FC2ブログ
« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »

クロアチア/ドゥブロヴニク(Dubrovnik): Taverna ARSENAL

訪問:[2011/5/7 11:00]
評価点:総合★☆☆☆☆☆☆☆☆☆サービス★☆☆☆☆雰囲気★★★☆☆CP☆☆☆☆☆
クロアチア最終日。
初日は雨天、前日は時間切れでパスしたクロアチア観光の中心であるドブロヴニクの旧市街(世界遺産)へ。

モンテネグロのコトル(Kotor)の宿を朝7時に出発し、前日注目した途中の街で軽く街歩き。
国境越えは予定通り午前9時だったが、たった十台程度の行列なのに通過に30分もかかった。
いざ私の番だと速攻OKで通過させてくれるんだけどなぁ・・

まずは、紛争で破壊されていたロープウェイが最近復旧したというスルジ山に登って(もちろん車でだが)、旧市街を頂上から拝む。続いて城壁のある旧市街へ向かったが、オフシーズンとは思えない混雑ぶりだ。他ではほとんど見なかった日本人も、それなりに見かける。

午後1時には20Km離れた空港に戻らないといけないことから11時にはランチを取りたかったが、お目当ての店は12時開店でダメ。クロアチア通貨の現金が余っていたことから高級店狙いだったので、城壁の反対側に回って見つけた店がココ。

正面から見た外観 横から見た外観

いかにも高級風で、店頭表示価格を見ても周囲の店のより4~5割ほど高い。その影響もあって、見事なまでに客がいない。コペルト(15KN≒260円)まで徴取と記されていたので、ガラガラなのは設定価格の問題であって、それなりに真っ当なものを食べさせてくれると期待したわけだが・・

歩道との境は低い壁だけ 席の真正面の景色
▲席からの眺め(歩道を歩く観光客と握手できてしまうポジションだ)

席はどこでも良いという事で、海側の一等席を確保。
陽が当たるのはともかくとして、目の前を多くの観光客が通る(ガラガラの店内でただひとり東洋人のオッサンが食べている光景は、間違いなく見せ物になる)という状況、通常なら絶対に選ばない席だが、取材を兼ねていると割り切って。埼玉イタリアンのランチで、女性客100%の店に単独で乗り込む事に慣れた結果だ。(笑)

サービス担当の男性はそっけない対応で、この段階で見かけ倒しの高級店であることは悟ったが、とりあえず注文した Diet Coke(25≒430円)のグラスに大きな割れ目を発見。

コーラのグラスは割れていた!

三流レベルのサービスを考えれば、こんなグラスを出して来るのは当然と解釈すべきだろうが、完全に選択を誤った。とはいえ、すでに注文は終えているので店を出るわけにもいかず、諦めて料理が来るのを待つしかない。

パン
パンに塗る魚のペースト

まずはパンと、パンにつけるペースト状のものが出てきた。
パンはいかにも量産品風、ペーストはサーモン入りのツナ風味といった感じの、欧米のスーパーで大きなパックでスプレッドとして売られているものと同水準。

Platter LOKRUM
Platter LOKRUM(75KN≒1280円)
Salted and malinated anchovies, octopus salad, fish pate

冷前菜からは、当地の名物とガイドブックに書かれていたタコのサラダ。単品でもあったが、他の料理も盛られているプラッターを選択してみた。LOKRUM は、ドゥブロブニクの沖合にある島の名前。

驚いたことに、メニュー上に記されている fish pate は、パンと共に出てきたペーストと同じもの。つまり、その程度の内容。同じものを出して来るという姿勢を見ても、どうしようもない店であることは明白だ。

octopus salad をアップで

期待のタコサラダ、小さなタコをぶつ切りにしただけで柔らかくない。南欧で食べるタコは、事前にしっかり叩くことで驚くほど身が柔らかくなるものだが、そんな手間をかけているものでないし、お味の方もありきたりで話にならない。

鰯のマリネをアップで

イワシのマリネは、味こそ平凡だが、魚体の脂の乗りが程よい感じでまあまあ。
皿全体を通してみると、説明書きの通りの寂しい内容。

Fish Soup Fish Soup の中身
Fish Soup(35KN≒600円)

期待の魚のスープは、最悪!!
一口飲んで、インスタントと分かる味だ。もはやこれまでという感じ。
いくら観光地の中心の目立つ店とはいえ、これだけ高価格の店でここまで酷いのも珍しい。

Grilled vegetables
Grilled vegetables(40KN≒680円)
eggplants, zucchini, peppers

多少なりとも警戒していたことから、メインは一番安い野菜グリルを頼んでみた。
一昨年南仏で食べたグリル野菜が美味しいかったので、同じ海沿いということで頼んだわけだが、よくもまあ、こんなに鮮度の悪い味の抜けた野菜を使って出して来るものだと、悪い意味で感動した。高い料理を頼まなくて良かった。

そんなわけで、何度も書いているが観光地の中心地で食べるものではないなと。
今回は確信犯的だったので諦めも付くが、総額3230円也の悲惨なランチのご紹介となった。
お隣(城壁ゲート側)にある、ガイドブックが魚介のリゾットを絶賛していた店を無視した私が悪いのだ。

採点は、CPと味の両方に無星を進呈。たぶん当ブログで2分野無星を進呈した店は初めてだと思う。


メニュー英語版

【店舗詳細情報】
店名:Taverna ARSENAL
電話:020-324-747
住所:Gorica Sv. Vlaha 77, Dubrovnik

大きな地図で見る
関連記事

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて25年。
現在 65ヵ国を訪問
47ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
11月:ベルギー⑥、スペイン
12月:ギリシャ②、キプロス
12月:ラオス
年越:台湾
1月:モルディブスリランカ
1月:マレーシア⑫,カンボジア
2月:ベトナム
3月:台湾
4月:フランス⑳、スペイン
5月:ポーランド④、台湾
6月:リトアニア②、ラトビア
7月:台湾
8月:スイス⑨、イタリア
丸数字:累計訪問回数

国内の食べ歩きはこちら
カテゴリ
最新記事一覧
セルビア/ニシュ [Niš]: Tavern Kod Rajka 2018/10/22
セルビア/スボティツァ [Subotica]: Boss Caffe 2018/10/20
セルビア/ソンボル [Sombor]: Restoran Stari Slon (Old Elephant) 2018/10/19
セルビア/ノヴィサド [Novi Sad]: Veliki Cafe Restaurant 2018/10/18
セルビア/ノヴィサド [Novi Sad]: Toster Bar 2018/10/17
セルビア/ノヴィサド [Novi Sad]: Restoran Terasa 2018/10/16
セルビア/ノヴィサド [Novi Sad]: Astal Saren 2018/10/15
セルビア/ノヴィサド [Novi Sad]: Petrus Caffe Gallery Bar 2018/10/14
セルビア/ベオグラード: Restoran Singidunum@Holiday Inn Belgrade 2018/10/13
アイルランド/ダブリン [Dublin]: Cinnabarアカ@Crowne Plaza Dublin Airport 2018/10/11
北アイルランド/ベルファスト [Belfast]: The Green Room@Crowne Plaza Belfast 2018/10/10
北アイルランドのマナーホテル/エニスキリン[Enniskillen]: Manor House Country Hotel 2018/10/09
アイルランド/ドネゴール [Donegal]: Mcglynns Restaurant 2018/10/07
北アイルランド/ロンドンデリー [Londonderry]: Badgers Bar and Restaurant 2018/10/05
ブリスベン 無料のリバークルーズ「CityHopper」を使い倒そう! 2018/10/03
ビジネスクラス機内食/カンタス航空: ブリスベン(BNE)⇒成田(NRT) 2018/10/01
オーストラリア/ブリスベン [Brisbane]: PappaRich Malaysian Delights 2018/09/29
オーストラリア/ブリスベン [Brisbane]: R SUSHI 2018/09/27
ビジネスクラス機内食/カンタス航空: シドニー(SYD)⇒ブリスベン(BNE) 2018/09/26
ビジネスクラス機内食/カンタス航空: 羽田(HND)⇒シドニー(SYD) 2018/09/24
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
55位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
21位
アクセスランキングを見る>>