FC2ブログ
« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »

タイ/バンコク・Surasak駅: タリンプリン [Taling Pling]

訪問:2018/12/23 11:15
評価:総合★★★★☆★★★★★サービス★★☆☆☆雰囲気★★★★☆CP★★★☆☆
あとは、夕方の便でハノイ経由で帰国するのみ。



昨晩のタニン[Thanying]で、ものの見事に裏切られたことから、最後の午餐も食堂ではなくレストランを狙うことにした。
すぐ近くに、評価の高い高級チェーン店があるのを見つけたのだ。



右:Mango Frost(฿123.70≒430円)

朝飯を兼ねているので開店時間直後に出かけたが、日曜日だからか1番乗りだった。
ドリンクは、マンゴーフロストを注文。ライムを加えている感じの比較的サッパリ系のお味。



Fried rice with crabmeat(฿217.94≒760円)

タイフリークの方が多いおかげで、日本語情報も豊富で助かる。
タイ料理ではないが、蟹肉炒飯が美味しいとの記事を見つけたので、頼んでみた。
出てきたときは、蟹肉のトッピングだけかなぁとがっかりしたのだが、



中に蟹肉がたっぷり入っていた。
これだけ量が入っていると、日本で食べる単に蟹がトッピングされているだけのカニ炒飯とは違って、炒飯本体側にも蟹の風味がたっぷり。
炒飯そのものは中華炒飯的だけど、予想外の絶品級のお味で大満足。



Massaman pork curry with fragrant "Som Saa" citrus served with roti(฿229.73≒800円)

もうひとつ、ここのマッサンカレーが有名らしいので、それを注文してみた。
肉の種類が選べるようだが、これもみなさんの情報から豚肉版をチョイス。



当然タイカレーだと思って注文したのだが、どう考えても日本の専門店で食べる高級欧風カレーだよなぁ。ちっともタイカレーという感じがしない。

メニューに「Som Saa」というシトラスの香りと書かれていたけど、私には判断できず。



中の豚肉を取り出して皿に盛ってみたが、この豚肉がそれとは思えないほど柔らかく煮込まれ味がしっかり浸み込んでいて非常に美味。

自宅でもビーフカレーではなくポークカレー派で、肩ロース肉をじっくり煮込んで作るのだが、専門店の味にはかなわないや。素直に美味しいカレーだ。



豚肉を選んだもう一つの理由は、ご飯ではなく美味しいロティが付いてくるとの情報があったからだ。
お隣りマレーシアでおなじみのロティだが、薄く伸ばしたものを揚げてある。



これが塩加減も良くなかなかの美味しさで、カレーなど付けずにそのままいただいてしまった。
来月出かけるマレーシアでもあるかもしれないので、見つけられたら食べてみようと思う。




さて、昨日の店ほどではないけど、ここもサービスは良くない。チェーン店なのにだ。
声をほとんど発しないし、メニュー写真に記号番号を振ってあるのに、文字と金額を書いたリスト側には記号番号が無いので写真がまったく無意味になっている。(必ずしも写真ページと同じ見開きにあるわけではない点でも配慮不足...メニューの「炒め物」だけサンプル掲載)

にもかかわらず、請求の段階でサービス料10%を加算してきているが、タイの国民性が出ているよなぁ。ホント不愛想で不親切、ホスピタリティ精神欠如。

この店は該当しないけど、最大手らしい緑の銀行ATMから初日に2600バーツ(約9100円)を引き出したら約800円(฿220)も手数料を取るなど、相変わらずぼったくり精神旺盛。十数年前に現地業界と結託した馬鹿なガイドブックが推奨したおかげで、サービス料を取ることやチップを取ることもあっという間に普及してしまった点では、他のアジア近隣諸国との違いがハッキリ出ている。
毎度のことながら、どこが微笑みの国かと思ってしまうのだ。


※メニュー:前菜①揚げ物サラダ炒め物スープカレー①麺飯類①デザート①ドリンク①

【店舗詳細情報】
店名:Talingpling(支店名不明)
電話:02-236-4829
営業:11:00~21:30
定休:無休
住所:Bld.7 Bann Silom Arcade, 653 Silom Road, 10500 Bangkok
GPS:13.723351, 100.521178 (☞ Bing Map


タイの訪問レストラン一覧


今回は空港ラウンジが使えないので、おなかペコペコのままベトナム航空のハノイ行きに搭乗し、往路(☞ ハノイ・ノイバイ空港 夜明かしレポート)と違って3時間の乗継時間で成田行きに乗って全行程終了。
ベトナム航空の機内サービスも予想外に良かったので、今回のように安ければリピート有りだな。サービス劣化だけが目立つ日本の航空会社、欧米ばかりではなくアジア圏の他の航空会社にも目を向けないと負けてしまうぞ!

ラオスの2都市滞在と夜行寝台列車を目的にした旅だったが、夜行寝台が満席でヴィエンチャンに行くことが出来ず、バンコク2泊とルアンパバーン1泊が当初計画よりも増えってしまった旅となってしまった。

基本的にタイ人の国民性が嫌いなのでタイには積極的に行きたいと思わないが、バンコク滞在だけで台湾と同じような食べ歩きに徹する分には悪くないかな。でも、人口密度高すぎに貧弱な公共交通機関網、暑さも手伝って極めて居心地の悪い都市なので、今後も避けたいとは思っている。

■今回の旅の費用
往復航空券: 31550円 羽田>ハノイ>バンコク>ハノイ>成田 by ベトナム航空
現地航空券: 19856円(US$76.54+฿3180)バンコク<>ルアンパバーン by タイスマイル航空
現地宿泊費: 35497円(15471円+฿5722/7泊;うち朝食付3泊,ドミトリー1泊)
現地交通費: 1243円(฿355)空港鉄道x2往復・LRT・地下鉄
飲食雑費等: 14754円(US$67.00+฿2020-37000Kip)飲食・入場料・雑費
国内交通費: 2446円
旅費合計: 105346円

この後は、初めての年末企画として「2018年旅の費用総決算」を紹介し、その後から現在滞在中の台湾南部年越旅行で食べたものを紹介したいと思う。
関連記事

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて30年。
現在 67ヵ国を訪問
49ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
12月:台湾㊳:宜蘭・羅東
年越:ベトナム⑩:ハノイ周辺
1月:インドネシア⑨:バリ島
1月:メキシコ③、台湾
2月:マレーシア⑮、ベトナム
3月:マレーシア
4月:イタリア⑲~ドイツ
5月:アメリカ⑮:ナイアガラ
6月:台湾㊵:(芒果かき氷)
7月:イタリア⑳:南チロル
10月:ロシア:ウラジオストク
丸数字:累計訪問回数

カテゴリ
最新記事一覧
マレーシア/KL・Bukit Bintang駅: 旭日(彭强)肉骨茶 [Yuk Yat Bak Kut Teh] 2019/12/15
マレーシア/KL・Berjaya Times Square: Amphawa Thai Tea & Co 2019/12/14
マレーシア/KL・Berjaya Times Square: Portugis Ikan Bakar 2019/12/14
マレーシア/KL・Bukit Bintang駅: Restoran Al Sarifa 2019/12/13
マレーシア/ペナン・Hard Rock Hotel Penang: Starz Diner 2019/12/13
マレーシア: ペナン国際ドラゴンボートフェスティバル 2019 (PIDBF) 2019/12/12
マレーシア/ペナン・Holiday Inn Resort Penang: Authentic Indian Cusine ② 2019/12/12
マレーシア/ペナン・Batu Ferringhi: Razak Banana Fritter 2019/12/11
マレーシア/ペナン・Batu Ferringhi: Boatman Restaurant ② 2019/12/11
マレーシア/ペナン・Batu Ferringhi: Satay@Long Beach Cafe 2019/12/10
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
36位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
15位
アクセスランキングを見る>>