FC2ブログ
« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »

ベトナム/ハノイ・ノイバイ空港: Bamboo Cafe&Fastfood&空港野宿情報

訪問:2018/12/16 21:15
評価:総合★★★☆☆★★★☆☆サービス★★★☆☆雰囲気★★★☆☆CP★★★☆☆
ギリシャから帰国して3日後にラオスに向けて出発。
バンコクからの夜行列車でラオスの首都ビエンチャンに行けるとのことで、バンコクまでは激安だったベトナム航空便を確保した。(往復全込31550円)

激安の理由はハノイで空港野宿を強いられることからだと思うが、4月のマルタ空港以来8か月ぶり。
2年前のニュージーランドクライストチャーチ空港泊 夜明かし実践レポートで書いたように、空港野宿は外に追い出されない限り何も苦痛なことはないのが普通。
横になれないから辛いと書いている方も見かけるが、エコノミークラスの夜行便に乗っていると思えば同じだし、空間が広い分だけ機内よりも快適と考えることもできる。何より宿代節約が一番の魅力だ。(ベトナムの場合は、1度入国してしまうと1か月開けないとビザなしで再入国できないという問題があるので、嫌でも入国せずに空港泊を選択するしかないケースがあるので注意。特に帰国便が欠航してしまい入国を強いられるリスクを考えると、往路便は空港泊しか選択肢が無いのだ)

空港夜明かしレポートは最後に載せるとして(☞ こちら)、寝る前に食べたものを紹介しておこう。
今回は上級資格会員を持っていないスカイチームの航空会社ということで、ラウンジは使えないのだ。




ベトナム料理系の店は無いかとセキュリティを超えて右側20番ゲート側に進み、一番端っこに近いこの店。揚げ春巻とライスヌードルで US$5.00 と、バインミーと同価格だったので決めた。

US$現金も持っていたが、カードが使えるとのことでカード払い。
おまけに、空港WiFiよりも快適に使える店専用のWiFiパスワードも入手できたので、満席近くなったら出ようと2時間も居座ってPCを使っていた。(電源は無いので、後で空港内あちこちにある充電スポットを利用すればよいとの判断)

ちなみに、ペットボトルのドリンクだが、セキュリティに近い店から奥に進むごとに安くなって、この店の数軒隣の土産物屋ではUS$1.00と半額になってしまった。あわてて買わないように注意したい。買うなら飲食店ではなく土産物店で、値札シール記載の金額を確認して購入しよう。



Spring Roll Rice Noodle(US$5.00)

揚げ物料理はこれだけしかないので、揚げ春巻はレンチンで出てくると思っていたら、しっかり揚げたてを出してくれた。



ベトナム野菜の質はイマイチだが、空港内店舗で閉店間際の時間帯となれば仕方ない。



揚げ春巻は6個。上の写真は、2段重ねの上にあった2個を食べた後のもの。形状まちまちで具材の状態からも、冷凍食品ではなく自家製のものだと分かる。

空港食堂でこのクオリティは立派。
お値段も空港価格ではあるものの、他店よりは多少安めの印象だ。



▲左:お会計  右:セキュリティの左側、34番ゲートと35番ゲートの間にもあった


※メニュー:サンプル①壁メニュー①

【店舗詳細情報】
店名:Bamboo Cafe&Fastfood
電話:04-3540-6241
営業:23:30に店を出たが、午前1時台まで出発便が多くあるので営業している可能性大
定休:無休
場所:ハノイ・ノイバイ空港A21とA22ゲート間(A34とA35ゲート間にもある)
 

【ハノイ・ノイバイ空港 夜明かしレポート】
世界あちこちの空港で空港野宿をしてきたが、ここはトップ3に入る快適度だった。
これなら、ベトナム航空のハノイ乗継格安航空券も安心して買うことが出来る。
特に利用した羽田=ハノイ便はA350-900型機だったので、機内も快適だ。

国際線乗継ゲートから出発フロアに入る前に、乗継便の搭乗券とパスポートチェックが入る。
ここで係員が翌日朝便の搭乗券であると気づき、出発ゲートで過ごすのかと聞かれたので、Yesと答えるだけで無事通過。



セキュリティを抜けて出発エリアに入ると、目の前に肘掛けの無いロングシートがずらりと並んでいた。免税店に挟まれたこのエリアなら楽に寝ることが出来ると確認して、まずは右側20番ゲート側の端まで物色。
ここで、揚げ春巻きとライスヌードルのセットを安く提供していた店を発見したというわけだ。




食べた後は、反対側の端っこである36番ゲートを目指して進むと、20番ゲート側には無かった「Transit Passengers Area」を一番端の左側に発見。



5台しかないが、マットレス付きのほぼベッドと言えるリクライニングシートがあるではないか!
これはラッキーだ。横になれる長椅子でも何も問題ないが、多少角度はあるものの段差がまったくないし、マットレス仕様の椅子で寝れるとなれば、似たような形状のシートが並ぶシンガポールのチャンギ空港よりも高品質。



一度目が覚めた午前3時に出発ゲート案内を見ると、午前2時40分の便が遅延して残っていた。朝9時15分発の搭乗便の出発ゲートもこの段階で表示されていた。(同じ時刻に同じバンコク行きのエアアジア便が出ているので注意。20番と36番という両端のゲートからそれぞれ出発することになっていた)

結局夜明かしした客は私ともう一人だけだったから、ハノイ・ノイバイ空港での夜明かし組は少ないみたいだ。
たぶん、前日の段階で翌朝便搭乗客の制限エリアへの入場を認めていないからだと思うが、これなら5台しか無いベッド仕様の椅子を奪い合う事にもならないだろう。(無くても、長椅子で横になって寝る空間は数百人分はあるので問題ない)




明るくなって目覚めた時の「Transit Passengers Area」。
最初に狙った場所もガラガラだけど、早朝便搭乗客が付近を通過するので、端っこにある「Transit Passengers Area」に分がある。



この空港、あちこちに写真のようなコンセントスペースがあるので、充電器を持っていけばスマホでもタブレットでも楽に充電できるし、私のようなPC派でも充電可能。

かなり気に入ってしまったので、激安運賃狙いで今後もベトナム航空も検索対象にしようと思っている。
関連記事

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて30年。
現在 67ヵ国を訪問
49ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
12月:台湾㊳:宜蘭・羅東
年越:ベトナム⑩:ハノイ周辺
1月:インドネシア⑨:バリ島
1月:メキシコ③、台湾
2月:マレーシア⑮、ベトナム
3月:マレーシア
4月:イタリア⑲~ドイツ
5月:アメリカ⑮:ナイアガラ
6月:台湾㊵:(芒果かき氷)
7月:イタリア⑳:南チロル
丸数字:累計訪問回数

カテゴリ
最新記事一覧
ミャンマー/ヤンゴン空港: KFC Yangon Airport店 2019/12/06
ミャンマー/ヤンゴン: Imperial Garden Myanmar Plaza店 2019/12/05
ミャンマー/ヤンゴン: Titu's Indian Bistro Junction City店 2019/12/05
ミャンマー/ヤンゴン: MIN LAN Rakhine Food@Junction City Food StrEat 2019/12/04
ミャンマー/ヤンゴン: Kyay Oh Bayin 2019/12/04
ミャンマー/ヤンゴン: シャンキッチン [Shan Kitchen] 2019/12/03
ミャンマー/ヤンゴン: ビルマビストロ [Burma Bistro] 2019/12/03
ミャンマー/ヤンゴン: Wai Wai's Noodle Place 2019/12/02
ミャンマー/ヤンゴン: 203(Myanmar Curry Restaurant) 2019/12/01
ミャンマー/ヤンゴン: Shwe Palin Junction Centre店 2019/12/01
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
44位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
18位
アクセスランキングを見る>>