FC2ブログ
« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »

台湾/高雄・後驛駅: 後驛鴨肉飯(鴨肉飯專賣店)

訪問:2018/6/26 18:50
評価点:総合★★★☆☆★★★☆☆サービス★★★☆☆雰囲気★★★☆☆CP★★★★☆
3日目の昼間は、阿伯磚頭冰人來走走手作雪花冰刨冰葉月堂‧手作リ雪花冰專売店と渡り歩き、一度ホテルに戻って原稿書きをした後、夕飯を食べに後驛駅へ。



高雄に来たら鴨肉飯と焼肉飯というイメージが強いが、今度は鴨肉飯の新規開拓だ。
Google Mapでは店頭に大きく掲げられていた「鴨肉飯專賣店」で掲載されていたが、店内掲示メニューを見ると「後驛鴨肉飯」と書かれていたので、私は正式名称らしきこちらを採用。



壁メニューだけだと紙に書いて渡さなければならないが、店頭受け渡し場所に注文伝票もあるので、それを持って店内に入り、テーブル番号と注文品にマークを付けて店頭の店員に渡せばOK。
この店のお会計は、食べた後。帰り際に店頭でテーブル番号を告げて支払おう。



注文した料理が全部まとめて出てきた。



鴨肉飯(NT$35/小≒130円)

35元の鴨肉飯で比較するとなると、周記當歸鴨と比較できるが、細切れ鴨肉だからかこちらの方が量が多く見える。
ただし、味の方は伴っていない。鴨肉飯らしいタレを使っている印象も無いし、旨味も少なく塩分強すぎで美味しくない。


鴨肉(NT$45≒170円)

鴨肉切盤が45元というのは過去最安値のような気がするが、量がそれなり。
いや、50元とか60元の店でもこの程度のことが多いので、普通と考えるべきかな。

お味の方は、かなり製造から時間が経過している感じで、鴨肉の冷製オードブルみたいだ。
タレが美味しければ良いのだが・・


鴨腸(NT$35≒130円)

メニューに鴨腸があったので、それも注文。
これも塩分が強く、タレを付けて食べる感じがしなかった。塩味だけで食べろという姿勢なのかな?
ちゃんと脂身は取ってあるので、加工での手抜きは無いのだが、鴨肉飯にしても塩分多すぎで高血圧の私にはよろしくない店のようだ。


食べた後は、歩いて芒果好忙に行き、本日4軒目のマンゴーかき氷をを食べて3日目はおしまい。

※メニュー:注文伝票

【店舗詳細情報】
店名:後驛鴨肉飯(鴨肉飯專賣店)
電話:07-313-4023
営業:10:30~21:30
定休:日曜日
住所:高雄市三民區熱河一街422號
GPS:22.644030, 120.304284


台湾の訪問レストラン地域別ランキング
関連記事

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて30年。
現在 67ヵ国を訪問
48ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
3月:台湾㉞:澎湖
4月:フランス⑳、スペイン
5月:ポーランド④、台湾
6月:リトアニア②、ラトビア
7月:台湾㊱:(芒果冰)
8月:スイス⑨、イタリア
9月:ルーマニア②,ブルガリア
10月:スペイン⑰,ポルトガル
年越:ベトナム⑩:ダラット
丸数字:累計訪問回数

カテゴリ
最新記事一覧
ベトナム/ハイフォン: Quán Bà Cụ 2019/02/20
ベトナム/ハイフォン: Hợp Bích Bánh Da Cua 2019/02/20
ベトナム/ハノイ・ホアンキエム: ブンチャーフォンリエン[Bún chả Hương Liên] 2019/02/19
ベトナム/ハノイ・ホアンキエム: Goofoo Gelato 2019/02/19
ベトナム/ハノイ・ホアンキエム: Nhà hàng Ngon(ハノイ店) 2019/02/18
ベトナム/ハノイ・ホアンキエム: Noodle & Roll 2019/02/18
ベトナム/ハノイ・ホアンキエム: Bánh Cuốn Bà Hanh 2019/02/17
台湾/屏東・東港漁港(華僑市場A41): 家蚵仔煎 2019/02/16
台湾/屏東・東港漁港(華僑市場220,221): 曾鮮生魚片 2019/02/16
台湾/屏東・東港漁港(華僑市場331他): 漁郎生魚片② 2019/02/15
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
30位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
13位
アクセスランキングを見る>>