FC2ブログ
« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »

ビジネスクラス機内食/エバー航空: 台北桃園(TPE)⇒バンコク(BKK)

搭乗: 2019/5/11 22:30発 BR061便
評価: 総合★★★★☆★★★★☆サービス★★★★☆雰囲気★★★★★
ポーランド旅行往路2便目は、エバー航空で台北からウィーンまで。
実は、予約した段階では気づいていなかったのだが、バンコク経由でウィーンに向かう便だったのだ。どうりで特典航空券で取れたわけだ。

経由地のあるビジネスクラス搭乗は初めてであることから、2つに分けてお届けしようと思う。
ちなみに、搭乗ゲートにはウィーン行など一言も書かれておらず、バンコク行となっていた。

最初は、台北からバンコクまでの部分。
所要時間は東京⇒台北とほぼ同じ3時間40分のフライトだ。



台北桃園空港のエバー航空ラウンジは、2年半前の台北桃園⇒香港便搭乗時以来だ。
スターアライアンスのゴールドステータスで入れるラウンジと、エバー航空の上級会員かビジネスクラス搭乗客しか入れないラウンジに分かれているが(厳密にはエバー航空の最上級会員しか入れないラウンジもある)、今回はエバー航空搭乗という事で「The INFINITY」を利用できる。



ざっと食べ物を見た感じでは2年半前の記憶よりもやや劣る印象で、それほど惹かれるものが無い。
この後3回も機内食が出てくるので、ここは軽くサラダだけ取ってきたが、せっかくなのでハーゲンダッツも追加。(2年半前はムーベンピック[Mövenpick] だったので、変わったみたい)
ここのラウンジ、カップ入りではなくて自分で好きに盛れるタイプのハーゲンダッツを置いてあるのだ。

*****



さて、バンコクまでは短距離路線という事で、アメニティは無し。
2日前からB777からB787-9型機に機種変更されたようで、嫌いな斜め配置の座席ではなく素直に正面を向いたタイプの最新型シートで良かったし、広々快適な空間。もちろんヘッドホンはノイズキャンセリング機能付だ。
シートに「Don't Disturb」ボタンが付いているのは初めて見た気がする。



安全ビデオは、なんとなくエールフランス(☞ この記事の中に写真を入れてある)の真似をした感じがしないでもない台湾人(?)のダンスユニットを採用したもの。ただ、エールフランスと決定的に違うのは、本来の安全ビデオの目的と全く違うものを見せる感じで、個人的には下手なダンスを見続けたくないと思えたものだった。これで安全守れるの?

特に紹介しなかったが、先ほどのANA便(☞ 成田⇒台北桃園)はお堅い内容から歌舞伎役者を使った凝ったものに変わっていて、大違いだった。



▲左:ウエルカムドリンク  右:食前酒(注:ダイエットコーク)

ウエルカムドリンクは、オーダー制。
キャセイパシフィック航空と、確か別にもう1社で経験があるが、珍しい。
アルコールはもちろん頼めるが、飲めない私はお決まりのダイエットコークをお願いした。
最近主流になってきたウエルカムドリンクといっしょにおしぼりが出てくるのは良いが、食事前に出てこないので日系の方がいいかな。

食事の選択肢の指定は、離陸前。
座席ごとに担当が決まっているわけではないようで、毎回中国語で話しかけられては英語で話してほしいとお願いする羽目になってしまった。そんなに中国人に見えるのかなぁ・・

離陸後の食前酒もダイエットコーク。(笑)
おつまみは、揚げせんべい・あられ・アーモンド・カシューナッツを皿に入れて出してきた。
袋のまま出してくるANAやJALは、見習うべきだろう。




短距離路線にもかかわらずテーブルクロスを敷いてくれたのは良かったが、前菜とカトラリーを乗せてトレーで出してきた点では残念。



ナプキンに包まれているカトラリーは、バターナイフ付きのフルセット。



塩胡椒は、カワイイ容器に入れてきた。



パンは後からバスケットで3種類持ってきたが、ガーリックトーストが台湾らしく粒々ニンニクたっぷり。しかも、両面にしっかり塗ってあるのだ。いいねぇ。(ニンニク大好き!)



Herb Scallop Terrine with Fruit Flavoured Quinoa Salad

前菜の皿の左は、メニューではホタテのテリーヌと書かれていたが、ホタテと言うよりは魚肉を混ぜたような感じ。なんとなくホテルの朝食か何かで食べた記憶があるもので、恐らく市販品か業務用出来合い品をカットしただけだろう。

右は、甘いキノアのサラダ。
フルーツ入りと書かれてる通りだが、味の決め手は果肉ではなくフルーツソースかな?


メインは、長距離路線のように前菜を食べ終わってから皿を片付けた後に持ってきてくれる。
先ほどのANA(エアージャパン)便のように、メインを保温シートで覆って出すのも手だと思うが、やはり前菜を食べ終えてからメインを出してくれた方が嬉しい。


Wok Fried Cod Fillet with Ginger and Scallion in Superior Soy Sauce
Mixed Vegetables
Capsicium and Zucchini Savoury Rice(特等池上米)


3択のメインからは中華系の魚料理を選んでみたが、失敗したかなぁ。



Wok Fried とあったので揚げ物とは予想していなかったのだ。
揚げた鱈にソースを軽くかけただけっていう感じの料理。

中央のご飯は欧風ピラフのような炊き込みご飯。
左の菜っ葉は、大蒜バターで炒めたものだった。



Fruit

デザートはケーキ類ではなく安直なフルーツ。
柿のような酸味の無い果物が嫌いなので、パパイヤは少し味見しただけでパス。
スイカとメロンは甘くておいしいものだった。


ということで、先ほどのANA便と比べると質的にはかなり落ちるものの、3時間強の短距離路線としては上等だろう。評価は、★4つが妥当という線になった。


※メニュー:食事ドリンクカクテル類

ビジネスクラス機内食 航空会社別レビュー&ランキング
関連記事

テーマ : ビジネスクラス機内食
ジャンル : グルメ

« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて30年。
現在 67ヵ国を訪問
49ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
10月:スペイン⑰,ポルトガル
11月:ミャンマー②,他
12月:台湾㊳:宜蘭・羅東・花蓮
年越:ベトナム⑩:ハノイ周辺
1月:メキシコ③、台湾
2月:マレーシア⑮、ベトナム
3月:マレーシア
4月:イタリア⑲~ドイツ
5月:アメリカ⑮:ナイアガラ
丸数字:累計訪問回数

カテゴリ
最新記事一覧
ルーマニア/クルジュナポカ [Cluj-Napoca]: Polo Restaurant+Cafe 2019/09/18
ルーマニア/オラディア [Oradea]: Allegria 2019/09/17
ルーマニア/ティミショアラ[Timișoara]: Miorița 2019/09/16
ルーマニア/ティミショアラ[Timișoara]: Restopub Zaza 2019/09/15
ルーマニア/ティミショアラ[Timișoara]: Belvedere@Hotel Timișoara 2019/09/14
ルーマニア/アラド[Arad]: Euphoria Biergarten Arad店 2019/09/13
マレーシア/クアラルンプール・Pavilion: Village Roast Duck 2019/09/12
インドネシア/ジョグジャカルタ・アジスチプト空港: Solaria Bandara Adisucipto店 2019/09/11
インドネシア/ジョグジャカルタ: Yani's Kitchen 2019/09/10
インドネシア/ジョグジャカルタ: Solaria Mall Malioboro店 2019/09/10
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
44位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
20位
アクセスランキングを見る>>