FC2ブログ
« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »

ラトビア/リガ[Rīga]: 夏至祭[Līgo]2会場

訪問: 2019/6/23 18:30~20:30
評価: 総合★★★★☆★★★★☆サービスn/a雰囲気★★★★☆CP★★★★☆
前の記事と同じことを書くが、今日はリガから近隣地域に足を延ばすつもりだったが、市内フリー切符を買おうと交通局の英語版サイト(☞ Rīgas satiksme)を見たら、トップページに「On June 23 and 24 public transport in Riga will be free of charge, additional runs will be organized」との表示。
詳細ページを見ると festival days のためと書かれていたので、何か大規模なお祭りがあるみたいだと探った結果、夏至祭(リーゴ[Līgo])というイベントが行われることを発見した。(LiveRigaサイトに掲載されていたが、現在は削除されている)


▲左:南側ゲート(GPS: 56.948249,24.102083)  右:北側ゲート(GPS: 56.950669,24.099683)

スケジュール表では午後5時からイベント開催とあったので、とりあえず第1会場の 11.novembra krastmala にお昼過ぎに出かけて見たら、まだ準備中で客はほぼゼロの状況。



▲11.novembra krastmala会場の区画図と区画別スケジュール掲示

仕方ないので、ランチは近くのZviedru Vārtiで食べて、夕方に今度は第二会場側に行ってみた。




案内書に従って3番バスでDzegužkalnsで降りたものの、20人位降りた誰一人と会場までの道を知らないみたい。音が聞こえる丘の向こう側に行くのに、最初はみなさんと同じルートで向かったものの、結局丘を直線で乗り越えるルートで単独行動。後で、こちらの会場は20:00~28:30のスケジュールであることに気づいたので、全員観光客だったようだ。



それでも、数少ない屋台は営業を始めていて、Ligo名物(?)の花冠や草冠の販売も始まっていた。(第一会場よりも、こちらの方が安いみたいだ)




後で昼過ぎに行ってみた第一会場にも行ったが、ピクニックに使える公園ということで、雰囲気は断然こちらの方が良い。オールナイトイベントに参加するなら、足の心配はあるものの(一部バス路線は終夜運転すると、時刻表がバス停に張られていた)こちらの方がお勧めだだろう。



6.00€

ということで、Ligo1食目は、豚肉の炭火焼BBQとトマトと胡瓜のサラダを指差しで注文。
個々の値段が決まっているようで、BBQが5ユーロ、サラダが1ユーロ。



この豚肉だが、日本を含む他の国で食べた串焼きと比べて、非常に柔らかジューシーで美味しかった。
軽くハーブを使ったマリネ液の味が良いのだと思うが、この後2軒で食べた豚肉の串焼BBQの中で1番の美味しさだった。

正確な店名が分からないが、レシート(こんな会場でもレシートを発行するところが欧州らしい)に記載されている名称ベースで「SIA MALEJAS」とあった。



暗くなってきたら木の櫓に火をつけて騒ぐんだと思うが、この時期は午後11時頃になってようやく暗くなるので、第一会場に移動することにしよう。

*****



17:00からイベントが始まる第一会場は、すでに大勢の客で盛り上がっていた。



ショーが行われる場所も4か所あり、規模からして第二会場とは全然違う。




全部の店が炭火焼というわけでもないようだが、それでもちゃんとその場で生肉から炭火で焼いている店もあった。
ここは、店の数が数十軒あるので、じっくり見極めてから買うのが良いだろう。




選んだ店は、レシートベースで「SIR ROZITE A」。
こういった会場でも行列の出来る店と出来ない店に分かれていて、この店は15人程度の行列が出来ていた。
盛り付けを先にして、会計は店の左端のレジで行うという流れ作業で運営していたので、行列の長さ以上に人気のある店であることがうかがえた。



指差しでお願いしたのは、豚の串焼BBQと、リゾット風のもの。BBQは豚と鶏があるとのことで、第二会場で食べたものと比較するために豚肉でお願いした。


7.50€

お値段は、BBQが4ユーロでリゾット風のものが3.5ユーロと、付け合わせとメインの値段差がほとんど無かった。価格付きメニューも掲示されているが、ラトビア語表記ではまったく分からないので仕方ないか。
で、肉の味付けは先ほどの勝ちだが(これは好みの問題が大きいと思う)、肉が柔らかジューシーであることは変わらず。ラトビアの豚肉、結構美味しいのかもしれない。

あと、日本のイベント価格と比べると半額以下の価格設定なので、かなり安く感じてしまった。


イベントのメインは、どちらの会場も暗くなってから翌朝4時までらしいが、そこまでお付き合いする気は無いので、これで退散。
なお、23~24日は両日とも祝日扱いで、24日は街の多くの店がお休みになっていたので注意。


【イベント詳細情報】
第1会場:11.novembra krastmala
開催日時:毎年6月23日17:00~28:30(☞ 英語版スケジュール表
会場GPS: 56.948249, 24.102083~56.950669, 24.099683



第2会場:Dzegužkalns(公園)
開催日時:毎年6月23日20:00~28:30(☞ 英語版スケジュール表
会場GPS: 56.961946, 24.067833~56.961270, 24.067515

注:公式案内の3番バスDzegužkalns下車は、丘を乗り越える公園道が分かりにくい
  5番トラムのBuļļu iela下車ルートは、地図必須

※参考情報
ラトビア政府観光局公式ポータル
夏至祭"Līgo"(リーゴ)の準備市と太陽のチーズ(Meiさんのブログ「Pienene」の記事)
関連記事

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて30年。
現在 67ヵ国を訪問
49ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
12月:台湾㊳:宜蘭・羅東
年越:ベトナム⑩:ハノイ周辺
1月:インドネシア⑨:バリ島
1月:メキシコ③、台湾
2月:マレーシア⑮、ベトナム
3月:マレーシア
4月:イタリア⑲~ドイツ
5月:アメリカ⑮:ナイアガラ
6月:台湾㊵:(芒果かき氷)
7月:イタリア⑳:南チロル
丸数字:累計訪問回数

カテゴリ
最新記事一覧
マレーシア/ペナン・ジョージタウン: 大東酒樓(Tai Tong Restaurant) 2019/12/06
ミャンマー/ヤンゴン空港: KFC Yangon Airport店 2019/12/06
ミャンマー/ヤンゴン: Imperial Garden Myanmar Plaza店 2019/12/05
ミャンマー/ヤンゴン: Titu's Indian Bistro Junction City店 2019/12/05
ミャンマー/ヤンゴン: MIN LAN Rakhine Food@Junction City Food StrEat 2019/12/04
ミャンマー/ヤンゴン: Kyay Oh Bayin 2019/12/04
ミャンマー/ヤンゴン: シャンキッチン [Shan Kitchen] 2019/12/03
ミャンマー/ヤンゴン: ビルマビストロ [Burma Bistro] 2019/12/03
ミャンマー/ヤンゴン: Wai Wai's Noodle Place 2019/12/02
ミャンマー/ヤンゴン: 203(Myanmar Curry Restaurant) 2019/12/01
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
44位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
18位
アクセスランキングを見る>>