FC2ブログ
« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »

イギリス/グラスゴー [Glasgow]: Rishi's Indian Aroma (Glasgow店)

訪問:2018/9/4 18:45
評価点:総合★★★☆☆★★☆☆☆サービス★★★★☆雰囲気★★★☆☆CP★★★☆☆
12日目は、6年前のスコットランド古城めぐりで走ったルートの一部を経由して、ダンバートン城[Dumbarton Castle]に寄ってからグラスゴー[Glasgow]の街の中心まで。


▲今日のルート実績ログ

ここでレンタカーを返して、翌日はバスとフェリーを乗り継いで北アイルランドのベルファスト[Belfast]に移動する計画だ。
今回も英国のぼったくり空港税(約2万円)を回避する作戦に出たというわけだ。




リーズ[Leeds]のTharavaduで南インド料理を食べたので、今度は北インド料理を食べてみようと物色した結果、専門店ではないもののナンもそれなりにカバーしていたこの店に入ることにした。



Masala Chai(£2.00≒290円)

マサラティーがあったのを家内が見つけて注文したのだが、変わった容器に入れて出てきた。
甘さがまったくないので砂糖はお好みでということだが、これは砂糖をたっぷり入れた方が美味しい。



Rishi's mixed grill(£15.95≒2350円)
A mixed Platter of tandoori chicken, Chicken Tikka, Shish Kebab, King Prawn & Lamb Tikka.


メインはタンドリーチキンを食べたかったので、ミックスタンドリーをシェアで食べると言って注文。
シェアして食べるならセットの方が色々楽しめていいよとアドバイスしてたので、従うことにした。



手前左が胸肉1枚分のタンドリーチキン、中央上部が他の部位色々のタンドリーチキン(チキンティッカ)。
日本人にはモモ肉の方が美味しいなぁ。でも、味付けに関しては日本で食べるものと同じ感じ。



左の羊肉は、香草たっぷりというよりはホウレン草ペーストでも塗ったような緑色。
肝心の羊肉のお味だが、可食部が少ないせいもあって微妙というか、スコットランドの美味しい羊肉という印象には程遠い感じ。(たぶん輸入冷凍肉だと思う)

右は大海老だが、羊肉がダメな家内にあげたので不明。



シシケバブは、ハーブ類をたっぷり練り込んだ感じで独特。
個人的には、羊肉をしっかり味わえる味の方が好きだが、まあ普通にいただけた。



一緒にでてきたカレーソースは、ベジタリアン仕様のものかな?
割とマイルドな辛さで、別に頼んだナンといっしょにいただくと美味。



Naan(£2.95≒430円)

そのナンだが、単品で別のナンを頼んだつもりだったが、普通のナンが出てきた。
この記事を書く段階で気づいたのだが、どうも追加注文したドーサに含まれていたみたいで、課金されていなかった。



しかし、ナン自体のお味は趣味でない。
日本やマレー半島で食べるナンのような厚みが無く、クレープのような薄さ。
円形に焼いてあるので、タンドールで焼いたものとは思えないものだ。



Lamb Dosa(£7.45≒1100円)

周りの人たちに運ばれているドーサが巨大だったので食べてみたくなり(ほとんどの方が頼んでいたみたい)、追加で注文したのがラム・ドーサ。
これも円形に焼いたもの丸めてあるが、直径50cmにもなる巨大バージョンだ。



ドーサの筒の中には、小さなダイス状にカットされたラム肉を加えたジャガイモベースのペーストが100g位。サモサの中身という感じ。

日本で食べるドーサと違って、生地自体がクレープのようなほのかな甘さがあったが、ラム肉入りの芋ペーストが予想外に辛くて完食は断念。(家内は羊肉がダメなので食べることが出来ない)
まあ面白い料理だけど、リピートはしたくないな。




お会計をお願いすると、ミントチョコが付いてきた。
こちらのレストラン、時々チョコが会計時に付いてくるのだが、インド料理に限らずすべてミントチョコだった。

追加注文したナンが計上されずにドーサ側に記載されていたことを気づいたのが写真の編集をしている段階だったので、ドーサにナンが無料で付いてきた形になっていたというわけ。
でも、メニューにはナンが付くと書かれていないので、サービスしてくれたのかもしれない。

あと、グラスゴー以外にも店があったので、チェーン店ではないものの複数店舗を展開している店であることに気づいたのも、この記事を書く段階の話だ。


※メニュー:店頭掲示前菜ドーサ南インド料理カレー魚・野菜・ナンタンドリードリンク

【店舗詳細情報】
店名:Rishi's Glasgow
電話:0141-332-2522
営業:12:00~23:00(金土日以外は15:00~17:00中休み)
定休:無休
住所:61 Bath Street, Glasgow G2 2DG
GPS:55.863780, -4.256803 (☞ Bing Map


訪問したイギリスのレストラン
 

【ダンバートン城 [Dumbarton Castle] の風景】
入場料:£5.00
営業:9:30~16:45(4~9月),10:00~15:15(10~3月)
定休:木曜日・金曜日(10~3月のみ)
GPS:55.936039, -4.562301(☞ Google Map
案内掲示①城内地図掲示

▲左:入口  右:この手前までは無料で入れる


▲左:城壁歩きが出来るのはこの部分だけ!(地図の①コースのみ)




▲地図の②(最高峰)から⑦方向を拝む


▲左:弾薬庫跡  右:入口方向を見下ろす
 

【グラスゴー [Glasgow] の風景】
(☞ 街の地図掲示









関連記事

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて30年。
現在 67ヵ国を訪問
49ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
12月:台湾㊳:宜蘭・羅東
年越:ベトナム⑩:ハノイ周辺
1月:インドネシア⑨:バリ島
1月:メキシコ③、台湾
2月:マレーシア⑮、ベトナム
3月:マレーシア
4月:イタリア⑲~ドイツ
5月:アメリカ⑮:ナイアガラ
6月:台湾㊵:(芒果かき氷)
7月:イタリア⑳:南チロル
丸数字:累計訪問回数

カテゴリ
最新記事一覧
マレーシア/ペナン・ジョージタウン: 大東酒樓(Tai Tong Restaurant) 2019/12/06
ミャンマー/ヤンゴン空港: KFC Yangon Airport店 2019/12/06
ミャンマー/ヤンゴン: Imperial Garden Myanmar Plaza店 2019/12/05
ミャンマー/ヤンゴン: Titu's Indian Bistro Junction City店 2019/12/05
ミャンマー/ヤンゴン: MIN LAN Rakhine Food@Junction City Food StrEat 2019/12/04
ミャンマー/ヤンゴン: Kyay Oh Bayin 2019/12/04
ミャンマー/ヤンゴン: シャンキッチン [Shan Kitchen] 2019/12/03
ミャンマー/ヤンゴン: ビルマビストロ [Burma Bistro] 2019/12/03
ミャンマー/ヤンゴン: Wai Wai's Noodle Place 2019/12/02
ミャンマー/ヤンゴン: 203(Myanmar Curry Restaurant) 2019/12/01
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
44位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
18位
アクセスランキングを見る>>