FC2ブログ
« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »

イタリア/シチリア・ポッツァロ [Pozzallo]: Ristorante Sea Sound

訪問:2018/4/18 19:30
評価点:総合★★☆☆☆★★☆☆☆サービス★★☆☆☆雰囲気★★★☆☆CP★★☆☆☆
マルタからの高速船が到着するのは、観光地としては何もないポッツァロ [Pozzallo] の港だ。

ここから駅までは徒歩35分(約2.8Km)。
シラクーザ行の最終列車に十分間に合うが、今回の目的地はシチリア島で未訪問の西側、パレルモをベースにするため、1泊しないとたどり着けない。シラクーザ[Siracusa]は前回出かけていることから、港近くの宿を予約して翌朝向かうことにした。



船酔いを警戒して昼を抜いていたので、夕食は宿の主がお勧めと言うビーチに立つ食堂風の店。
これでもリストランテ表記だが、イタリアでは「リストランテ」だけでなく「ピッツェリア」表記もある店がたくさんある。なかには、さらに「ジェラテリア」まで加えて3種類の看板を掲げている店もあるのだ。

ガイドブック等でいう「リストランテ」なんて、実際はほとんど無いと思った方がよいのは、日本の地方都市と同じだ。



最初から市販の袋入りグリッシーニがテーブルにセットされていたが、お願いした炭酸水(€2.00)といっしょに、Coperto(€1.50)のパンが出てきた。



Antipasto Sea Sound(€15.00)

せっかく港の近くの食堂ということで、多少は期待してシーフードの前菜盛合わせを注文。
普通なら内容詳細が記されていそうなのに、何も表記が無かったので博打だ。

国際線航路のある港に近い立地だからか、ちょっとお値段高め。
品数は多いが、ちっとも豪華に見えないところが田舎の食堂らしい。(苦笑)



手前左側の一見アジフライに見える揚げ物は、単に開いた魚に衣を付けて揚げたのではなく、3枚におろした魚の骨の部分に香草類を混ぜて味付けした魚のミンチを張り付け、魚の形状にして揚げてあるという凝った料理。

凝ってはいるものの、レモンをかけていただくにしても、あまり美味しくない。



その右隣りは、ミニサイズのシチリア名物アランチーノだと思ったら、中身は米ではなく烏賊のみじん切りだった。これまた、予想外に凝っているし、しっかり烏賊の味が主張していてまずまず。



そのお隣、日本人的には椎茸かと思ったら、スライスした揚げ茄子で魚の角切りを包んでいた。
どうも予想外の料理が出てくるのだが、味が決まっていない点で残念。レベルの低い家庭料理という感じ。



右端は、ホタテの貝殻を皿にして、生パインを敷いた上に小エビのマリネを乗せてきた。
パイナップルと海老のカクテルっていうことかな? 
初めての組み合わせだけど、見た目通り海老が美味しくない。



皿の上部にあるのは、皮ごと薄切りにしたカジキ(?)のカルパッチョ。
少し厚めの皮をそのまま残してスライスするのは、日本では出てこないだろうな。
食べられるわけではないので、客が皮をむかなければならないんだけど。



その左は、超ド定番の茹で蛸のぶつ切り。
ポルトガルやスペインのガリシアのように柔らかいわけではないので、食感も含めて日本と同じだ。



皿の左端にあったものは、ウツボのような魚のぶつ切りを揚げたもの。



中央の揚げ物2つのうち、左側のものは唯一海鮮系ではなかったポテトコロッケ。断面写真は撮らなかった。
そのお隣、ハンバーグのように見えたものは、シラスをたっぷり入れた焼きコロッケという感じかな。
これも変わったアプローチ。

ということで、どれもこれも創作料理だらけっていう感じでそれなりには楽しめたものの、味がまったく伴っていない点では残念。2000円もする皿なら、味も追及してほしい。



Spaghetti alle vongole(€10.00)

メイン替わりのパスタは、ボンゴレを頼んでみた。
自分で作れるものは基本的に頼まない方針だが、本場のボンゴレと自作ボンゴレの違いを確認したかったのだ。

これも他店と比べてお値段高めだが、大粒のアサリをたくさん使ってきた。



邪魔な貝殻を外して、アサリの身だけにして撮影。
これだけ粒が大きいと、アサリの味もしっかり楽しめるものの、お味は自分で作るものと大差ないかな。
いたって平凡ということだが、これはこれで味的には良いのだろう。1350円という価格には納得できないけど。




以上でお会計は、28.50ユーロ也。
マルタの物価に慣れていると少し高く感じてしまうが、まあこんなものかと思っていた。

ところが、この後出かけた街でマルタに匹敵するようなCPの良い海鮮料理を楽しめているので、創作の度が過ぎる料理とCPの悪さから★2つが妥当と判断した。


※メニュー:前菜パスタメインピザ①デザート①ドリンク

【店舗詳細情報】
店名:Ristorante Sea Sound
電話:0932-953519
営業:12:00~15:00、19:00~23:00
定休:火曜日
住所:Largo Vespri Siciliani, 97016 Pozzallo
GPS:36.723469, 14.836440 (☞ Bing Map


イタリアのレストラン 地域別ランキング一覧
 

【ポッツァロ [Pozzallo] の風景】
街の地図掲示


▲左:海岸通り側の遊歩道(左奥にマルタ行きフェリーが見える)  右:目抜き通り



▲港側から駅に向かう途中の景色(目抜き通り沿い)



▲ポッツァロ駅(駅舎はあるものの、無人駅)
関連記事

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて25年。
現在 65ヵ国を訪問
47ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
12月:ギリシャ②、キプロス
12月:ラオス
年越:台湾㉝:高雄台南屏東
1月:モルディブスリランカ
1月:マレーシア⑫,カンボジア
2月:ベトナム
3月:台湾㉞:澎湖
4月:フランス⑳、スペイン
5月:ポーランド④、台湾
6月:リトアニア②、ラトビア
7月:台湾㊱:(芒果冰)
8月:スイス⑨、イタリア
丸数字:累計訪問回数

国内の食べ歩きはこちら
カテゴリ
最新記事一覧
スペイン/ビルバオ [Bilbao]: Gure-Toki 2018/11/17
スペイン/ビルバオ [Bilbao]: El Huevo Frito 2018/11/16
スペイン/ベルメオ [Bermeo]: Joshe Mari 2018/11/15
スペイン/ビルバオ [Bilbao]: Cerveceria Arambarri 2018/11/14
スペイン/ビルバオ [Bilbao]: La Olla de la Plaza Nueva 2018/11/14
スペイン/ビルバオ [Bilbao]: La Viña del Ensanche 2018/11/13
スペイン/ビルバオ [Bilbao]: Café Iruña 2018/11/12
スペイン/ビルバオ [Bilbao]: El Mugi 2018/11/11
スペイン/プレンツィア [Plentzia]: Bar Batela 2018/11/10
スペイン/ビルバオ [Bilbao]: El Figón 2018/11/09
スペイン/ビルバオ [Bilbao]: El Globo 2018/11/08
スペイン/ビルバオ [Bilbao]: Colmado Ibérico② 2018/11/07
ビジネスクラス機内食/キャセイパシフィック航空: 香港(HKG)⇒ブリュッセル(BRU) 2018/11/06
ビジネスクラス機内食/キャセイパシフィック航空: 成田(NRT)⇒香港(HKG) 2018/11/05
海外レンタカーで事故を起こした際の記録とフルカバー保険加入の不必要性を検証 2018/11/03
セルビア/ベオグラード [Beograd]: Restoran@Excelsior ad Beograd 2018/11/02
セルビア/ベオグラード [Beograd]: Restoran Tri Šešira 2018/11/01
セルビア/ベオグラード [Beograd]: Moon Sushi Bar 2018/10/31
セルビア/ベオグラード: Prime Restaurant@Crowne Plaza Belgrade 2018/10/30
セルビア/ベオグラード[Beograd]: Restoran Singidunum② 2018/10/29
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
41位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
17位
アクセスランキングを見る>>