FC2ブログ
« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »

ビジネスクラス機内食/キャセイドラゴン航空: 香港(HKG)⇒高雄(KHH)

搭乗:2018/3/23 16:40発 KA454便
評価点:総合★★★★☆★★★☆☆サービス★★★★☆雰囲気★★★★☆
香港での乗継時間はたっぷり3時間。2か所あるキャセイのファーストクラスラウンジのうち、往路は「The Pier, First」の「The Dining Room」で3皿コースをしっかり食べたが、今回はゲートに近い「The Wing, First」にあるレストラン「The Haven」でいただくことにした。
こちらのメニューは、「The Dining Room」と比べて大幅に見劣りすることは確認済だが(☞ キャセイパシフィック航空ファーストクラスラウンジ専用レストラン2軒を比較)、やはり2度試してみないと確証は得られないだろうし、また試す機会があることから今回は我慢。

こちらの A La Carte Menu は、メイン料理だけのラインナップで、前菜やデザートは奥のビュッフェ台から自由に取る形式になっている。



ということで前菜を取ってきたのだが、前回の印象よりも水準が低いのは気のせいだろうか?
最近は世界中のスーパーで見かけるサーモン寿司もあったので、試しに取ってみたが100均寿司よりも劣る薄っぺらいネタで、不味い酢飯をカバーするには至らず。
まずまずだったのは、ご当地中華料理の焼売だけかなぁ。


Slow Cooked Lamb Chop
Lentil Bean, Arugla, Balsamic


メインは、日本では高価格で提供されているラムチョップが筆頭に掲載されていたのでチョイス。
2年前にマレーシア航空のファーストクラスラウンジ専用レストラン(☞ Platinum Lounge@MAS First Class)で似たようなラム肉を食べていたので、比較に良いだろうという意味もある。



結果は、どちらも日本のようなお上品なラムチョップではなく、豪快なサイズ。大きな違いは、たまたまだと思いたいけど、今回のラム肉は半分が脂身だったということで、ほとんどその分は手を付けられなかったということだ。サイズ的にも、マレーシア航空の方が倍はあっただろう。

お味の方も、残念ながらマレーシア航空に軍配が上がった。
香草を表面に張り付けて焼いてあるが、下味不十分だし、香草使いも出来ていない。やっぱり中華圏の洋食はダメだな。



デザートもビュッフェ台から。
見ただけでわかると思うが、種類が多いだけで安物オンパレード。
香港名物のマンゴープリンぐらいは決めてほしいのだが、これも味が薄い低級品で話にならなかった。
やっぱり、香港のファーストクラスラウンジは、「The Pier, First」で決まりだ!

**********



香港から高雄までの機材は、往路(☞ こちら)と違ってハノイ線と同じA320型機。やっぱり狭いなぁ。



離陸前のウエルカムドリンクは、4回連続で Dragon Sunrise
今回はじめてミントの葉っぱをドリンクの中に入れず、ふちに置いて出してきた。こちらの方がいいな。
最近ホテルの部屋に置かれていることが多くなったミントフレーバーのお茶類があまり好きでないのだ。




どうせ超短距離路線だから、メニューに期待できないだろうと思っていたら、Special Collaboration と題した別紙が挟まれていた。

尖沙咀のハイアットリージェンシーにある中華料理店とのコラボレーションメニューがあるらしい。
2列目席だったので品切れになってしまわないかと不安だったが、無事確保。




軽食扱いだからかパンは付かず、往路と違って前菜扱いのフルーツとメインが一緒にワントレーで出てきた。



Beef short rib, wild mushroom, garlic, steamed rice
Menu Selection from Chinese Restaurant, Hyatt Regency Hong Kong, Tsim Sha Tsui


ちょっと期待していたコラボレーションメニューだが、?マークが出てきそうな皿。
超短距離路線だから限界なんだろうが、それにしてもエコノミークラスみたいな料理だ。



さすがに付け合わせの部分は、エコノミークラスでは出てこないだろう状態だったが、牛ショートリブ表記の内容は、焼肉用スライス肉のソテー風煮込みという感じ。



肉を広げて、ごはんの上に乗せれば牛丼もどき。
ちっとも美味しそうに見えないし、実際の味も、どこが著名ホテルのレストランの料理かと思わされるほど普通な手抜き煮込み料理状態。ハイアットリージェンシーがダメなんだと思いたいけど、どうかなぁ?

まあ、超短距離路線でコラボレーションメニューを出してくることは評価しなければいけないが、食を楽しみにしている者には煽りがあった分だけガッカリだった。


※メニュー:英語版中国語版

ビジネスクラス機内食 航空会社別レビュー&ランキング
関連記事

テーマ : ビジネスクラス機内食
ジャンル : グルメ

« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて25年。
現在 65ヵ国を訪問
47ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
11月:ベルギー⑥、スペイン
12月:ギリシャ②、キプロス
12月:ラオス
年越:台湾
1月:モルディブスリランカ
1月:マレーシア⑫,カンボジア
2月:ベトナム
3月:台湾
4月:フランス⑳、スペイン
5月:ポーランド④、台湾
6月:リトアニア②、ラトビア
7月:台湾
8月:スイス⑨、イタリア
丸数字:累計訪問回数

国内の食べ歩きはこちら
カテゴリ
最新記事一覧
セルビア/ソンボル [Sombor]: Restoran Stari Slon (Old Elephant) 2018/10/19
セルビア/ノヴィサド [Novi Sad]: Veliki Cafe Restaurant 2018/10/18
セルビア/ノヴィサド [Novi Sad]: Toster Bar 2018/10/17
セルビア/ノヴィサド [Novi Sad]: Restoran Terasa 2018/10/16
セルビア/ノヴィサド [Novi Sad]: Astal Saren 2018/10/15
セルビア/ノヴィサド [Novi Sad]: Petrus Caffe Gallery Bar 2018/10/14
セルビア/ベオグラード: Restoran Singidunum@Holiday Inn Belgrade 2018/10/13
アイルランド/ダブリン [Dublin]: Cinnabarアカ@Crowne Plaza Dublin Airport 2018/10/11
北アイルランド/ベルファスト [Belfast]: The Green Room@Crowne Plaza Belfast 2018/10/10
北アイルランドのマナーホテル/エニスキリン[Enniskillen]: Manor House Country Hotel 2018/10/09
アイルランド/ドネゴール [Donegal]: Mcglynns Restaurant 2018/10/07
北アイルランド/ロンドンデリー [Londonderry]: Badgers Bar and Restaurant 2018/10/05
ブリスベン 無料のリバークルーズ「CityHopper」を使い倒そう! 2018/10/03
ビジネスクラス機内食/カンタス航空: ブリスベン(BNE)⇒成田(NRT) 2018/10/01
オーストラリア/ブリスベン [Brisbane]: PappaRich Malaysian Delights 2018/09/29
オーストラリア/ブリスベン [Brisbane]: R SUSHI 2018/09/27
ビジネスクラス機内食/カンタス航空: シドニー(SYD)⇒ブリスベン(BNE) 2018/09/26
ビジネスクラス機内食/カンタス航空: 羽田(HND)⇒シドニー(SYD) 2018/09/24
北アイルランド/ベルファスト城 [Belfast Castle]: The Castle Tavern & Bistoro 2018/09/22
北アイルランド/ベルファスト [Belfast]: The Crown Dining Rooms(Crown Bar) 2018/09/20
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
44位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
16位
アクセスランキングを見る>>