FC2ブログ
« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »

カンボジア/シェムリアップ[Siem Reap]: Khmer Grill

訪問:2019/1/23 17:45、1/27 14:50
評価:総合★★★★☆★★★★☆サービス★★★★☆雰囲気★★★☆☆CP★★★★★
2度目のシェムリアップに到着。
7年前にアンコールワット周辺は見に行っているので(☞ こちら)、今回は4連泊+3連泊の宿でのんびり過ごす方針。人生初めての沈没旅だ。(バックパッカーが使う本来の意味とは違うけど、宿ベースで長期滞在するタイプの旅ということでご理解を)

過去の旅行で4連泊以上したことがあるのは、イタリアのドロミーティで2度出かけている「Hotel Gran Ancëi」しかないが、今回4連泊で予約したホテルは失敗だった。やっぱり、飛び込みで部屋を確認してから決めるか、1泊だけ予約して良ければ延泊というパターンでないとダメだな。


さて、今回はGoogle Mapの評価と件数、投稿料理写真で水準を判断して選んだ店を中心に1日2軒ずつ試していこうと思っている。7年前に愛用していたトリップアドバイザーを使わなくなってしまったのは、自分がいる周辺の店を地図から選べる方が便利だからだ。もちろん投稿されている料理写真も重要な判断材料になる。



最初は、グリル専門店(?)。
カンボジアと言えば、炭火焼と思えるほどにあちこちで炭火焼の店(屋台、路上店)を見るが、そのレストラン仕様の店を狙ってみた。

写真ではテーブルが空いているが、写真以外のテーブルはすべて埋まっているほど大盛況。
もちろん、写真の席もすぐに埋まってしまった。



Fresh Spring Roll(US$2.00)

まずは、ベトナム名物の生春巻きが激安だったので頼んでみた。
見た目からしてソースがベトナムのものと違うが、ゴマ油をベースに酢醤油を加え砕いたピーナッツを加えたもの。
なんだか、マレー料理のサテーソースと日本の冷やし中華のタレを足して2で割ったみたいだ。



具材の中身は、海老かチキンを選べるとのことで海老を選んだのだが、ベトナムだと表面に海老が見えるように巻くものだが、中央に加えてあった。量的には、お値段なりかなぁ。

ただ、野菜をたっぷり使って固めるように巻いてある点では食べ応えがある。
野菜好きとしては、春雨ばかりのベトナムのものよりも好きかもしれない。タレはベトナムの方がいいけど。



Grilled Salt & Spicy Frog(US$3.00)

メインのグリルは、カエル肉があったのでチョイス。
これもお隣りベトナムの話だが、ダラットで焼肉で食べた蛙肉(☞ Khói BBQ)が美味しかったので選んだわけだが、出てきたのは小型のカエルが3匹。



カエルのジャンプ力を裏付けできるような足の筋肉の塊が独特。



ひっくり返してみた。
これ、簡単に骨から外れるし美味しいのだが、いかんせん小さすぎてカエルを味わうという感じにはならず。ダラットの店のように、大きな食用ガエルを炭火焼肉で食べた方が断然おいしいことを確認できた。



Fried Rice Seafood(US$2.50)

締めは、海鮮炒飯をお願いした。
2.5ドルという金額は珍しくないが、量が多い!



海鮮を目立つように配置して広げてみたが、日本だけでなく世界でも普通に使われている冷凍ミックスシーフードという感じのしないイカと海老が4~5個入り。
パラパラではないものの、味付けが良いので全量残さずいただいてしまった。満腹~




お会計は、ちょっと味が薄くて残念だったFresh Mango Juice(US$1.75)を加えて、US$9.25也。先月滞在してしまった隣国タイのように無条件にサービス料を加えたり外税だったりすることもせず、メニュー額面通りの請求だ。

総じて満足度が高かったことから、行きたい店が無くなってしまったら、他のグリルを食べにリピートするかもしれない。今回は当地で7泊するので14軒前後試すことになるはずだが、ネタ切れを起こす可能性大だと思っている。

**********

ネタ切れの前に、日曜日は狙った高級レストランがお休み。
郊外のホテルに移動したので、夜中心部に移動するのも面倒なことから、Tevy's Placeで食べた後、早すぎる夕飯として未練のある料理を食べに来た。



先ほどの店で飲んでいるので、ドリンクを注文しなかったのだが、毎度の胡椒とライムの付けダレといっしょに、たっぷり氷の入ったお冷を持ってきてくれた。単にフレンドリーなだけでなく、サービスいいじゃん。




炭火焼店なんだから、その手のものを頼まなくちゃということで、肉を2種類。


Grilled Beef Skewers BBQ(US$3.00)

まずは、あちこちの店に置いてある牛肉の串焼き。
薄味にマリネした小さなカット肉を野菜と共に串にさして焼いてある。

玉ねぎとピーマンを肉の間に挟む点では日本でも普通にあるが、ミニトマトを挟んでくるのは初めてだ。
例の胡椒とライムのタレは好きではないが、このミニトマトの酸味はかなり良い感じになる。



Grilled Pork Ribs(US$3.00)

もう1品は、他の国でも結構な頻度で頼んでしまうポークリブのBBQ。
甘いタレに漬け込んだ肉を焼いてくるのが定番だが、甘さ控えめっていうか全然なくて、鶏唐揚げのタレ(醤油と生姜に大蒜)に漬け込んだ感じ。

骨があまり見えていないが、端の部分は骨をカットしてある手の入れよう。
可食部も多いので、4本食べると結構お腹にたまる。


 

お会計は、3ドルの肉皿2枚で額面通りの6ドル也。
午後3時でも半分近い席が埋まっていたので、やっぱり多くの方に支持されているだけでなく、私のようなリピーターも多いんだろうな。お勧め!


※メニュー:グリルサラダ・揚げ物①クメール料理①スープドリンク①

【店舗詳細情報】
店名:Khmer Grill
電話:095-839899
営業:7:00~22:00
定休:無休
住所:WWatdamnak Road, Siem Reap 17254
GPS:13.351075, 103.855634 (☞ Bing Map


カンボジアの訪問レストラン地域別ランキング
関連記事

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて30年。
現在 67ヵ国を訪問
49ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
12月:台湾㊳:宜蘭・羅東
年越:ベトナム⑩:ハノイ周辺
1月:インドネシア⑨:バリ島
1月:メキシコ③、台湾
2月:マレーシア⑮、ベトナム
3月:マレーシア
4月:イタリア⑲~ドイツ
5月:アメリカ⑮:ナイアガラ
6月:台湾㊵:(芒果かき氷)
7月:イタリア⑳:南チロル
丸数字:累計訪問回数

カテゴリ
最新記事一覧
マレーシア/ペナン・Batu Ferringhi: Lebanon Restaurant Batu Ferringhi店 2019/12/10
マレーシア/ペナン・Batu Ferringhi: Andrew's Kampung 2019/12/09
マレーシア/ペナン・Tanjong Takong: Awanis Satay 2019/12/09
マレーシア/ペナン・Tanjong Takong: Taiba Shawerma Restaurant 2019/12/08
マレーシア/ペナン・Mercure Penang Beach: Restaurant The Ombak 2019/12/08
マレーシア/ペナン・Batu Ferringhi: Rubin Mardini Cafe & Restaurant 2019/12/07
マレーシア/ペナン・Batu Ferringhi: Apom Balik Station 2019/12/07
マレーシア/ペナン・ジョージタウン: 大東酒樓(Tai Tong Restaurant) 2019/12/06
ミャンマー/ヤンゴン空港: KFC Yangon Airport店 2019/12/06
ミャンマー/ヤンゴン: Imperial Garden Myanmar Plaza店 2019/12/05
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
38位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
17位
アクセスランキングを見る>>