FC2ブログ
« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »

ギリシャ/アテネ: Ambrosia@Crowne Plaza Athens-City Centre

訪問:2018/12/11 19:50
評価:総合★★★☆☆★★★☆☆サービス★★★★☆雰囲気★★★☆☆CP★★☆☆☆
キプロスから再びアテネに戻り、今日の宿であるCrowne Plaza Athens-City Centreにチェックインすると、無料の特典宿泊にもかかわらずジュニアスイートルームにアップグレード!
スタンダードルームとの差額が3万円は金額ベースで過去最高、率にして250%アップも先月泊まった HIR Baruna Bali に次ぐ水準だ。(☞ IHGスパイアエリート会員アップグレード記録



ということで、いつものように大幅アップグレードのお礼にホテル直営レストランで夕食をいただくことにした。その前に、クラブラウンジでアルコール(家内のみ)と軽食類を食べているが、この日は昼抜きなので問題なし。(笑)




注文を終えると、2種類のパンとバター代わりのハーブチーズが出てきた。
ここは高級ホテルらしく無難なお味。



Grilled shrimps with asparagus, orange, sesame and honey(€16.50)

前菜からは、海老のグリルをチョイス。
3日前にキプロスのMEZE Tavernaで食べたものと比較したかったのだ。

2人でシェアすると伝えたので、ちゃんと取り皿も2枚用意してくれたのは良いが、1皿2千円を超えるのにキプロスで食べた海老よりも1回り小さいうえに、サイズがまちまちのものが4尾だけ。
海老の食感は同じだったので、同じ種類の海老だと思う。



ちゃんと硬い殻を外して出してくれたところは高級ホテルの店らしいが、ギリシャで海老料理を食べてはいけないということかな。高いうえに美味しくないのだ。

ただし、付け合わせというか体積比ではメインとも言えそうな野菜は美味しい。
アスパラの茹で加減はバッチリだったし、熱した油をかけてトスした感じの刻んだ白菜を中心としたサラダは、白菜サラダとは思えない独特な風味があって美味。



Smoked salmon with cottage cheese, asparagus and light French dressing with dill(€13.00)

家内がメインに選んだのは、軽食メニューからスモークサーモンのサラダ。
高級ホテルの朝食バイキングで出てきそうなものを頼んだので、どうしてかと聞いたら魅力的なメニューが無いからだと。

しかし、先ほどのしょぼい海老のグリルよりも安いのに、たっぷりのスモークサーモンが乗って出てきたのにはびっくりした。
お味の方は、ごく普通の朝食バイキングレベルのスモークサーモンだったが、それよりもカッテージチーズ表記のチーズの美味しさに感動。



拡大するとよくわかるが、まるでブッラータチーズのようにクリームを加えて混ぜてあるのだ。
お味はブッラータのモッツアレラと違うが、カッテージチーズという味でもない。何だったんだろう?



Grancappelletto romagnolo stuffed with anthotyro cheese, tomato and basil(€16.50)

私は、手打ちパスタ系であることに掛けて Gran Cappellettoをチョイス。
手打ちかどうかは微妙だったが、予想通りラビオリ系のパスタが出てきた。



中身の anthotyro cheese は、翻訳を掛けると自動検出でギリシャ語になったので、ギリシャのチーズかな?
チーズらしい主張は感じられなかったし、パスタソースもバジルソースが足りず、まあこんなものだろう。でも、わが地元さいたまイタリアンの優秀な店と遜色ないレベル。(値段はちょっと高め)




お会計は、炭酸水代を入れて €51.00 の伝票に部屋付けのサインを入れたが、チェックアウト時の請求は1割引きになっていた。
宿泊者は割引になるのかもしれないが、何も知らずにサインしてもちゃんと値引きして請求して来るところは、さすが高級ホテル。インターコンチネンタルをキャンセルして、こちらに乗り換えたのは正解だった。


※メニュー:前菜・サラダ・スープ軽食・ベジタリアン・パスタ・メインデザート

【店舗詳細情報】
店名:Ambrosia@Crowne Plaza Athens-City Centre
電話:210-727-8000
営業:6:30~24:00
定休:無休
住所:Crowne Plaza Athens-City Centre GF, 50 Mihalakopoulou Avenue, 11528 Athens
GPS:37.977022, 23.755025 (☞ Bing Map


ギリシャの訪問レストラン一覧


翌日午前中は快適な部屋でのんびり過ごし、昼から徒歩35分(実測)のアテネの街を見下ろせる丘(Mount Lycabettus)の上にのぼり、家内の希望で博物館や中心部にある遺跡を回ってから空港へ。
ラウンジで、昔から愛読している旅レポートのayaさんとお会いすることが出来て(彼女が旅行中にリアルタイムでTwitter発信していた内容から利用ツアーを特定し、同じ便で帰国することが分かったのでコンタクトを取った次第)、最後は楽しく締めることが出来た。

恒例の旅の費用の紹介だが、アテネからキプロス往復とロードス島往復の航空券を含めて2人で43万円也。当初予約していた1泊少ないエジプト・トルコツアーの総費用よりも少し安い金額で終えることが出来た。

■今回の旅の費用(注:家内と出かけたので総額の半分で表示)
往復航空券: 91280円 成田<>イスタンブール<>アテネ by トルコ航空
現地航空券: 31792円(€242.69)アテネ<>ロドス、アテネ<>ラルナカ by オリンピック航空
現地宿泊費: 45424円(€346.75/8泊;うち2食付2泊,朝食付3泊,特典1泊,5つ星1泊)
現地交通費: 16586円(€126.61)レンタカー(3日間x2回)・燃油・空港バスx2往復・地下鉄
飲食雑費等: 26088円(€199.15)飲食・入場料・雑費
国内交通費: 2826円
旅費合計:  213996円...2人で約43万円(14028マイル獲得/ANA)

残りの家内との約束は、エジプトピラミッドとナイヤガラの滝だけ。ナイヤガラは個人旅行で行くが(私はアメリカ側とカナダ側の両方を別のタイミングで見に行っている)、ツアーでないと無理と思っていたピラミッドも個人旅行で行こうかなぁ。ayaさん曰く、トルコやエジプト等のツアーは現地ガイド費用を土産物屋に連れていくことでカバーしているそうで、あちこち観光とは関係ない高い土産物屋に連れまわされるのは仕方ないとの話だったことから、ツアーは極力避けたい気分になったのだ。

この後は、バンコク経由のラオス旅行を現地からお届けする予定だ。
バンコクで夜行列車の切符が取れればビエンチャンとルアンパバーン、取れなければ空路でルアンパバーン往復になる計画。
関連記事

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて30年。
現在 67ヵ国を訪問
49ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
12月:台湾㊳:宜蘭・羅東
年越:ベトナム⑩:ハノイ周辺
1月:インドネシア⑨:バリ島
1月:メキシコ③、台湾
2月:マレーシア⑮、ベトナム
3月:マレーシア
4月:イタリア⑲~ドイツ
5月:アメリカ⑮:ナイアガラ
6月:台湾㊵:(芒果かき氷)
7月:イタリア⑳:南チロル
丸数字:累計訪問回数

カテゴリ
最新記事一覧
マレーシア/ペナン・ジョージタウン: 大東酒樓(Tai Tong Restaurant) 2019/12/06
ミャンマー/ヤンゴン空港: KFC Yangon Airport店 2019/12/06
ミャンマー/ヤンゴン: Imperial Garden Myanmar Plaza店 2019/12/05
ミャンマー/ヤンゴン: Titu's Indian Bistro Junction City店 2019/12/05
ミャンマー/ヤンゴン: MIN LAN Rakhine Food@Junction City Food StrEat 2019/12/04
ミャンマー/ヤンゴン: Kyay Oh Bayin 2019/12/04
ミャンマー/ヤンゴン: シャンキッチン [Shan Kitchen] 2019/12/03
ミャンマー/ヤンゴン: ビルマビストロ [Burma Bistro] 2019/12/03
ミャンマー/ヤンゴン: Wai Wai's Noodle Place 2019/12/02
ミャンマー/ヤンゴン: 203(Myanmar Curry Restaurant) 2019/12/01
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
44位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
18位
アクセスランキングを見る>>