FC2ブログ
« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »

タイ/バンコク・Ratchaprarop駅: Go-Ang Kaomunkai Pratunam

訪問:2018/12/17 12:30
評価:総合★★★★☆★★★★☆サービス★★★☆☆雰囲気★★☆☆☆CP★★★★★★
ハノイで入国せず、12時間半の乗継時間を空港野宿(☞ 詳細レポート)で過ごして、無事バンコクに到着。そのまま夜行寝台列車に乗ってラオスに向かうつもりだったが、まさかの売り切れ!
情報源が悪かったみたいで、ピーク時でなければ予約が取れないことはないとの話を鵜呑みにしていたのが失敗の原因。最近のネット情報発信者は、実際に使わずに書いている広告収入目当ての連中ばかりなので、複数の最新情報源をチェックしなければいけない。

仕方ないので、復路便を予約してあったタイスマイル航空の往路便をあわてて確保したのだが、直前なので運賃が高い。
結果的に、バンコクで2泊してから早朝便でルアンパバーンに飛ぶことになってしまい、最初に行きたいと思っていたヴィエンチャンも、乗りたいと思っていた寝台列車もまたの機会ということになってしまった。情けない。




ということで、急遽予約した宿に向かう途中、愛読しているクミさんのブログで教えてもらった(☞ この記事)カオマンガイを食べることにした。台湾のB級グルメで有名なクミさんだが、元はタイのB級グルメ専門だった気がする。(古い話だし、私が5年前にタイ嫌いになったことからタイ関連の記事を見なくなったので怪しい)


▲正式名称標(店頭中央上部に掲示)

ちょうどランチ時間だったので、行列覚悟で向かったわけだが、約30人が並んでいた。
台湾だと持ち帰りの人たちが並んでいて、店内飲食はそのまま入れるというパターンが普通だが、ここの行列は店内飲食者のもの。店員がしっかり行列の整理と誘導を行うことで、一般の方の歩道通行を妨げないようにしている。

意外に待ち時間が短く、10分ほど待って着席。もちろん相席で、私の席は2人+1人+1人という構成になった。
注文は着席してからテーブルに置いてあるメニューを見てお願いするのだが、あまりゆっくり検討している時間は無い。できれば、事前にメニューをチェックしておいた方が良いだろう。



Chicken Soup with Bones(฿20≒70円)

まずは、メニュー裏側に乗っていた骨付きスープの到着。これが、予想外のボリュームだ。
カトラリーはスプーンとフォークだけ。別に残骸骨を置く皿も持ってきてくれたので、これは手づかみで骨に付いている肉をいただくしかないだろう。ウエットナプキン持参必須だ。(ベトナム航空の機内で嫌と言うほどくれたので、余った分が役に立った)

スープは、やや胡椒多めの濃厚な鶏の出汁の効いたお味。
ほとんど可食部の無い骨だが、首周りの肉が特に美味だったので、しっかりいただこう。



Hainanese Chicken Rice(฿40≒140円)

骨と格闘していると、カオマンガイの到着。
英語表記だと海南チキンライス。シンガポールやマレーシアでもおなじみの料理だが、名前は違っても純粋なタイ料理という訳ではないようだ。
中国には行きたくないけど、海南島には行ってみたいなぁ。あとパンダを見に成都動物園も。(笑)



このビジュアル。スープ付きで140円也の皿とはとても思えないクオリティ。
実際のところ、鶏肉自体はいたって普通という印象だが、ライスが抜群に旨かった。

見た目の鶏油の照りに反して、それほど脂っこいわけではないし(ゆえに高カロリーというわけでもない)、ご飯が日本米のような硬めの炊きあがり。それで、しっかり鶏の出汁が浸み込んでいる。
海南チキンライスは3か国合計で10軒以上レポートしている気がするが、チキンライス部分だけならトップかトップ2だと思う。



いっしょに出てきたタレとスープだが、クミさんお勧めのタレは辛みベースだったので私の趣味では無かった。
また、スープは別注文した鶏ガラ骨付きスープとまったく同じ味だった。

これらの内容から、単品鶏肉(฿60/small)とチキンライス(฿10)に骨付スープ(฿20)の合計90バーツ(≒310円)という組み合わせが、お勧め構成になるかと思う。




店員を呼んで席で会計を済ませ、帰りに持ち帰りコーナーの写真をわざわざ撮ったのは、ミシュランのビブグルマン認定店であるとの表示を見つけたからだ。

タイまでミシュランが進出していたとは知らなかったが、欧州のビブグルマンは概ね4~5千円以下でセットやコースを楽しめる店と言う定義だから、ここは200円で楽しめる店ということで、ビブグルマンでは無いよな。
アジア用に、もうひとつ別の基準を作らないと、ビブグルマンの意味が違ってきてしまうではないか。(タイ版では500円以下で楽しめる店とか定義しているのかも?)


※メニュー:メインスープ・ドリンク

【店舗詳細情報】
店名:Go-Ang Kaomunkai Pratunam
電話:02-252-6325
営業:6:00~14:00、17:00~02:00
定休:無休
住所:960-962 Phetchaburi Rd, Khwaeng Makkasan, 10400 Bangkok
GPS:13.749652, 100.542069 (☞ Bing Map


タイの訪問レストラン一覧
関連記事

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて30年。
現在 67ヵ国を訪問
49ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
12月:台湾㊳:宜蘭・羅東
年越:ベトナム⑩:ハノイ周辺
1月:インドネシア⑨:バリ島
1月:メキシコ③、台湾
2月:マレーシア⑮、ベトナム
3月:マレーシア
4月:イタリア⑲~ドイツ
5月:アメリカ⑮:ナイアガラ
6月:台湾㊵:(芒果かき氷)
7月:イタリア⑳:南チロル
10月:ロシア:ウラジオストク
丸数字:累計訪問回数

カテゴリ
最新記事一覧
マレーシア/KL・Bukit Bintang駅: 旭日(彭强)肉骨茶 [Yuk Yat Bak Kut Teh] 2019/12/15
マレーシア/KL・Berjaya Times Square: Amphawa Thai Tea & Co 2019/12/14
マレーシア/KL・Berjaya Times Square: Portugis Ikan Bakar 2019/12/14
マレーシア/KL・Bukit Bintang駅: Restoran Al Sarifa 2019/12/13
マレーシア/ペナン・Hard Rock Hotel Penang: Starz Diner 2019/12/13
マレーシア: ペナン国際ドラゴンボートフェスティバル 2019 (PIDBF) 2019/12/12
マレーシア/ペナン・Holiday Inn Resort Penang: Authentic Indian Cusine ② 2019/12/12
マレーシア/ペナン・Batu Ferringhi: Razak Banana Fritter 2019/12/11
マレーシア/ペナン・Batu Ferringhi: Boatman Restaurant ② 2019/12/11
マレーシア/ペナン・Batu Ferringhi: Satay@Long Beach Cafe 2019/12/10
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
36位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
15位
アクセスランキングを見る>>