FC2ブログ
« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »

マルタ/ゴゾ島: Il-Baldakkin Lounge@Kempinski Hotel San Lawrenz

訪問:2018/4/16 12:00
評価点:総合★★★★☆★★★★☆サービス★★★★★雰囲気★★★★☆CP★★★★☆
6日目は、肉離れの早期回復を目指して、食事以外はホテルの部屋から一歩も外に出ないことにした。
その食事だが、ランチはラウンジ表記のビストロしか営業していないので、選択の余地は無い。



せっかくの5つ星の超高級リゾートホテルに泊まっているのに、安静第一ということでホテル内の散策すらできなかったことから、テラス席でいただくことにした。




まずは、パンとバター(嬉しい!)の到着。



このバター、いやに真っ白だが、ひょっとするとゴゾのヤギ乳を使った自家製バター?
胡麻パンには合わないが、かなり美味しいバターだ。



Gozitan 'Frira'(€11.50)
Traditional Maltese bread with tomatoes, red onions, capers, olives, tuna, black pepper & Gozo olive oil and potato crisps


お願いしたのは、地元の伝統的なパンを使ったというサンドイッチだが、断トツに安かったのに凄いボリュームで出てきた。やっぱりマルタだ!(昨晩はイタリア料理店を名乗っているので、マルタ流のポーションではなかったということ)



パンの美味しさは、昨日のフォカッチャに通じるものがあったし、具材の配合比がバッチリ。
パンにしみ込ませているオリーブオイルは、マルタ産のものと書いてあったが、このオリーブオイルが結構主張があって美味しさを増強している感じだ。
この後に再び泊まったインターコンチネンタルホテルのお土産で貰ったので(☞ Maltese Olive Oil)、帰国後が楽しみ。



Sweet Potatoes Fries(€4.00)

どうぜサンドイッチでは大した量ではないだろうと、サイドメニューから気になるサツマイモのフリットをお願いしたわけだが、ゴゾサンドの付け合わせに揚げたてのポテチが付いていたので余計だった。
この件、注文時に被るけどと指摘されていたようだが、私の英語力では理解できなかった。

ただ、薩摩芋のフレンチフライもなかなか美味しいものだ。
日本だと丸く切るか、かなり太めに切って天ぷらにするのが普通だが、このアプローチも有りではないかと思う。



Althaus Loose Tea(€4.50)

お決まりのダイエットキニー、昨晩頼んだら3.5ユーロもしたので、今回はミルクティーを注文。種類を聞かれたので、紅茶ではお決まりの English Breakfast で、ミルクは温めてとお願いした。
メニューにドリンクの価格が出ていないので一種の博打だが、4.5ユーロとさらに高価。街のカフェの価格と比較してはいけないな。

ポットで出てきたのは、元英国領ということで予想通りだが、英国本土で飲むミルクティーに匹敵するほど美味しかったのは意外。まさか、お湯を英国産のミネラルウオーターで沸かしたとか?(これ、我が家で実験したことがあるのだが、日本の水で英国の紅茶を淹れても美味しくないものの、英国から持ってきた水を使ったら美味しくなるのだ!)

そうそう、イタリアのビスコッティが添えられているところは、シチリアから100Kmしか離れていない国だけある。



▲右:雀がおこぼれを狙いにやってきた

お会計は、余計だった薩摩芋のフリットを加えても20ユーロちょうど。
ディナータイムでも同価格だし、メニューのバリエーションも豊富なので(昨晩食べたTrattoria San Lawrenzと同じものもある)、気兼ねなく単品注文できる点でも使いやすいと思う。

結局、ボリューミーなランチのおかげで、ディナーはパスしてしまった。
まったく動いていないのだから、余計に食べたら太るだけだ。


※メニュー:BISTROメニュー

【店舗詳細情報】
店名:Il-Baldakkin Lounge
電話:2211-0000
営業:11:30~23:30
定休:無休
住所:Triq ir-Rokon, San Lawrenz, Għawdex
GPS:36.053371, 14.208439 (☞ Bing Map


マルタのレストランレビュー一覧
関連記事

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて25年。
現在 65ヵ国を訪問
47ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
11月:ベルギー⑥、スペイン
12月:ギリシャ②、キプロス
12月:ラオス
年越:台湾
1月:モルディブスリランカ
1月:マレーシア⑫,カンボジア
2月:ベトナム
3月:台湾
4月:フランス⑳、スペイン
5月:ポーランド④、台湾
6月:リトアニア②、ラトビア
7月:台湾
8月:スイス⑨、イタリア
丸数字:累計訪問回数

国内の食べ歩きはこちら
カテゴリ
最新記事一覧
セルビア/ノヴィサド [Novi Sad]: Restoran Terasa 2018/10/16
セルビア/ノヴィサド [Novi Sad]: Astal Saren 2018/10/15
セルビア/ノヴィサド [Novi Sad]: Petrus Caffe Gallery Bar 2018/10/14
セルビア/ベオグラード: Restoran Singidunum@Holiday Inn Belgrade 2018/10/13
アイルランド/ダブリン [Dublin]: Cinnabarアカ@Crowne Plaza Dublin Airport 2018/10/11
北アイルランド/ベルファスト [Belfast]: The Green Room@Crowne Plaza Belfast 2018/10/10
北アイルランドのマナーホテル/エニスキリン[Enniskillen]: Manor House Country Hotel 2018/10/09
アイルランド/ドネゴール [Donegal]: Mcglynns Restaurant 2018/10/07
北アイルランド/ロンドンデリー [Londonderry]: Badgers Bar and Restaurant 2018/10/05
ブリスベン 無料のリバークルーズ「CityHopper」を使い倒そう! 2018/10/03
ビジネスクラス機内食/カンタス航空: ブリスベン(BNE)⇒成田(NRT) 2018/10/01
オーストラリア/ブリスベン [Brisbane]: PappaRich Malaysian Delights 2018/09/29
オーストラリア/ブリスベン [Brisbane]: R SUSHI 2018/09/27
ビジネスクラス機内食/カンタス航空: シドニー(SYD)⇒ブリスベン(BNE) 2018/09/26
ビジネスクラス機内食/カンタス航空: 羽田(HND)⇒シドニー(SYD) 2018/09/24
北アイルランド/ベルファスト城 [Belfast Castle]: The Castle Tavern & Bistoro 2018/09/22
北アイルランド/ベルファスト [Belfast]: The Crown Dining Rooms(Crown Bar) 2018/09/20
北アイルランド/ベルファスト [Belfast]: Mourne Seafood Bar Belfast 2018/09/17
イギリス(グラスゴー)⇔アイルランド(ベルファスト) バスとフェリーでのアクセス方法 2018/09/15
イギリス/グラスゴー [Glasgow]: Rishi's Indian Aroma (Glasgow店) 2018/09/12
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
45位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
18位
アクセスランキングを見る>>