FC2ブログ
« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »

フランス/ボルドー[Bordeaux]: Une Cuisine en Ville

訪問: 2019/3/29 13:00 (☞ MICHELIN Restaurants
評価: 総合★★★☆☆★★★☆☆サービス★★★☆☆雰囲気★★★☆☆CP★★★☆☆
パリに早朝到着し、モンパルナス駅までRERで移動(10.30€)。
そこからボルドーまでは、久しぶりのTGV。早割で25€(TGV Prem's)と、相変わらずフランスのTGVは安く利用できる。試しにモンパルナス駅の券売機で料金を見たら111€と4.5倍の価格だったので、仮に飛行機が遅れて乗れなくなり放棄することになっても惜しくない値段だ。

この早割券、フランス国鉄サイト(OUI.sncf)で購入出来る。昔と違って英語版もあるので予約が簡単になったし、使い勝手も抜群に良くなっていた。
間違っても日本語対応のレールヨーロッパ等の予約サイトを使ってはいけない。格安運賃が予約できないことも多いし、ローカル路線だと現地で直接購入する正規運賃よりも高いことが多いのだ。さらには別途手数料まで取るようだ。(使ったことが無いので不明)
交通機関の代理店予約のデメリットは、何かあった時の融通が利かない事。直接予約できないものは仕方ないが、直接予約できる場合は本家サイトを利用するのが欧州旅では鉄則だ。代理店予約の方が安いケースは、欧州に関しては見たことが無い。(航空券を除く)

今回は鉄道旅なので、アカウントを作って予約し、タブレットにアプリをインストールしておいたのだが(☞ フランス鉄道旅行に必須:便利で最先端を行くOUI.sncfアプリの紹介)、このアプリが便利で、事前に表示操作をしておけば、後でオフラインで操作しても改札を通過するためのQRコードを表示してくれるのだ。
私のように現地SIMやモバイルWiFiを使わずにホテルの無料WiFiだけであちこち旅する人にはフレンドリーな仕様。Google Mapのオフライン版と同じ発想で作り込んであるのだろう。

ホント、日本の鉄道事情が遅れていることを痛感させられる局面だ。フランスに限らず、欧州ほとんどの国はネット予約が簡単にできるし、メールで送られてくるPDF乗車券をスマホやタブレットで表示すればそのまま乗れる。過去ドイツ・ポーランド・スペイン・ポルトガルで実践経験済みだ。

6年前に通過ついでに少しだけ街歩きをしたボルドーだが、今回は4連泊してじっくり楽しもうというスタンス。市内交通のフリー切符が7日間用(Tickarte 7 Jours)で13.70€と格安だったのには驚き。トラム駅の券売機でカード払いで購入できる欧州ではよく見るICチップ内蔵のカードだが、乗るたびにピッとタッチすることを忘れずに。




最初の店は、安全策を取ってフランス専用のミシュランレストラン掲載店を選んだ。
ランチはデザートを加えても2€の差しか無かったので、Menu Déjeuner(19€/Entrée,Plat,Dessert)をお願いした。前菜・メイン・デザートそれぞれ2択のプリフィックスコースだ。



ホール担当は愛想の良いおばさん一人。
注文を終えると、パンと共に店名入りのオシャレなボトルで冷やしてある水が出てきた。
フランスのレストランは、高級店でない限り水は日本と同様に無料というのが嬉しい。



Marbré de canard comme un sandwich croquant...

前菜からは、鴨(Canard)の文字で選択判断した料理。
un sandwich croquantの意味が分からないが、どうも全体を隠しているトッピングの揚げせんべいみたいなものを指すみたいだ。

それを除けると、玉ねぎのピクルスとイタリアンパセリがテリーヌの上に乗せられていた。
サンドイッチって、テリーヌと煎餅で挟んであるから?



やっとテリーヌとご対面。
乱切りの肉片が鴨で、中央はフォアグラかと思ったら、単なる白レバーで残念。
まあ普通にいただけるレベルという感じで、ミシュラン推奨というレベルでは無いよなぁ・・



Saucisse de Toulouse dans un ragout de lentilles...

2択のメイン、もう一方が6€加算で日本の天婦羅なんて書かれていたので、消去法でこちらをチョイス。
今回の旅ではトゥールーズでも4連泊する予定だが、そこの名物であるソーセージをボルドーでいただくことになってしまった。

しかし、ソーセージよりも皿全面に敷かれているレンズ豆の煮ものの方が主張している。
トッピングの玉ねぎのピクルスとイタリアンパセリって、前菜と同じじゃないか!



メインのトゥールーズソーセージをアップ。
粗挽き肉の食感を期待したいところだが、粗挽きではなく普通のソーセージ。
トゥールーズソーセージの仕様がそうなのか不明なので、トゥールーズに着いたら絶対に食べなければ。



Ananas poché à la Passion, mascarpone citron

デザートは、マスカルポーネの文字に惹かれてパイナップルをチョイス。
パッションフルーツを加えた濃いジュースで煮込んだパイナップルに、マスカルポーネクリームをトッピング。さらにナッツの振りかけ(よく見るけど、名称は知らない)をまぶしてある。

少しだけ全部混ぜていただいてみたが、別々に食べた方が美味しかった。
ということは、店の水準を表しているかな?




客層が女性中心とあってか、ポーションも控えめ。
昔と違って小食になっているので、フランスで昼と夜をレストランで食べるのは量的に無理かと思っていたが、これなら夜も問題なくいただけると、今回の旅のテーマでもあるフォアグラを食べることが出来る店を探しながら周辺を歩いてホテルに戻ることにした。


※メニュー:店頭掲示ランチランチコースアラカルト

【店舗詳細情報】
店名:Une Cuisine en Ville
電話:05 56 44 70 93
営業:12:00~14:00、19:30~22:00
定休:日曜日・月曜日・水曜日の昼
住所:77 rue du Palais Gallien, 33000 Bordeaux
GPS:44.844050, -0.581732 (☞ Bing Map


フランスの訪問レストラン地域別ランキング
関連記事

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて30年。
現在 67ヵ国を訪問
49ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
12月:台湾㊳:宜蘭・羅東
年越:ベトナム⑩:ハノイ周辺
1月:インドネシア⑨:バリ島
1月:メキシコ③、台湾
2月:マレーシア⑮、ベトナム
3月:マレーシア
4月:イタリア⑲~ドイツ
5月:アメリカ⑮:ナイアガラ
6月:台湾㊵:(芒果かき氷)
7月:イタリア⑳:南チロル
10月:ロシア:ウラジオストク
丸数字:累計訪問回数

カテゴリ
最新記事一覧
マレーシア/KL・Berjaya Times Square: Portugis Ikan Bakar 2019/12/14
マレーシア/KL・Bukit Bintang駅: Restoran Al Sarifa 2019/12/13
マレーシア/ペナン・Hard Rock Hotel Penang: Starz Diner 2019/12/13
マレーシア: ペナン国際ドラゴンボートフェスティバル 2019 (PIDBF) 2019/12/12
マレーシア/ペナン・Holiday Inn Resort Penang: Authentic Indian Cusine ② 2019/12/12
マレーシア/ペナン・Batu Ferringhi: Razak Banana Fritter 2019/12/11
マレーシア/ペナン・Batu Ferringhi: Boatman Restaurant ② 2019/12/11
マレーシア/ペナン・Batu Ferringhi: Satay@Long Beach Cafe 2019/12/10
マレーシア/ペナン・Batu Ferringhi: Lebanon Restaurant Batu Ferringhi店 2019/12/10
マレーシア/ペナン・Batu Ferringhi: Andrew's Kampung 2019/12/09
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
41位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
17位
アクセスランキングを見る>>