大きな画像が開きます ↑)

詳しい解説は、ayaさんのブログ旅レポートの、ブルガリア・ベリコタルノボ(ツァラベツの丘①)ブルガリア・ベリコタルノボ(ツァラベツの丘②)を読まれることをお勧めする。ツアー参加で当地に来られた場合のノウハウもあるので、個人旅行でなければ必見!
関連記事

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて30年。
現在 67ヵ国を訪問
49ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
12月:台湾㊳:宜蘭・羅東
年越:ベトナム⑩:ハノイ周辺
1月:インドネシア⑨:バリ島
1月:メキシコ③、台湾
2月:マレーシア⑮、ベトナム
3月:マレーシア
4月:イタリア⑲~ドイツ
5月:アメリカ⑮:ナイアガラ
6月:台湾㊵:(芒果かき氷)
7月:イタリア⑳:南チロル
丸数字:累計訪問回数

カテゴリ
最新記事一覧
マレーシア/ペナン・ジョージタウン: 大東酒樓(Tai Tong Restaurant) 2019/12/06
ミャンマー/ヤンゴン空港: KFC Yangon Airport店 2019/12/06
ミャンマー/ヤンゴン: Imperial Garden Myanmar Plaza店 2019/12/05
ミャンマー/ヤンゴン: Titu's Indian Bistro Junction City店 2019/12/05
ミャンマー/ヤンゴン: MIN LAN Rakhine Food@Junction City Food StrEat 2019/12/04
ミャンマー/ヤンゴン: Kyay Oh Bayin 2019/12/04
ミャンマー/ヤンゴン: シャンキッチン [Shan Kitchen] 2019/12/03
ミャンマー/ヤンゴン: ビルマビストロ [Burma Bistro] 2019/12/03
ミャンマー/ヤンゴン: Wai Wai's Noodle Place 2019/12/02
ミャンマー/ヤンゴン: 203(Myanmar Curry Restaurant) 2019/12/01
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
44位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
18位
アクセスランキングを見る>>