FC2ブログ
« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »

ビジネスクラス機内食/キャセイパシフィック航空: ブリュッセル(BRU)⇒香港(HKG)

搭乗:2018/11/13 12:30発 CX338便
評価: 総合★★★★☆★★★★☆サービス★★★☆☆雰囲気★★★★☆
3泊4日のスペインバスク旅行に4泊5日のベルギー・オランダ旅行を終えて、香港まで。帰国ではなく、次の目的地であるバリ島へ向かうためのフライトとなる。
香港での当日乗継便が特典航空券では取れず(個別に検索すると空いていたが、発券ルール上の問題らしく香港でストップオーバーしないといけないとのことだった)、仕方なく宿代の高い香港で1泊することになった次第。



まずは、ブリュッセル空港のラウンジだが、発行されたインビテーションは何故かスターアライアンス側のブリュッセル航空ラウンジ「The Suite」。
お隣にワンワールドの英国航空ラウンジがあるのに、何故なんだろう?



しかし、航空会社の本拠地ラウンジとなると悪くはないハズなので期待して入室するものの、窮屈に並べられたイスとテーブルに質素な食べ物とガッカリ。
往路スペインに飛ぶ際にはシェンゲン圏内用ラウンジを使っているが、そちらの方が豪華な雰囲気で食べものも豊富だった。欧州の航空会社でこのパターンは、初めてかもしれない。

実は、ラウンジ利用料が安いので、インビテーションがスタアラ側のラウンジだったのかも??

**********

往路便は夜行便だったが、今回は昼間発の便ということで、多少は機内食に期待しての搭乗だ。
メニューは新聞形式、サービスも往路と同じなので、その部分は省略して紹介したいと思う。
詳しくは往路便のレビューをご覧いただきたい。



離陸前のウエルカムドリンクはオレンジジュースを頼んでみたが、エコノミークラスで出すような安物市販パック入りの味でガッカリ。優秀な航空会社は、オレンジジュースにもこだわりを見せてくれるのだが・・
離陸後の食前酒はお決まりのダイエットコークにしたが、往路と違ってナッツが出てきた。
ちゃんと温められたカシューナッツとアーモンド。少し名誉挽回?


最初の食事は昼食表記。食前酒の注文と同時に、メイン料理の選択を聞かれたので、ここは美味しい香港料理の海老をチョイス。
先頭から3列目だったからか、問題なく注文が通った。



最初の前菜を配りに来ると、なぜか注文した海老はすぐに出てくるからねってスキップされてしまった。どうも、前菜も3択で注文制だったみたいだ。

成田=香港線では3種類出てきた記憶があったので間違えたわけだが(記憶自体が間違いだった)、サラダは品切れだけどツナかスープならあるというのでツナをお願いした。


Spiced tuna
Crushed pink peppercorn marinated cucumbers


と、出てきた皿はマグロの刺身。
ではなくて、燻製前の下処理を施したマグロという感じ。
マリネした胡瓜との表記は、トルコ料理のヨーグルトで和えた胡瓜のソースだった。



マグロの下には、細切り昆布みたいな海藻サラダが隠れていた。
ラウンジ食を控えたので、割と美味しかったパンを全部食べてしまったのだが、後で失敗に気づくことになる。



Stir fried prawns with spring onion and ginger
Choy sun, steamed jasmine rice


メインの海老は、予想外にしょぼい。
かなり前の話だが、シンガポール航空のシンガポール⇒ハノイ線で出てきたものをイメージしていたので、ちょっとがっかり。



それに、海老の調理方法もご当地香港発ではなくベルギー発だからか、手を抜いて揚げてある。
こうなると、香港の海老料理特有のプリプリ感は無理だよなぁ。



左:Cheese plate
  Bergian brie, pere joseph, water crackers, grapes and fig jam

右:Cannoli Siciliani

デザートはチーズとシチリアの郷土菓子カンノーリがあるとのことで、それをお願いした。
ところが、出てきたのはカンノーロではなく、グラスに入ったクリーム。違うよねって返したものの(CAさんがシチリアのカンノーロがどんなものか知っていたのだ)、メニューの記載が違っていてこれしか搭載していないとの話だったことから、いただくことにした。

そのクリーム、本場のカンノーロのクリームとは似ても付かないものだったが、ほんのりリコッタチーズの味はするし、ピスタチオの味もするので、これを「カンノーリ」としているみたいだ。



Hong Kong style milk tea

食後のお茶は、香港スタイルのミルクティーというのを発見して頼んでみたら、なんと粉末を溶かして作ったものだった。(台湾で買ったものと同じ味ということで判断)
それが香港スタイルなのかもしれないけど、なんだかなぁ・・

**********

さて、昼行便(?)ということで、往路と同じ品ぞろえで魅力は無いものの中間食を物色しにギャレーに行くと、何も置いていない。CAさんに何かないのと聞くと、メニューに記載されているものなら何でも注文できると!
そんなこと知らないので、覚悟が出来ていないではないか。それならそうと、他社と同じようにメニューにいつでも何でもオーダー可能と記載しておけばよいのに・・

キャセイの長距離路線の機内食はオーダーバイキング制だったわけで、だから1品1品が軽めな構成になっているわけだった。
これ、アナウンスしなければ分かるわけないのだから、サービス点減点対象。(笑)




とっさに判断できずに、予定通りアイスクリームとナッツしか頼まなかったけど、食べたものに対して採点しているので、損してるな。
このアイスクリームだが、一度半分ほど溶けてしまったものを固めた感じのものだった。
わざわざ証拠写真を載せるようなことはしないが、蓋を取った段階で容易に判断できた。

***********


Traditional Western Breakfast

到着2時間前の明かりを少しだけ付けて事前オーダー制の朝食を配り始めた。
往路は中華粥を選んだので、復路は一般的な洋風朝食を注文。


Warm pastry selection
Seasonal fresh fruit


温められたクロワッサンは、油脂分控えめのパリパリタイプ。
バターが付いていたので、たっぷり付けていただければOK。
好物のパン・オ・レザンも控えめな甘さでまずまず。


Mushroom omelette, streaky bacon,
Lyonnaise potatoes and grilled tomato


ただ、オムレツはいただけない。
エコノミークラスで出てくる機械生産的なものではなく、ちゃんと手作りしている感じではあったものの、具材が寂しいし卵も焼きすぎ。
なかなかANAで出てきたようなフワトロオムレツ(☞ こちら)を出してくる航空会社は無いようだ。


右:Smoothie

キャセイの長距離路線の機内食、期待したほどではなかったものの(最初から全品いつでもオーダーできると知っていれば、また印象が違ったかもしれない)、A350の機内は快適そのもの。
機内食の注文方法を失敗していたことを最後に知ったので、20万マイル残っているJALマイルの残りを使ってリベンジしようかな。

今月からJAL特典航空券制度が大幅に改悪されたので、ほぼ改悪されていない世界一周旅程で使おうと企んではいるが、例によってまったく予約が取れない飾りだけの案内でないことを祈るしかないか。
本当に国際線旅程では使えなくなってしまったJALマイルだ。(しかもANAと違って高額発券手数料を取るし・・)


※メニュー:昼食中間食・朝食朝食注文票アルコールノンアルコール

ビジネスクラス機内食 航空会社別レビュー&ランキング
関連記事

テーマ : ビジネスクラス機内食
ジャンル : グルメ

« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて30年。
現在 67ヵ国を訪問
49ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
5月:ポーランド④、台湾
6月:リトアニア②、ラトビア
7月:台湾㊱:(芒果冰)
8月:スイス⑨、イタリア
8月:台湾㊲,インドネシア⑧,他
9月:ルーマニア②,ブルガリア
10月:スペイン⑰,ポルトガル
11月:マレーシア
年越:ベトナム⑩:ダラット
2月:マレーシア⑮:(経由地)
丸数字:累計訪問回数

カテゴリ
最新記事一覧
フランス/トゥールーズ[Toulouse]: Au Bon Graillou@Victor Hugo市場 2019/04/24
フランス/トゥールーズ[Toulouse]: La Faim des Haricots +エアバス航空博物館 2019/04/23
フランス/トゥールーズ[Toulouse]: Le Kiosque(Gabriel Péri店) 2019/04/22
フランス/トゥールーズ[Toulouse]: Mille et une Pâtes 2019/04/21
フランス/トゥールーズ[Toulouse]: Le Bibent 2019/04/20
フランス/ブリーヴ・ラ・ガイヤルド [Brive la Gaillarde]: Boulangerie de la Gare Sari Bourdet 2019/04/18
フランス/ペリグー[Périgueux]: Little Cocotte 2019/04/17
フランス/ペリグー[Périgueux]: La Taula 2019/04/16
フランス/ペリグー[Périgueux]: Hercule Poireau 2019/04/15
フランス/ペリグー[Périgueux]: Un Parfum de Gourmandise 2019/04/13
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
38位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
16位
アクセスランキングを見る>>