« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »

ドイツ/ライヒェナウ島(Reichenau): Riebels

訪問:[2011/7/24 18:15]
評価点:総合★★★☆☆★★★★☆サービス★★☆☆☆雰囲気★★☆☆☆CP★★★★☆
   ↓ 旅レコ(GPSLOG)で記録した移動ルート ↓
ルートマップ by 旅レコ 朝、ドイツのハイデルベルク(Hidelberg)を出てから(☞ こちら)、フランスのストラスブール(Strabourg)でお昼を食べ(☞ こちら)、この日の最終目的地であるドイツのライヒェナウ島に着いたのは午後5時半。

← クリックすると大きな地図を表示できます

スイスとの国境であるボーデン湖に浮かぶこの島、聞いたことが無いという方も多いだろうが、世界遺産に指定されているせいか、ドイツ版の地球の歩き方にもコラム程度のスペースで掲載されている地だ。

島にある宿の数が少ないこともあってメールで直接予約しておいたのだが、クレジットカード番号を要求されなかったうえに午後6時までに到着すると伝えておいたのだから、かなり焦った。朝から見どころ満載で、途中で迷ったら間に合わない状況だったからだ。

地球の歩き方には陸続きの島の入口にある聖ゲオルク教会(St. Georg)が最も重要で見ごたえがあるなんて書かれているが、小さな教会と修道院施設があるだけで見ごたえなんてまったく無い。見ごたえがあれば、周辺に観光客目当ての店が並んでいるはずなのに、レストランはホテル併設の店を含めて2軒だけ。あとはカフェが1軒しか無いのだ。

街の中心は、ここから1Km先にある少し大きな教会を中心とした対岸を結ぶ船が出ている港町だ。
観光情報を記した詳しい地図が、このページの最後に貼った公式HPからダウンロードできるので、行ってみようと思われる方は参考にしていただきたい。

外観

そんな辺鄙な立地なのに、異様に客が多く繁盛していたことから入ってしまった。ちなみに聖ゲオルク教会からは少し離れているので、この店を目当てにするか、私のようにあても無く散策しなければ行かないだろう立地。

店からの眺望(!?)
▲店からの眺望(!?)

レストランというよりは海辺にある簡易食堂といった趣だが、店内から湖の眺望は望めない。見えるのは目の前を走る車がほとんど通らない道路と、湖畔に生い茂る背の高い草だけ。

キッチンカウンター
▲キッチンカウンター

ドイツでは英語が通じないという苦労を味わったことが無いのだが、この島では泊まったホテルでも片言しか通じないし、この店でも話せる人が1人だけという状況。ドイツ人って、英語も普通に話せるものだと思っていたので、ちょっと予想外。(でも、ドイツ人の英語の発音は聞き取りやすくて助かる)

そんなわけで、サラダプレートに焼いた魚を乗せたものを提供しているだけというシンプルな構成であることを説明してくれ、その中で2種の魚を乗せた店の看板メニューである Riebel Spezial がお勧めという事で、それをお願いした。

Riebel Spezial
Riebel Spezial(€12.80)
zweierlei Filets inklusive einer Beilage nach lhrer Wahl


この写真だと大きさが分かりづらいが、大きい方の魚のサイズがスーパーで売っているゴマサバよりもやや大きいぐらい。つまり、半身2枚でゴマサバ1匹分ぐらいのボリュームだから、かなり食べごたえがある。
それよりも、野菜のスペースが大きいわけだから、野菜の量も相当なもの。

魚をアップ

軽く塩と香草をまぶして、オリーブオイルで焼いたようなシンプルな料理だが、柔らかいながらも締まりのある魚体の鮮度が光る。こういったシンプルな料理は、鮮度が良くなければ美味しくないものだ。客が集まっているだけの店であることがうなづける。

サラダの野菜が美味しい

なによりもサラダが美味しい。
翌日、改めて島内を歩き回ったが、島の半分は野菜畑といった感じで、何棟も連なる大規模な温室をあちこちで見ることが出来た。ホテルの横には野菜の直売所もあったので、毎日採りたての野菜を仕入れて供しているのだろう。

メニュー数は少ないし、掘っ建て小屋のような店で眺めも望めないことから総合点は中立としたが、そんな制限を気にしない方であれば十分お勧めできると思う。


※Diet Coke: €2.00
メニュー

【店舗詳細情報】
店名:Riebels
電話:07534/7663
住所:Seestr. 13 78479 Reichenau

大きな地図で見る


■ライヒェナウ島の風景■
観光業者の自己の利益のために世界遺産指定に血眼になっている地もある中で、ここは指定されて10年以上たつというのに、まったく観光化されて俗化している雰囲気の無いのどかな田舎町の雰囲気を保っている。
数えたことは無いが、少なくとも50か所以上は行っているはずの世界遺産で、こういった地は初めてだ。

島と陸を結ぶ道路は並木道になっている 聖ゲオルク教会
▲左:島と陸を結ぶ道路は並木道になっている(右側に自転車道も完備)  右:聖ゲオルク教会と花畑

Münster St. Maria und Markus St. Peter und Paul
▲左:Münster St. Maria und Markus  右:St. Peter und Paul

街の中心付近 温室群と対岸のスイス
▲左:街の中心付近(インフォメーションと博物館がある)  右:野菜栽培用の温室群と対岸のスイス

■参考サイト
公式情報サイト(Tourismus の Reichenau Plan に詳細地図あり)
NHK世界遺産|ライブラリー
関連記事

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて25年。
現在 62ヵ国を訪問
43ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
11月:北西部/フランス
11月:フーコック島/ベトナム
12月:Stuttgart,他/ドイツ
年越:ペナン,他/マレーシア
1月:レイキャビク/アイスランド
2月:メキシコ
3月:Sevilla,Málaga/スペイン
3月:台湾㉙、ベトナム
4月:マルタ②、イタリア
5月:ポーランド
6月:クロアチア②,スロベニア
7月:イタリア⑰、スイス
丸数字:累計訪問回数

国内の食べ歩きはこちら
カテゴリ
最新記事一覧
ビジネスクラス機内食/英国航空[British Airways]:ロンドン(LHR)⇒ダブリン(DUB) 2017/10/16
イギリス/レディング [Reading]: Riverside@クラウンプラザ 2017/10/15
イギリス/アシュフォード [Ashford]: Holiday Inn Ashford - North A20 2017/10/13
イギリス/Bodiam Castle: Wharf Tea Room@ボディアム城 2017/10/11
イギリス/クローリー [Crawley]: The Master Fryer 2017/10/08
イギリス/サウサンプトン [Southampton]: Holiday Inn Southampton 2017/10/06
イギリス/エクセター [Exeter]: Bill's (Exeter店) 2017/10/04
イギリス/Berry Pomeroy Castle: The Castle Café@ベリーポメロイ城 2017/10/03
イギリス/ティンタジェル [Tintagel]: King Arthur's Cafe 2017/10/02
フィリピン/セブ: Café Laguna (SM City Cebu店) 2017/10/01
フィリピン/セブ: Hukad (Ayala Center Cebu店) 2017/09/30
フィリピン/セブ: Mang Inasal (Parkmall店) 2017/09/29
フィリピン/セブ: Cebu's Original Lechon Belly (Parkmall店) 2017/09/28
フィリピン/セブ: Chika-an Sa Cebu (Parkmall店) 2017/09/27
フィリピン/セブ: The Mango Farm (Cebu J Centre Mall店) 2017/09/27
フィリピン/セブ: Tsiboom Native Restaurant (J Centre Mall店) 2017/09/26
ミニ情報:リガ空港~市街地の便利で安い路線バス移動方法詳細とリトアニア行きバス情報 2017/09/25
ビジネスクラス機内食/LOTポーランド航空: ワルシャワ(WAW)⇒成田(NRT) 2017/09/24
ポーランド/ワルシャワ [Warszawa]: Winosfera (Chłodna 31) 2017/09/23
ポーランド/ワルシャワ [Warszawa]: Express Döner 2017/09/22
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
60位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
20位
アクセスランキングを見る>>