FC2ブログ
« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »

セルビア/ベオグラード: Restoran Singidunum@Holiday Inn Belgrade

訪問:2018/10/11 18:45
評価点:総合★★★☆☆★★★☆☆サービス★★★☆☆雰囲気★★★☆☆CP★★★☆☆
今年13回目の海外旅行は、初訪問国のセルビア。
西欧諸国はレンタカーでほぼ全域出かけてしまったことから、今年から東欧シフトしはじめているのだが、西欧と比べて物価が安く総コストも抑えられるので、来年以降も東欧中心に回る計画だ。(☞ 今後の旅行計画

ちなみに、JALやANAで東欧に行くと運賃がべらぼうになるものだが、中東系航空会社を使うと驚くほど安く行くことが出来る。
今回はカタール航空利用で、往復燃油税込63600円。
提携しているJALマイル加算非対象の運賃クラスではあるものの、ANAと違って国際線では使えないに等しい状態となってしまったJALマイルを貯めても仕方ないから全然OKだ。



初日の宿は、ニュー・ベオグラードにあるホリデーイン・ベオグラード。
IHGスパイアエリート会員の威力はなかなかで、ここでもわずか15000pt(約1万円相当)の特典宿泊なのに、通常は指定予約できない最高峰の部屋をアサインしてくれていた。(☞ IHGスパイアエリート会員宿泊アップグレード記録



Executiveフロアの端に2部屋だけある2倍の広さがあるジュニアスイートルームだ。
ということで、いつものように大幅アップグレードのお礼で、初日の食事はホテル内のレストランでいただくことにした。




ディナー営業開始時間から出遅れて出かけたものの、先客は1人だけ。
店内に入ってもスタッフを見かけず、入口にあるバーコーナー担当のお兄さんが対応してくれた。
この段階で、まったく期待できないレストランという印象が先行した。



注文を終えると、パンとパン皿にバターナイフを持ってきてくれたのだが、バターも無いのにバターナイフ?
どうも、あとから来た客にはバターも出していたようなので、単に忘れたようだ。

このパン、温めればマシな雰囲気はあったものの、そのままでは不味い。



Srpska teleća čorba(450din≒500円)
Serbian veal soup


初日なので、セルビア料理狙いで注文したのだが、最初はセルビアンスープ。
仔牛肉のスープと記されていたが、表面に浮いているのは最後にブロック状のまま投入した有塩バター。

ちょっと量が多くて脂っぽかったので、先ほどのバター無しで出てきたパンに付けていただいたが、付けるのではなくちぎったパンをスープに投入していただくと美味しいことを発見。



スープの具材は人参と玉ねぎで、お題の仔牛肉は無いなぁと思っていたら、底の方に細かなのが少し沈んでいた。
このスープ、バターをトッピングするまでも無くバター味が濃厚で塩分きつめ。
味は良いので、バターを無塩バターにすれば、かなり美味しくいただけそうな気がした。



Svinjski paprikaš sa dimljenom paprikom(950din≒1050円)
Pork casserole with smoked paprika, bacon and vegetables served with young potato


メインに選んだのは、特にセルビア料理とは記されていなかったものの、注文を受けてくれたバーコーナーのお兄さんが言うにはセルビア料理だそうだ。



この、茹でてバターを軽くまぶしたような小型ジャガイモの皿が特徴?(単品でも存在した)
芋自体の味は良かったので、この先フレンチフライも試してみようと思う。



本体のシチューだが、かなり濃いトマトベースのお味で、肉はもちろん野菜もたっぷり。



その豚肉だが、スライス肉をグリルしたもののほかに、くず肉っぽい塊肉も入っていた。
スモークパプリカがあるとの記載だったが、確かに何らかの加工されたパプリカは入っていたものの、あまりスモークという感じはせず。長時間煮込まれてトロトロになってしまっていたからだろう。

特に記載は無かったものの、キノコ類が2種類入っていて主張していた。これは旨い。
ただ、先にいただいたスープと同様に全体的に塩辛いのは、シェフの問題かもしれない。

そのシェフ、後から挨拶(?)に来たのだが、私が日本人だという情報が伝わっていたみたいで、わざわざ日本語で「どうぞお召し上がりください」なんて声をかけてきてびっくり。
セルビアが親日国家だという話を聞いていたが、こんなところで確認できてしまった。



Šopska salata(350din≒390円)
Serbian salad with cheese


メインのサイドに頼んだセルビアサラダだが、最初はチーズが乗っていなかった。
チーズ無いよって抗議したら、厨房に引き上げてから再度持ってきてくれたのが右の写真。

セルビアン・サラダの画像検索をして予想していたものとずいぶんと違うが、トマトも胡瓜も味が濃い。今の日本では、こんな味の濃い野菜を食べることはできなくなってしまったなぁ。
大量安定生産を求める大手スーパーと、仕方ないにせよそれに応える農家(農協)側の弊害だ。

奥に入っていた玉ねぎとパプリカの味も美味しいことが確認できたので、この後もサラダ類は積極的に注文することにしよう。


※メニュー:前菜・スープメイン・サイド①②・デザート

【店舗詳細情報】
店名:Restoran Singidunum
電話:011-3100560
営業:12:30~17:00、18:30~23:00
定休:無休
住所:Holiday Inn Belgrade, Španskih boraca 74, Beograd 11070
GPS:44.809692, 20.414560 (☞ Bing Map

関連記事

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて30年。
現在 67ヵ国を訪問
49ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
4月:フランス⑳、スペイン
5月:ポーランド④、台湾
6月:リトアニア②、ラトビア
7月:台湾㊱:(芒果冰)
8月:スイス⑨、イタリア
9月:ルーマニア②,ブルガリア
10月:スペイン⑰,ポルトガル
年越:ベトナム⑩:ダラット
丸数字:累計訪問回数

カテゴリ
最新記事一覧
台湾/澎湖・馬公: 澎湖人蛋黄麺 2019/03/22
台湾/澎湖・馬公: 城隍廟前焼肉飯 2019/03/22
台湾/澎湖・馬公: モスバーガー[摩斯漢堡] 澎湖店 2019/03/21
台湾/澎湖・馬公: 回味天津小籠湯包 2019/03/21
台湾/澎湖・西嶼鄉小門村: 小萍の店(小萍的店) 2019/03/20
台湾/澎湖・西嶼郷: 清心飲食店 2019/03/19
台湾/澎湖・二崁聚落保存区: 二馬豆花 2019/03/18
台湾/澎湖・馬公: 福鴨鴨肉大王 2019/03/17
台湾/澎湖・馬公: 郵局口蔥油餅 2019/03/17
台湾/澎湖・馬公: 福牡蠣屋 2019/03/16
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
50位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
21位
アクセスランキングを見る>>