FC2ブログ
« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »

台湾/屏東・東港漁港(華僑市場A26): 旺來蚵仔煎 +東港漁港への行き方

訪問:2018/12/28 13:50
評価点:総合★★★★☆★★★★★サービス★★★☆☆雰囲気★★☆☆☆CP★★★★★★


東港漁港(☞ 東港漁港への行き方)の最後は、桃園の永安漁港で食べた蚵仔煎が抜群だったことから(☞ 吳媽媽蚵嗲蚵仔煎)、同様に蚵仔煎で締めることにした。



なにやら日本語表示まで存在したメニュー掲示があったが、日本人には嬉しい注文伝票方式で注文。



蚵仔煎(NT$50≒190円)

出てきた皿は、かなり大きめの牡蠣が4つほど見えるものの、期待外れかなぁと思ったわけだが・・



そんなことは無かった。期待通りに牡蠣たっぷり!
しかも、永安漁港の店よりもソースが美味しいだけでなく、片栗粉(サツマイモの片栗粉らしい)が作り出すネバネバと言うかトロトロの塩梅が非常に良い。



いつもながら、牡蠣を食べずに全量が見えるように食べ進んだわけだが、御覧の通り。
特に大粒のものが4つあるのは効いた。牡蠣食べてるなぁっていう気にさせてくれる。
やっぱり、漁港にある蚵仔煎専門店は裏切らないな。お勧め!


※メニュー: 注文伝票

【店舗詳細情報】
店名:旺來蚵仔煎
住所:屏東縣東港鎮朝隆路 華僑市場A26
GPS:22.468257, 120.443942 (☞ Bing Map


台湾の訪問レストラン地域別ランキング
 

【東港漁港へ最も安く行く方法】
実乗車&調査日:2018/12/28 & 2019/1/4

懸案だった東港漁港に2度も行ってしまった。
高雄駅から東港漁港への行き方は小琉球絡みの記事で多く見つかるが、わざわざ高雄駅まで出向く必要性や、乗り場の不確実性などもあり現実的ではないと考え、最も東港に近い地下鉄(MRT)小港駅から行く方法があるのではないかと調べた結果、有りました!
しかも、高雄駅からバスに乗るよりも格段に安く行けることも判明した。



まずは、MRT紅線(レッドライン)の終点である小港駅(R3)で降りたら、1番出口に進もう。
上の掲示地図の左上の出口になる。(進行方向右側前)



▲左:1番出口(右奥に立派なバス停が見える)  右:目指す立派なバス停

階段を上ったら、左方向にUターン。
駐車場を抜けて、自転車置き場も抜けた先に結構立派なバス停がある



乗るべきバスは、路線番号9117の墾丁方面行き。(大鵬灣、枋寮行きもあるみたい)

面倒なことを避けるため(現金だとお釣りが出ない等)、事前に台湾の交通系カード(iPass、EasyCard)をMRT駅の窓口で買っておこう。

カード代100元は必要だが、予備も含めて200元程度チャージしておけば大丈夫。MRT・LRT・市バス・台鉄に乗ると割引が適用されるので、カード代はすぐに元が取れるのだ。
残高が不足しそうになったら、最寄りのコンビニでもチャージできるので楽ちん。



▲左:小港駅を通るバス路線図  右:中長距離仕様のバスに乗る

小港駅からのバスは、主に市バスが発着するが、今回乗るバスは中長距離用の大型バス。
4社共同運航らしく、上の写真の赤いバスが来るとは限らないので注意しよう。あくまで路線番号9117がターゲット。

あと、台湾ではバスが来ても日本のように無条件で止まってくれない。むしろ、日本のようにバス停に人がいれば必ず止まってくれるような過保護サービスの方が世界的に見て珍しい。タクシーを止めるわけではないが、手を上げるなり振るなりして乗ることをアピールしなければ止まってくれないのだ。

この路線、30~60分間隔の運行なので、1本やり過ごすと待ち時間が半端でない点は注意。
ちなみに、バス停に電光掲示されるバス到着情報は、中長距離路線バスは対象外だ。

スマホやタブレットを持ち、プリペイドSIM等でネットが使える環境にあれば、「高雄公車通」というアプリを事前にインストールしておこう。
路線番号を入力すると、現在の走行位置と到着予想待ち時間が表示されるので、いつ来るのかとイライラすることも無い。ただし、数分遅れた情報を出すことがあるので、5分前にはバス停で待ち構えていることをお勧めする。



バスに乗ったら、iPass等のタッチを忘れずに。
台北と違って、高雄のバスは乗車時と降車時の両方でタッチすることになるので、台北でバスを使ったことがある方は要注意。

バス車内はリクライニングシートで快適だが、目的地である「屏客東港站」が終点ではないので、降車ボタン(または、カーテンレールの下に張られているロープを引っ張る)で次のバス停で降りることを忘れずに運転手に伝えよう。
ただし、捷運(MRT)小港駅も屏客東港站も乗り降りする人が比較的多いので、誰か降りる人か乗ってくる人がいるだろう。
屏客東港バス停は、7-11の前にある。帰りのバスは、道路反対側のバス停から。




屏客東港站から、目的の東港漁港までは約1.1Km。小琉球に行く方が使う東港フェリーターミナルのお隣が、目的の東港漁港市場(華僑市場)となっている。
屋台や食堂がたくさんある大通りをほぼ1本道で行くことが出来るので、迷うことはないだろう。橋の手前で左を向けば、港が見えるはずだ。




今回、往路は小港駅から9117路線、復路は9127路線で最初のMRT駅となる技撃館駅まで乗車したが、駅の利用履歴表示機で確認した画面が、上の写真。

往路の小港駅発は、乗車時に20元、降車時に40元差し引かれて、トータル60元。
復路の9127路線では、乗車時に22元、技撃館駅降車時に85元が差し引かれ、合計107元かかっている。
小港駅から利用する方が、かなり安く上がることが分かるだろう。



屏客東港站にあった運賃表も載せておくが、9127路線で高雄駅まで乗ると125元となるので、9127路線を使う場合は高雄駅利用の方が便利かもしれない。(渋滞で所要時間が読めない問題はある)



小港駅からの9117路線は、掲示運賃表に小港駅が乗っていないが、高雄駅から乗ると115元と、MRT運賃を加えたものよりも高くなってしまう。ただ、高雄空港から直接乗ることもできるので、空港から直接向かう場合はMRTを利用せず全区間バスで良いだろう。運賃は78元だ。

もっとセコイ真似をするなら、高雄市内バスは当日3回乗ると、その後は全部無料となることから(2019年1月4日時点でも継続中)、小港駅まで市バスで向かう手もある。
前述のアプリ「高雄公車通」を駆使して高雄駅と小港駅の間を市バスを乗り継いで向かえば、さらに安く往復できるというわけだ。(1月4日に再訪した際、片道だけやってみた)

最後に所要時間実測値だが、小港駅→屏客東港站が12/28と1/4共に50分弱、屏客東港站→小港駅は1/4に35分。これは渋滞無しの途中乗降も2か所だけで時速70Km/hで飛ばした結果だから、45分前後と見るのが妥当だろう。
屏客東港站→技撃館駅は、途中高速道路の渋滞にはまって1時間弱もかかった。渋滞が無ければ、小港駅と同様に45分程度と思われる。
関連記事

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて30年。
現在 67ヵ国を訪問
49ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
12月:台湾㊳:宜蘭・羅東
年越:ベトナム⑩:ハノイ周辺
1月:インドネシア⑨:バリ島
1月:メキシコ③、台湾
2月:マレーシア⑮、ベトナム
3月:マレーシア
4月:イタリア⑲~ドイツ
5月:アメリカ⑮:ナイアガラ
6月:台湾㊵:(芒果かき氷)
7月:イタリア⑳:南チロル
10月:ロシア:ウラジオストク
丸数字:累計訪問回数

カテゴリ
最新記事一覧
マレーシア/KL・Bukit Bintang駅: 旭日(彭强)肉骨茶 [Yuk Yat Bak Kut Teh] 2019/12/15
マレーシア/KL・Berjaya Times Square: Amphawa Thai Tea & Co 2019/12/14
マレーシア/KL・Berjaya Times Square: Portugis Ikan Bakar 2019/12/14
マレーシア/KL・Bukit Bintang駅: Restoran Al Sarifa 2019/12/13
マレーシア/ペナン・Hard Rock Hotel Penang: Starz Diner 2019/12/13
マレーシア: ペナン国際ドラゴンボートフェスティバル 2019 (PIDBF) 2019/12/12
マレーシア/ペナン・Holiday Inn Resort Penang: Authentic Indian Cusine ② 2019/12/12
マレーシア/ペナン・Batu Ferringhi: Razak Banana Fritter 2019/12/11
マレーシア/ペナン・Batu Ferringhi: Boatman Restaurant ② 2019/12/11
マレーシア/ペナン・Batu Ferringhi: Satay@Long Beach Cafe 2019/12/10
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
36位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
15位
アクセスランキングを見る>>