FC2ブログ
« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »

ポーランド/タルヌフ [Tarnów]: Olimp Tarnów Gemini Park店

訪問:2018/5/15 13:45
評価点:総合★★★☆☆★★★☆☆サービス★★★☆☆雰囲気★★★☆☆CP★★★☆☆
5日目は、ちょっと雰囲気の良かったリプニツァ・ムロヴァナ[Lipnica Murowana]に立ち寄った後、地球の歩き方に載っていたザリピエ[Zalipie]を経由して(行く価値ゼロだった!)、タルヌフ[Tarnów]へ。



ランチはタルヌフ郊外の大規模モールのフードコート狙い。
もちろん、ポーランド料理の色々を好きな量・好きなものを盛って量り売りで精算するタイプの店が目的だ。
どうも、ポーランドのそこそこ大きなモールであれば、必ず1軒は存在しているようだ。








品数も豊富。見た目の料理も良さそうな感じ。



508g=19.76zł(≒630円)

メイン料理は出来るだけ違うものを食べようと盛って、こんな感じになった。
ピエロギだけは他店との比較対象だが、クラクフのBistro Kuchnia Domowaで食べた豚肉の煮込みが美味しかったので、それも重複チョイス。



左のワインレッドのものは、ビートルートの千切りを甘酢漬けしたもの。ザワークラウトのビートルート版かな? 結構好きな味だ。

真ん中の小粒のものは、まさかのマッシュルームの天ぷらだった。不味!

右のは、比較対象の煮豚だが、肩ロースではなく腿肉っぽい肉で堅い。



断面を見ると、煮豚ではなく表面に何かの生地を塗って焼き上げてあるようだが、いずれにしても美味しくなかった。




ラップ好きなので、トルティーヤで巻いてチーズをトッピングしてあるものも取ってみた。



野菜だけかと思っていたら、蒸し鶏も入っていてボリューミー。
日本で食べると巻いてある皮の方が体積比で多くなるものだが、ポーランドって何でも皮は薄めで具材たっぷりでいいね。




フェタチーズ入りのサラダは控えめに取ったが、これは安定の美味しさ。
ついつい肉と比べて原価低めだと考えてしまうので量を取らないのだが、今度はサラダバイキングにしてみようかな。




最後は、いかにも機械生産っぽいピエロギと、鶏肉団子だろうと思って取った料理。



ピエロギの中身は、手作りでは包みきれないだろうぎっしり詰まった具材。
肉・野菜・カッテージチーズと何でもありという感じだったが、冷食コーンはマイナスイメージ。



肉団子の方は、鶏肉と玉葱ではなく、鶏肉とカッテージチーズと野菜を目一杯挽いてある感じ。
ポーランドの挽肉は、粗挽きなどといった概念は無く、2度挽きどころか3度挽きという感じのものが多いので、ソースの味は悪くなかったものの食感的にはいまいちだなぁ。




以上、わずか630円でポーランド料理をいろいろ楽しめてしまう。
フードコートなので、ドリンクは持ち込みペットボトルで済んでしまうのも良い点だ。

この記事を書くために店の情報を調べたら、なんとポーランドに78軒も展開しているチェーン店だった。
最初にこの手の店に出会ったのが、初日の Kuchnia Marche だが、その倍以上の店を展開している。

このチェーンがポーランド最大なのかは不明だが、Kuchnia Marche よりは劣るものの、数多く展開しているだけあって安定した内容という気がした。
どこかで見かけたら、また食べてしまうだろう。


【店舗詳細情報】
店名:Olimp Tarnów Gemini Park店
営業:9:00~21:00(日曜~20:00)
定休:無休
住所:Gemini Park Tarnów Poziom 1(2階), Nowodąbrowska 127, 33-100 Tarnów
GPS:50.029447, 21.001621 (☞ Bing Map


ポーランドの訪問レストラン 地域別ランキング一覧
 

【リプニツァ・ムロヴァナ [Lipnica Murowana] の風景】
(☞ Google Map



かわいい感じの広場の中央を道が通っていたので(⑤の広場)、急遽立ち寄った街。
掲示地図もかわいい造りで一通り見て回ったが、⑦のポイントに今日のお目当ての黒い木造教会があった。






 

【ザリピエ [Zalipie] の風景】
(☞ Google Map

花柄のペイントが施されたかわいい家並みとの記載が地球の歩き方に載っていたので行ってみたが、家並みでは無く単独の倉庫のペイントなども含めてポツポツとあるだけで、行く価値まったく無し!!
カフェすら存在しないし、過去地域のボスが観光客を呼び込もうと企てたものの賛同者が少なくたち消えたといった感じ。

以下、車で移動しながら乗ったまま撮った花柄ペイントのある建物一覧。
観光客など皆無なので、わざわざ不便な当地までバス等で出かけて歩いて回ろうなどと思わない方が良いだろう。私有地で入れず、近づくのが困難な建物も多いし、何でもネタにしたがるガイドブックに誘導されてはいけないという典型の地だ。
ここまで紹介した街も含めて、ガイドブックに載っていない良い街はいっぱいある!


















▲Dom Malarek(中に花柄ペイントの建物の写真展示があった ☞
関連記事

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて25年。
現在 65ヵ国を訪問
47ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
11月:ベルギー⑥、スペイン
12月:ギリシャ②、キプロス
12月:ラオス
年越:台湾
1月:モルディブスリランカ
1月:マレーシア⑫,カンボジア
2月:ベトナム
3月:台湾
4月:フランス⑳、スペイン
5月:ポーランド④、台湾
6月:リトアニア②、ラトビア
7月:台湾
8月:スイス⑨、イタリア
丸数字:累計訪問回数

国内の食べ歩きはこちら
カテゴリ
最新記事一覧
セルビア/ノヴィサド [Novi Sad]: Restoran Terasa 2018/10/16
セルビア/ノヴィサド [Novi Sad]: Astal Saren 2018/10/15
セルビア/ノヴィサド [Novi Sad]: Petrus Caffe Gallery Bar 2018/10/14
セルビア/ベオグラード: Restoran Singidunum@Holiday Inn Belgrade 2018/10/13
アイルランド/ダブリン [Dublin]: Cinnabarアカ@Crowne Plaza Dublin Airport 2018/10/11
北アイルランド/ベルファスト [Belfast]: The Green Room@Crowne Plaza Belfast 2018/10/10
北アイルランドのマナーホテル/エニスキリン[Enniskillen]: Manor House Country Hotel 2018/10/09
アイルランド/ドネゴール [Donegal]: Mcglynns Restaurant 2018/10/07
北アイルランド/ロンドンデリー [Londonderry]: Badgers Bar and Restaurant 2018/10/05
ブリスベン 無料のリバークルーズ「CityHopper」を使い倒そう! 2018/10/03
ビジネスクラス機内食/カンタス航空: ブリスベン(BNE)⇒成田(NRT) 2018/10/01
オーストラリア/ブリスベン [Brisbane]: PappaRich Malaysian Delights 2018/09/29
オーストラリア/ブリスベン [Brisbane]: R SUSHI 2018/09/27
ビジネスクラス機内食/カンタス航空: シドニー(SYD)⇒ブリスベン(BNE) 2018/09/26
ビジネスクラス機内食/カンタス航空: 羽田(HND)⇒シドニー(SYD) 2018/09/24
北アイルランド/ベルファスト城 [Belfast Castle]: The Castle Tavern & Bistoro 2018/09/22
北アイルランド/ベルファスト [Belfast]: The Crown Dining Rooms(Crown Bar) 2018/09/20
北アイルランド/ベルファスト [Belfast]: Mourne Seafood Bar Belfast 2018/09/17
イギリス(グラスゴー)⇔アイルランド(ベルファスト) バスとフェリーでのアクセス方法 2018/09/15
イギリス/グラスゴー [Glasgow]: Rishi's Indian Aroma (Glasgow店) 2018/09/12
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
45位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
18位
アクセスランキングを見る>>