FC2ブログ
« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »

マルタ/ゴゾ島 マルサルフォーン(Marsalforn): La Trattoria

訪問:[2011/4/9 19:00]
評価点:総合★★★★★★★★★★サービス★★★★★雰囲気★★★★☆CP★★★★★
当ブログで今までに星5つを進呈した店は2軒しか無かった。
アンドラの Restaurant COMA と、フランスの La Table des Capucins だが、食べログでも744軒中26軒しか4.5点以上を付けていないのだから、滅多に高採点を付けていないことが分かると思う。

3日間マルタで食べ歩いた中では、味とサービス面で群を抜く内容。テラス席からの景色はいまひとつだが、店内の雰囲気は絵画などが飾られて高級感があるうえ、価格は極めてリーズナブルということで、9ヶ月ぶりの星5つを進呈することにした。

外観テラス席

海の眺めイマイチだが、夕暮れ時とはいえまだ明るいので、写真撮影に適したテラス席に陣取ってメニューを眺めていると、本日のお勧めと地元で採れた魚介類を見せに来てくれた。

地元産の新鮮な魚介類

こういった物を見せられてしまうと、魚介料理を頼まざるを得ないだろう。
ということで、前菜に加えてメインは魚介類の盛り合わせをお願いすることにした。

ほどなく、マルタパンとマルタ産のバターが出てくる。

マルタパンマルタ産バター

そして出てきた皿がこちら。

アミューズ

ゴゾの前菜盛り合わせを頼んだつもりだったが、ちょっと違うなぁ、と思いつつもいただくことにしたが、ブルスケッタもオリーブも他店で食べたものと比べると味わいがあって美味しい。マリネ風に出してきたオリーブというのは初めて。

ブルスケッタ オリーブのマリネ

食べてから、事前に撮っておいたメニュー写真で内容を再確認すると、やはり違う。
そこで、食べ終わった皿を片づけに来た時に違う品だと伝えたら、これはサービスのアミューズだと言うではないか。フレンチならともかく、イタリアンでこういった形で出てきたのは初めてで驚いた。と同時に、メインまで完食できるか不安になってくる。

で、ようやく出てきた注文した、ゴゾ島の前菜盛り合わせ
Antipasto Gozitano(€5.50)
Crispy salad consisting local cheese, sundried tomatoes, olives, capers, with balsamic and extra vergin olive oil dressing
Antipasto Gozitano

サラダにはやや甘めのマイルドなバルサミコベースのドレッシング、そこにやはりマイルドな口当たりのドライトマトにオリーブ。ゴゾ名産らしい山羊のチーズと合わせていただくと、実に美味しい。

Antipasto Gozitano

頂上を占めているのは、どうみても硬めの豆腐。翌日の別の店(☞ こちら)でも同じものが出てきたので、日本の豆腐が当地でも食べられているようだ。本当に豆腐は世界あちこちで見るようになってきた。

サラダを美味しく片づけると、メインがなかなか出てこない。
既に外も暗くなって気温がどんどん下がり、長袖シャツ1枚で出かけたものだから、寒い。テラス席に夕方座るときは、羽織るものが必須。
そこにやってきたのが、フレンチでおなじみのグラニテ。これもサービスだと。



シャンパンとレモンのグラニテ、安っぽい味ではなく、間違いなく腕のあるシェフが作っもので美味しい。
でも、体が冷えている時に口直しのグラニテで、さすがに体に堪えたようだ。

Misto di Pesce(€18.00)
Mixed fish platter consisting of calamari, king prawns, shellfish and a dish fillet in season
Misto di Pesce

海老とアサリを少しつまんだ段階で、寒さに耐えきれなくなってその旨申し出ると、どうぞ室内にお入りくださいと親切に案内してくれた。サービス料を取るような店なら当然と思うが、サービス料を取らない店でこういった対応をしていただくと嬉しいものだ。

改めて、魚のソテーやタコ・烏賊などをいただくが、魚介の出汁の効いた白ワインベースのソースの出来が非常に良い。特に魚は観光地特有のいい加減な調理になりやすいが、新鮮さを現す弾力感を残した焼き加減で、シェフの腕が光っていた。

別皿で付いたメインの付け合せ野菜店内の雰囲気

悲しい事に、最初に出てきた予想外のアミューズに加えて冷えた体がそれ以上を受け付けてくれず、半分ほど残ってしまったので、持ち帰り出来るかと尋ねると、快諾していただけた。ホント、色々な面でホスピタリティを感じさせられる。

シェフの腕にホールスタッフのホスピタリティ。泊まった4つ星ホテル(Calypso Hotel)の隣にあった店なので、どうせ観光客向けの普通の店だろうと期待はしていなかったものの、大当たりの店だった。

ゴゾ島自体が気に入ってしまっているので、たぶん10年以内に再訪することになると思う。
良い景色に良い人たち、そして美味しい料理。春のゴゾ島は、海外個人旅行をする方に、自信を持ってお勧めできる場所だと思う。

※参考:Diet Kinnei(€1.10)


※メニュー:前菜・パスタ・リゾットメイン・キッズメニュー

【店舗詳細情報】
店名:La Trattoria Restaurant & Wine Bar
電話:2155 6800
営業:11:00~15:00、18:30~23:00
定休:火曜日
住所:Marina Street, Marsalforn Bay, Gozo

大きな地図で見る
関連記事

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて25年。
現在 64ヵ国を訪問
46ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
10月:セルビア
11月:ベルギー⑥、スペイン
12月:トルコ③、エジプト
12月:ラオス
年越:台湾
1月:モルディブスリランカ
1月:マレーシア⑫,カンボジア
2月:ベトナム
4月:フランス⑳、スペイン
5月:ポーランド④、台湾
7月:台湾
8月:スイス⑨、イタリア
丸数字:累計訪問回数

国内の食べ歩きはこちら
カテゴリ
最新記事一覧
ビジネスクラス機内食/カンタス航空: 羽田(HND)⇒シドニー(SYD) 2018/09/24
北アイルランド/ベルファスト城 [Belfast Castle]: The Castle Tavern & Bistoro 2018/09/22
北アイルランド/ベルファスト [Belfast]: The Crown Dining Rooms(Crown Bar) 2018/09/20
北アイルランド/ベルファスト [Belfast]: Mourne Seafood Bar Belfast 2018/09/17
イギリス(グラスゴー)⇔アイルランド(ベルファスト) バスとフェリーでのアクセス方法 2018/09/15
イギリス/グラスゴー [Glasgow]: Rishi's Indian Aroma (Glasgow店) 2018/09/12
イギリス/アバディーン [Aberdeen]: Patisserie Valerie(Aberdeen店) 2018/09/10
イギリス/フレーザーブラ [Fraserburgh]: The Saltoun Inn 2018/09/08
イギリス/アバディーン [Aberdeen]: Dyce Farm 2018/09/05
イギリス/ダンフリース [Dumfries]: Bankend Bar & Brasserie@Holiday Inn Dumfries 2018/09/03
イギリス/リーズ [Leeds]: Tharavadu 2018/08/31
イギリス/ケナールボン [Caernarfon]: Black Boy Inn 2018/08/28
イギリス/ストーク・オン・トレント [Stoke-on-Trent]: The Dining Hall@World of Wedgwood 2018/08/26
香港国際空港:キャセイ航空ファーストクラスラウンジ② 「The Pier」 2018/08/24
プリトヴィツェ湖群国立公園の歩き方(全トレイル紹介付) 2018/08/20
台湾/台北: Café無國界自助餐廳@Holiday Inn East Taipei 2018/08/17
台湾/台北・中山駅: 圓環三元號(魯肉飯・魚翅肉焿) 2018/08/16
台湾/台北・圓山駅: 丸林魯肉飯 ④ 2018/08/15
台湾/台北・菜寮駅: 今大魯肉飯 ② 2018/08/14
台湾/桃園: 榕樹下綿綿冰 2018/08/13
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
41位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
16位
アクセスランキングを見る>>