FC2ブログ
« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »

フランス/ペリグー[Périgueux]: l'Essentiel

訪問: 2019/4/4 19:30 ミシュラン1つ星店 (☞ MICHELIN Restaurants
評価総合★★★★☆★★★★☆サービス★★☆☆☆雰囲気★☆☆☆☆CP★★☆☆☆
フォアグラの街サルラ[Sarlat]から、代替バスに乗って通過しただけのペリグーに戻ってきた。
この街にはミシュラン星付店が2軒あるので、当日予約が取れれば両方を試す方針だ。



ホテルに到着してすぐにフロントで予約をお願いしたのが、街の中心にあるペリグー・サン・フロン大聖堂[Cathédrale Saint-Front de Périgueux]のすぐ横にある店。

さすがオフシーズンの平日ディナーとあって無事予約で来たのは良かったが、中に入ってみたら普通の食堂っていう感じ。ドアを開けてすぐの、レジ&作業カウンター兼グラス類の食洗器まで置いてある(実際、食事中に稼働させるのでうるさい!)10人しか座れない小さな部屋の席に案内されたのだ。外観の方が真っ当なぐらいだ。



今まで7軒ほどフランスのミシュラン星付き店で食べているが、ここまで食堂的な内装の店は初めてだ。ガイドブックに書かれているように、おしゃれして出かけたら浮いてしまうこと間違いなし!

街の中心にあるので事前に偵察に行って店頭メニューを確認しておいたが、渡されたメニューと同じであることを確認して、予定通り高い方のMenu Plaisir(83.00€/フルコース)をお願いした。プリフィックスだが、全部好みの食材を使った料理が含まれていたのだ。




飲めないので炭酸水をお願いするわけだが、高級店でしか見たことが無いお気に入りのシャテルドンChateldon(6.00€/750ml)が出てきた。
この段階で、料理の方には期待できそうだと思ったのは当然。

普通なら透明グラスが出てくるところ、なんと湯飲みが出てきた。
炭酸水を湯飲みで飲むのか・・まあ、問題ないけど。




ちゃんと温められて出てきたパンは、割と好みの味と食感。
バターと良く合うが、フランスなら無塩バターが普通のはずなのに、有塩バター。それも日本で売っているものよりも塩が濃いタイプだった。




アミューズは、ホワイトアスパラのムース。
トッピングとしてパルメザンのクッキーと黒ニンニクのアイスと言われた気がしたが、黒ニンニクって?
実際はニンニクという味では無かったものの、黒スグリという味でもなく不思議なお味。ホワイトアスパラ側の主張が物足りなかったので、結構良いアクセントになっていた。



Foie gras de canard grillé, figue rôtie, pommes granny en fine purée au miel et safran, une réduction de vinaigre de vin et Maury.

前菜はもちろんフォアグラ。
2種類あったのでグリルを選んだのだが(実は、もう一方の調理法が分からなかったのでリスク回避)、さすが1つ星店。



分厚いフォアグラで(実は、下に大根(?)を茹でたものを敷いてある上げ底だった)、やっぱりフォアグラのソテーはこれくらい厚くないと美味しくないよなと。



例によって断面写真だが、トロトロ濃厚なお味。やっと真っ当なフォアグラに出会えた。

ただ、添えられていたリンゴのピューレはまったく合わず。
ピューレはそのまま食べることにしたが、フォアグラの下に描くように塗ってあった定番の甘いワインソースが皿にへばり付いていて、あまり使えなかったのが残念。フランス料理のソースは、飾りではないと言いたくなる。



Demi homard bleu snacké à l’huile d’olive, coco de Paimpol au chorizo, gésier d’oie et couenne, les sucs des carapaces en sauce crémeuse.

魚料理は、もちろんオマールブルーをチョイス。
5年前にオマールブルー食べ比べをした時(☞ L'Orangerie du ChâteauRestaurant La ChaumineRestaurant Ivan Vautier)、さすがフランスで食べるオマールブルーは違うなと思ったものだ。



半身と書かれていたので、かなり小さい個体を使っていると予想していたが、予想よりは食べ応えのあるサイズで出てきた。もちろん、ソースの風味も抜群で、海老の出汁が良く出ている美味しいものだった。(スプーンが付いてきたのはありがたい)



肝心のオマールブルーだが、ちょっと微妙。
鮮度が良ければプリプリであることは確認済みだが、上の写真の左側でトロトロの食感が分かるだろうか。
確か、大昔にカナダのプリンスエドワード島で食べた脱皮直後のロブスターがこんな感じだった記憶があるのだが、甘みはあるものの食感が趣味でなかった。




オマール海老の付け合わせは、メニュー表示にいろいろ書いてあるけどよく分からず。
黒い粒々はトリュフだった気がするが、結構独創的なお味であるものの悪くは無かった。



Noix de ris de veau dorée au poêlon, un chou farci de foie gras, patate douce en fine purée et sauce Périgueux.

肉料理は、これまた大好物のリドヴォー。
いくらなんでも、食堂みたいな店で万札コースは高すぎるとは思ったものの、大好物3品が並んでしまうと安いコースを食べて後悔するよりは良いだろうと思ったわけだ。

房を細かくちぎってソースで絡めた料理の方が好きだが、普通に大きな塊で出てきた。



左の葉っぱの揚げ物はキャベツと言われた気がするが、白菜の方が近いかな。

その下には、前菜で食べたフォアグラとほぼ同じ。予想外に大きなサイズで乗っていたので、前菜・メインともにフォアグラのチョイスになってしまった。(2日前にLe Bistro de l'Octroiでも試している)


▲左:フォアグラの断面  右:リドヴォーの断面

フォアグラは前菜の皿と同じ質。リドヴォーも、ソースが美味しいのでしっかり絡めると美味。
ソースを邪魔するように敷かれていたグリーンアスパラも良かったが、太いホワイトアスパラもマルシェで出ているのは見ているので、ここはホワイトアスパラが食べたかった。(この組み合わせでは、合わないけど・・)





デザートはマロンを狙っていたのだが、季節ではないからイチゴになると口頭説明。
HPのメニューを放置するのは仕方ないが、店で渡されたメニューも書き換えないって、ちょっと怠慢では?



チョコレートにしようかと考えたものの、コーヒーが含まれているとのことで逆流性食道炎が怖いので、仕方なくイチゴをチョイスしたわけだが、結構凝ったものが出てきた。

波々加工されたメレンゲシートの上にパッションフルーツのクリームを土台にイチゴを5個配置。
イチゴの上は、白いのがメレンゲ、緑はバジルアイス、ピンク色はフランボワーズアイスという構成。



ボルドーでフランス産のイチゴだと書かれたパッケージをスーパーで買って食べているが、さすが1つ星店。ぜんぜん味が濃いではないか。
この店、内装やサービスは巷のレストランに毛が生えた程度だが、やはり味が評価されて星を獲得し続けているようだ。(10年以上星を獲得していることが、HPに書かれていた)

メレンゲも甘すぎることも無く、やや酸味の強いクリームと合わせて美味しくいただけた。
ただし、バジルアイスだけは私の趣味でない。最近よく遭遇するけど、美味しいと思う人が多いという事なのかなぁ?




デザートを頼んですぐにお会計をすることが多いが、ここは高級店。
食後のお茶を頼まなくても小菓子が出てくるだろうと待っていたら、やはり出てきた。



中央にマシュマロ、左は苦手な柑橘系の砂糖漬けコンフィチュール、右は超ミニサイズのカヌレ。
カヌレに関しては、本場ボルドーのLa Toque Cuivréeで食べたものの方が、圧倒的に美味しかった。




以上でお会計だが、低コストで運営している割には価格設定が高すぎるというのが正直な印象。
味の方は、過去試したミシュラン1つ星店の平均レベルはあると思うが、明日のランチにもう1軒のミシュラン1つ星店をHPから予約してある。(この日のランチしか取れなかったのだ)
その店と比較して、ペリグー周辺の店の水準を見極めたいと思う。少なくとも、当地がグルメの街という煽りは(サルラもペリグー地方に含まれる)今のところウソだと思っている。


※メニュー:Menu plaisir(66€/83€)Menu gourmand(47€/64€)Menu Dégustation(98€)表紙

【店舗詳細情報】
店名:l'Essentiel
電話:05 53 35 15 15
営業:12:00~13:30、19:30~21:30
定休:日曜日・月曜日
住所:8 rue de la clarté, 24000 Périgueux
GPS:45.184054, 0.722359 (☞ Bing Map


フランスの訪問レストラン地域別ランキング
関連記事

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて30年。
現在 67ヵ国を訪問
49ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
12月:台湾㊳:宜蘭・羅東
年越:ベトナム⑩:ハノイ周辺
1月:インドネシア⑨:バリ島
1月:メキシコ③、台湾
2月:マレーシア⑮、ベトナム
3月:マレーシア
4月:イタリア⑲~ドイツ
5月:アメリカ⑮:ナイアガラ
6月:台湾㊵:(芒果かき氷)
7月:イタリア⑳:南チロル
丸数字:累計訪問回数

カテゴリ
最新記事一覧
マレーシア/ペナン・ジョージタウン: 大東酒樓(Tai Tong Restaurant) 2019/12/06
ミャンマー/ヤンゴン空港: KFC Yangon Airport店 2019/12/06
ミャンマー/ヤンゴン: Imperial Garden Myanmar Plaza店 2019/12/05
ミャンマー/ヤンゴン: Titu's Indian Bistro Junction City店 2019/12/05
ミャンマー/ヤンゴン: MIN LAN Rakhine Food@Junction City Food StrEat 2019/12/04
ミャンマー/ヤンゴン: Kyay Oh Bayin 2019/12/04
ミャンマー/ヤンゴン: シャンキッチン [Shan Kitchen] 2019/12/03
ミャンマー/ヤンゴン: ビルマビストロ [Burma Bistro] 2019/12/03
ミャンマー/ヤンゴン: Wai Wai's Noodle Place 2019/12/02
ミャンマー/ヤンゴン: 203(Myanmar Curry Restaurant) 2019/12/01
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
44位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
18位
アクセスランキングを見る>>