FC2ブログ
« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »

ポーランド/クラクフ [Kraków]: Restauracja Pod Baranem

訪問:2018/5/13 15:00 (☞ Via Michelin 紹介ページ
評価点:総合★★★★☆★★★★☆サービス★★★★★雰囲気★★★★☆CP★★★★☆
クラクフ2日目は、旧市街南側のユダヤ人地区に行ってみた。正直あまり趣味では無いが、昨日出かけた城の南側にある教会から城までの道を、Ojczyznę wolną pobłogosław Panie 1918(ポーランド独立関連?)と掲げた民族衣装を身につけた人たちのかなり大規模なパレードに遭遇。良いものを見せてもらった。

珍しく5つ星ホテル扱いだった「Holiday Inn Krakow City Centre」では、広くて快適なエグゼクティブルームにアップグレードしてくれただけでなく、豪華朝食まで無料で付けてくれたので(☞ IHGスパイア会員アップグレード記録)、なかなかおなかが空かない。
2万歩ほど歩いて、ようやく食べれそうになったのが午後3時前。



目指したのは、おなじみミシュランレストランガイド(旅行ガイドベースのVia Michelin)だが、ポーランドはワルシャワとクラクフだけが対象となっているようだ。昨日パスした2軒の店と比べて観光客の導線から外れる立地だからか、HP掲載メニューの値段設定が安かった点が決め手。(笑)



Sparkling mineral water(6.00zł≒190円)

ドリンクは炭酸水。
ポーランドは、水代とコーラ等のソフトドリンク代の差が倍前後と大きいことから、いつものダイエットコークでは無く炭酸水をお願いする方針。



150/90g Herring Krakow style(23.00zł≒730円)

前菜からは、北欧から東欧北部の名物であるニシンのマリネ。
このクラクフスタイルのニシンは、店のHPにスペシャリテとして紹介されていたので、マークしていたのだ。

しかし、何がクラクフ風なのか皆目見当が付かない。
マリネしてハーブを施したスライス玉葱のわけないだろうし・・



ニシンのサイズと状態を確認できるように開いて撮った写真。
90gと書いてあったが、サイズの割には肉厚で脂の乗りも十分。

ただ、塩がちょっと多めなのが難。
昨年出かけたお隣のリトアニアでも好んで食べた料理だが、極端にきついわけではないものの、塩が先に来る味付けというのは経験が無い。



220ml Goulash soup(22.00zł≒700円)

スープは、グーラッシュ。
これ、運ばれてきた時にトマトの香りがしたので、トマトスープでも来たのかと思ってしまった。



しかし、具材として内臓肉や骨の周辺の肉にベーコンなども加えた肉のエキスたっぷりの美味しいスープだ。
確かにトマトの味が強めだが、ケチャップのような味ではない。強いて言えばハヤシライスのルーに近いかな。そんな安っぽい味では無いけど、ちょっと濃すぎて水で薄めたくなったほど。(炭酸水だったのでやめておいた)



180/150g Duck breast in apple cinnamon sauce(39.00zł≒1250円)

メインは、3度目の正直で鴨と林檎の組み合わせ。
過去2度ポーランドで鴨肉料理を食べているが、本来のポーランド料理の鴨料理は、名産の林檎を合わせたものであるはずなので、宿題にしていたのだ。

メニューに重量が明記されていたが(HPのメニューには記されていない)、昨日マークしていながらパスした店と比べて値段が3割程度安いにもかかわらず、ボリュームたっぷり!
お目当ての林檎のソースは、シナモン入りとある通り、かなりシナモンを効かせたもの。粉末シナモンのザラザラ感を感じてしまうほど入っているものの、ソースとしては微妙に決まっていない。ソースベースがきちんとしていないからかな?



1番の問題点は、鴨の焼き加減。
断面写真を見ての通り、あまりにも均一に火が通っていたので、注文毎にローストしているわけでは無く、低温加熱したものを保存して再加熱している感じがした。鴨らしい美味しさを感じられないのだ。
でも、フランスでは無くポーランドなので、こんなものなのかもしれない。




お会計は、水代を加えて 90.00zł(≒2850円)也。
ポーランドの名物料理を3種類食べてこのお値段なら、悪くない選択だろう。

ちなみに、昨日店頭調査でパスしたミシュラン推奨店2軒と比べて、客の入りは倍以上。
サービスも洗練されていたし、かなり人気のある店のようだった。


※メニュー:季節もの温菜冷菜スープ①②・豚肉牛肉鹿・羊・鳥魚・ベジバー・サイド①デザートドリンク①

【店舗詳細情報】
店名:Restauracja Pod Baranem
電話:12 429 4022
営業:12:00~22:00
定休:無休
住所:ul. św. Gertrudy 21, 31-049 Kraków
GPS:50.054856, 19.940021 (☞ Bing Map


ポーランドの訪問レストラン 地域別ランキング一覧
 

【クラクフ [Kraków] の風景(ユダヤ歴史地区周辺編)】
Jewish Heritage Route掲示地図Saint Stanislaw Route掲示地図



▲シナゴーグ (☞ 左下建物の説明掲示



▲ユダヤ博物館前広場周辺


▲何やらイベント開催で屋台がたくさん出ていた教会



▲スカウカ教会からOjczyznę wolną pobłogosław Panie 1918 関連の(?)パレードだった





▲スカウカ教会[Kościół Rzymskokatolicki Na Skałce](☞ 展示説明掲示


▲左:イスラエル・米国・ポーランドの国旗を掲げるホテル  右:広場では女性服中心の市


▲左:Seweryn Udziela 民族芸術博物館  右:病院には見えない立派な建物



▲Kładka Ojca Bernatka(ちょっと変わった展示物のある橋)


▲スカウカ教会からスタートしたパレードは、各所属教会に向かい、最後はヴァヴェル城へ
関連記事

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて25年。
現在 64ヵ国を訪問
46ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
9月:オーストラリア
10月:セルビア
11月:ベルギー⑥、スペイン
12月:トルコ③、エジプト
12月:ラオス
年越:台湾
1月:モルディブスリランカ
1月:マレーシア⑫,カンボジア
2月:ベトナム
4月:フランス⑳、スペイン
5月:ポーランド④、台湾
7月:台湾
8月:スイス⑨、イタリア
丸数字:累計訪問回数

国内の食べ歩きはこちら
カテゴリ
最新記事一覧
北アイルランド/ベルファスト [Belfast]: Mourne Seafood Bar Belfast 2018/09/17
イギリス(グラスゴー)⇔アイルランド(ベルファスト) バスとフェリーでのアクセス方法 2018/09/15
イギリス/グラスゴー [Glasgow]: Rishi's Indian Aroma (Glasgow店) 2018/09/12
イギリス/アバディーン [Aberdeen]: Patisserie Valerie(Aberdeen店) 2018/09/10
イギリス/フレーザーブラ [Fraserburgh]: The Saltoun Inn 2018/09/08
イギリス/アバディーン [Aberdeen]: Dyce Farm 2018/09/05
イギリス/ダンフリース [Dumfries]: Bankend Bar & Brasserie@Holiday Inn Dumfries 2018/09/03
イギリス/リーズ [Leeds]: Tharavadu 2018/08/31
イギリス/ケナールボン [Caernarfon]: Black Boy Inn 2018/08/28
イギリス/ストーク・オン・トレント [Stoke-on-Trent]: The Dining Hall@World of Wedgwood 2018/08/26
香港国際空港:キャセイ航空ファーストクラスラウンジ② 「The Pier」 2018/08/24
プリトヴィツェ湖群国立公園の歩き方(全トレイル紹介付) 2018/08/20
台湾/台北: Café無國界自助餐廳@Holiday Inn East Taipei 2018/08/17
台湾/台北・中山駅: 圓環三元號(魯肉飯・魚翅肉焿) 2018/08/16
台湾/台北・圓山駅: 丸林魯肉飯 ④ 2018/08/15
台湾/台北・菜寮駅: 今大魯肉飯 ② 2018/08/14
台湾/桃園: 榕樹下綿綿冰 2018/08/13
台湾/台北・大橋頭駅: 豐味果品 2018/08/11
台湾/台北・府中駅: 震湶雪花冰 2018/08/10
台湾/台北・台北101/世貿駅: 冰山一角 2018/08/09
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
44位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
17位
アクセスランキングを見る>>