FC2ブログ
« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »

ビジネスクラス機内食/キャセイパシフィック航空: 香港(HKG)⇒スラバヤ(SUB)

搭乗:2019/8/22 14:10発 CX779便
評価点:総合★★★★☆★★★★☆サービス★★★★★雰囲気★★★★★
香港でのトランジット時間は、実質わずか40分。


▲左:Food Hall嚐味坊  右:Bar悠然吧


▲左:Noodle bar風味坊  右:Teahouse茗茶坊

3月でワンワールドエメラルド会員資格が切れ、4月以降は4か所あるビジネスクラスラウンジのうち3か所を使っていたことから、今回は最後に残っていた「The Pier 玉衝堂 Business Class Lounge」がターゲット。



昔、お気に入りだった「The Cabin」ラウンジが無くなってしまい、そこにあったイタリア料理系(☞ 2012/1の内容)が他の3か所のラウンジでは存在しなかったので、無くなってしまったと思っていたのだが、こちらのラウンジに移ったようだ。




朝は小籠包と肉燥飯、先ほどの機内食と食べ続けているうえに、この後は中距離路線の機内食が控えていたので、トマトと葉っぱにラザニアを盛ってもらった。



「Teahouse茗茶坊」にあったエッグタルトも美味しそうだったので、時間が無かったことからその場で立ち食い。

質の面では昔の印象と比べてやや落ちてしまった印象だが、他の3か所よりは断然良いことが確認できた。ファーストクラスラウンジでもここのが1番だったので、次回からはThe Pier一択で利用しようと思う。

*****



機材は先ほどと同じA330-300型機だったが、ファーストクラスの無い長距離路線仕様の1-2-1配列でゆったり。

離陸前のウエルカムドリンクは、先ほどと名称ベースでは同じChathay Delightをお願いしたが、こちらはキウイフルーツベースだった。これも美味しい。
おしぼりのサービスも、離陸前のこの段階。他社も含めて最近主流みたいだ。




ということで、離陸後の食前酒でも同じChathay Delightをお願いしてしまった。

おつまみは、温められたアーモンドとカシューナッツ。袋入りでナッツがほとんど含まれていない安物おつまみを出す日系の航空会社とは違う。ちなみに、温めてくるかこないかの違いはあるものの、短距離路線でもナッツだけの構成で出してくる航空会社は多い。




中距離路線扱いなのか、白の布のテーブルクロスが敷かれ、前菜のトレイが最初に運ばれてきた。



Assorted bread and butter
Seasonal mix salad balsamic vinaigrette

パンは、バスケットの3種から選択。やっぱりガーリックトーストをチョイス。



Smoked duck, apricot compote, creamy celeriac and green apple salad

前菜は、リンゴと鴨の燻製という変わった組み合わせ。それもスライスリンゴではなく、皮付きのまま16等分にカットしたリンゴを、カプレーゼみたいに交互に挟んで供してきた。

正直、リンゴと鴨の燻製が合うとも思えないし、どういったセンスで出してきたのか疑問を感じる皿。
鴨とリンゴの下に敷かれている根セロリのサラダは美味しかったので、ちょっと残念。



Wok fried prawn with chilli sauce, mixed vegetables and steamed jasmine rice

3択のメインは、先ほど洋食を選択して失敗しているので中華の海老料理。香港なら海老一択だろう。



ところが、香港の海老料理らしからぬ出来栄えでガッカリ。
海老はプリプリしていないし、チリソースは醤油味が濃すぎ。付け合わせ野菜も何も細工していないと、どちらかというと不味い料理だった。



Fourme d'Ambert, Tomme

メインの後は、長距離路線みたいにチーズとフルーツがワゴンサービスで出てきた。
さすがにお腹いっぱいで、チーズはフルム・ダンベールとトムだけにしたのだが、色合いからチェダーチーズだと思ったルブロション[Reblochon]が半ウオッシュタイプのチーズだったらしく失敗した。全部頼んで、無理だったら残せばよいのに・・



Fresh seasonal fruit

もらうつもりのなかったフルーツも、勧められてしまっていただくことに。
左のはリンゴだと思って要らないと言ったら、ピーチだというので。先日スイスのスーパーで買って食べたのと同じ感じで、皮ごと食べる硬い桃。



Ice cream

最後はハーゲンダッツ。キャセイのハーゲンダッツは、いつもフランス産のマークが付いている。
3種類の中から選ばせてくれるので、食べたことの無いフローズンヨーグルトをチョイス。
もうお腹いっぱい過ぎで、スラバヤでの夕飯はパスだ。


あと数分で降下開始との機長アナウンスが入った後、熱々のおしぼりサービス。
メインの海老料理は残念だったが、いつもの通りサービスは日系よりも良い感じだった。(日本以外のアジアの主要航空会社、つまり順不同でキャセイ・エバー・シンガポール・マレーシア・ガルーダの方が、客1人当たりのCAの人数が多い分だけサービスが良いと思っている。日本の航空会社のサービスが良いと言っている人たちは、日本語で頼めることを評価しているか、日系しか乗ったことが無いのだと思う。ただし、ビジネスクラス限定の話で、エコノミークラスは別)


※メニュー:英語版①③・中国語版

40社搭乗して比較したビジネスクラス機内食レビュー&ランキング
関連記事

テーマ : ビジネスクラス機内食
ジャンル : グルメ

« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて30年。
現在 67ヵ国を訪問
49ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
12月:台湾㊳:宜蘭・羅東
年越:ベトナム⑩:ハノイ周辺
1月:インドネシア⑨:バリ島
1月:メキシコ③、台湾
2月:マレーシア⑮、ベトナム
3月:マレーシア
4月:イタリア⑲~ドイツ
5月:アメリカ⑮:ナイアガラ
6月:台湾㊵:(芒果かき氷)
7月:イタリア⑳:南チロル
丸数字:累計訪問回数

カテゴリ
最新記事一覧
マレーシア/ペナン・Tanjong Takong: Awanis Satay 2019/12/09
マレーシア/ペナン・Tanjong Takong: Taiba Shawerma Restaurant 2019/12/08
マレーシア/ペナン・Mercure Penang Beach: Restaurant The Ombak 2019/12/08
マレーシア/ペナン・Batu Ferringhi: Rubin Mardini Cafe & Restaurant 2019/12/07
マレーシア/ペナン・Batu Ferringhi: Apom Balik Station 2019/12/07
マレーシア/ペナン・ジョージタウン: 大東酒樓(Tai Tong Restaurant) 2019/12/06
ミャンマー/ヤンゴン空港: KFC Yangon Airport店 2019/12/06
ミャンマー/ヤンゴン: Imperial Garden Myanmar Plaza店 2019/12/05
ミャンマー/ヤンゴン: Titu's Indian Bistro Junction City店 2019/12/05
ミャンマー/ヤンゴン: MIN LAN Rakhine Food@Junction City Food StrEat 2019/12/04
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
45位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
16位
アクセスランキングを見る>>