« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »

スロバキア/ブラティスラヴァ(Bratislava): スロヴァキアレストラン(Sloveská Retaurácia)

訪問:[2011/5/7 20:15]
評価点:総合★☆☆☆☆★★☆☆☆サービス☆☆☆☆☆雰囲気★★☆☆☆CP☆☆☆☆☆
オーストリアのウィーン空港からウィーン市内に行くのと大差無いコストで、お隣の国スロバキアの首都ブラティスラヴァ(Bratislava)に行くことができる。1時間毎に運行されているバスで60分、往復€14.30(片道€7.70)ということで、21時間の乗継時間を利用して初訪問のスロバキアに出かけてきた。車内持込出来ない荷物(=膝乗せ不可能程度)があると€1.00/1個徴取されるが、トランジット扱いなので余計な荷物はクロアチアを出る時に成田まで預けてあるので無関係。

参考POSTBUSの英語サイトAirport Bus Bratislava 欄にある詳細リンクを開くと運賃詳細が表示されるほか、時刻表のダウンロードもできる。往復券は空港建物内にある POSTBUS の案内所で入手可能。
Bratislava へ行く便はもう一社、Bratislava空港行を運行している便があるが(こちらの方が運賃が安い)、バス停名から調べてもどこに到着するのか分からず。ちょうどそのバスが来たので運転手に尋ねたら、バスターミナルには行かないとのことで断念してしまった。

ブラティスラヴァでは、旧市街中心部から2Kmほど離れたバスターミナルに着く。(☞ 到着場所地図 by Google Map

宿に荷物を置いて、早速旧市街へ。ところが、あまりにも人が少ないのだ。
一通りレストランを物色してみたが、客が入っている店は僅か。スポーツバーだけが多少にぎわっている程度で、日本のガイドブックにも載るような一国の中心地とは、とても思えない閑散とした雰囲気。
当然スロバキアの郷土料理狙いだが、それを掲げているのは観光客向けの店だけ。もちろん客はいないし、価格は高い。あきらめて選んだ店が、そのものズバリの店名であるこの店というわけだ。

店の外観とテラス席

広い歩行者専用道路の中央部にテラス席を構えている店だが、何しろ客はいないし寒いので店内へ。
これが、人通りの少ない街と同様になんとも暗い雰囲気。従業員のオッサンもやるきなさそうで、挨拶すらしない。

店内の雰囲気 テーブル

Specialities of Slovak Cuisine の中から、グリルを選んでみた。
不鮮明ながらも写真で見た感じでは良さそうと判断したわけだが・・

Prešporské ražniči
Prešporské ražniči(€14.175/200g)
Pressburg skewer : grilled pork tenderloin, bacon, sausage, pepper, onion

出てきたものを見て、この目を疑った。200gと記されていたのは当然肉の量だと思ったが、日本の大規模スーパーの惣菜コーナーに置いてあるジャンボ焼き鳥と同じサイズのものが1本だけ。この皿が日本円で1800円もするというのだから、リスクは理解していたものの許容度を越える皿だった。

串刺し肉のアップ

肉串の部分をアップした写真を見れば、誇張して書いている訳では無い事が分かるだろう。
この店のおかげで、スロバキアという国が大嫌いになったと言っても過言ではない。実際、見どころも少ないし、昔は一緒だった日本人観光客が絶賛するチェコの首都プラハとのギャップは天と地ほどあると言っても過言ではないだろう。いくらウィーン空港から近いとはいえ、宿代もウィーン市内より高いので出かける価値は無い。(キッパリ断言!)

付け合せのポテト炒め

味という面で見ても、元々味のあるベーコン類を焼いたものが中心で、純粋な肉はわずか。もちろん硬くて不味い低品質ものだ。唯一マシだったのが、付け合せのポテト炒め。バター炒めにチリペッパーの類を加えて、少しピリ辛にしてあった。

デザートの価格は低めだったので(€3.255)、スロバキアのケーキでも食べてみようと思ったら、品切れだと。
パンケーキやアイスはあるというので、品切れでは無く手間がかかるので最初から作っていないのではと思いたくなってしまった。

店頭に写真つきのメニューがあったので入ったわけだが、写真が不鮮明で結果的にだまされたという感想。
不運は重なるもので、クロアチアの最後の店に続いて連続で2項目無星の店に当たってしまった。やはり常識的に考えてもヤバイ店だと判断できる場合は、絶対に避けるべきなんだろう。

言い訳だが、最初は地球の歩き方にお手ごろと書かれていた隣りの店に向かったのだが、この店よりも高かった。故に、ボッタクリと思えるこの価格が当地レストランの相場なのかもしれない。(スーパーでの食材価格では、日本よりは安かったので、やはり観光客をカモにするお国柄というのが正解という気がする)

※Diet Coke : €1.785
メニュースロバキア料理①デザート

【店舗詳細情報】
店名:Sloveská Retaurácia
電話:02/5443 4883
場所:ブラティスラヴァ旧市街のメインストリート(?)沿い (以下の地図参照)

大きな地図で見る

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて25年。
現在 62ヵ国を訪問
43ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
11月:北西部/フランス
11月:フーコック島/ベトナム
12月:Stuttgart,他/ドイツ
年越:ペナン,他/マレーシア
1月:レイキャビク/アイスランド
2月:メキシコ
3月:Sevilla,Málaga/スペイン
3月:台湾㉙、ベトナム
4月:マルタ②、イタリア
5月:ポーランド
6月:クロアチア②,スロベニア
7月:イタリア⑰、スイス
8月:台湾
丸数字:累計訪問回数

国内の食べ歩きはこちら
カテゴリ
最新記事一覧
ポルトガル/メアリャーダ [Mealhada]: Churrasqueira Rocha 2017/10/23
ビジネスクラス機内食/英国航空[British Airways]:ロンドン(LHR)⇒羽田(HND) 2017/10/22
ビジネスクラス機内食/英国航空[British Airways]:ダブリン(DUB)⇒ロンドン(LHR) 2017/10/21
アイルランド/ダブリン [Dublin]: Gourmet Food Parlour(Santry店) 2017/10/20
アイルランドの古城ホテル:カブラ城 [Cabra Castle] 2017/10/19
ビジネスクラス機内食/英国航空[British Airways]:ロンドン(LHR)⇒ダブリン(DUB) 2017/10/16
イギリス/レディング [Reading]: Riverside@クラウンプラザ 2017/10/15
イギリス/アシュフォード [Ashford]: Holiday Inn Ashford - North A20 2017/10/13
イギリス/Bodiam Castle: Wharf Tea Room@ボディアム城 2017/10/11
イギリス/クローリー [Crawley]: The Master Fryer 2017/10/08
イギリス/サウサンプトン [Southampton]: Holiday Inn Southampton 2017/10/06
イギリス/エクセター [Exeter]: Bill's (Exeter店) 2017/10/04
イギリス/Berry Pomeroy Castle: The Castle Café@ベリーポメロイ城 2017/10/03
イギリス/ティンタジェル [Tintagel]: King Arthur's Cafe 2017/10/02
フィリピン/セブ: Café Laguna (SM City Cebu店) 2017/10/01
フィリピン/セブ: Hukad (Ayala Center Cebu店) 2017/09/30
フィリピン/セブ: Mang Inasal (Parkmall店) 2017/09/29
フィリピン/セブ: Cebu's Original Lechon Belly (Parkmall店) 2017/09/28
フィリピン/セブ: Chika-an Sa Cebu (Parkmall店) 2017/09/27
フィリピン/セブ: The Mango Farm (Cebu J Centre Mall店) 2017/09/27
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
59位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
20位
アクセスランキングを見る>>