FC2ブログ
« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »

ビジネスクラス機内食/キャセイドラゴン航空: 香港(HKG)⇒ハノイ(HAN)

搭乗:2018/3/16 17:30発 KA295便
評価点:総合★★★★☆★★★☆☆サービス★★★★☆雰囲気★★★★☆
当初香港での乗継時間は2時間半の予定だったが、1つ前の便で着いてしまったのでたっぷり4時間半。ワンワールドのエメラルド会員資格を維持しているので、2か所あるキャセイのファーストクラスラウンジを利用できる。



過去2か所ともエコノミークラス利用で訪問済だが(☞ キャセイパシフィック航空ファーストクラスラウンジ専用レストラン2軒を比較)、今回はしっかりしたメニュー(☞ All Day A La Carte Menu)が存在する「The Pier, First」の「The Dining Room」で、3皿コースで食べることにした。



Fruit Juice: Guava

まずは、グアバジュース。
いやに白っぽいのが出てきたが、しっかりフレッシュグアバジュース。
個人的には、東南アジアのピンクグァバの方が好きかな。



Tuna Tataki
Crab Roe, Mesclun Green, Roasted Sesame Dressing


前菜からは、マグロのたたきをお願いしてみた。
海外で和食を頼むことは基本的にないが、Crab Roe の文字に惹かれて頼んだのに、蟹が付いていなくてガッカリ。
まあ、タダ飯なので深く追求しないことにしよう。



Chilli Prawn
Rice Cake, Honey Bean, Black Fungus


メインは、海老料理。香港だから海老に決まってる!(笑)
ライスケーキの表示はおにぎりかと思っていたが、普通に茶碗飯。少し脱穀していない米粒をアクセントに加えてあったが、意味ないよなぁ・・



海老はたったの2尾。それより大量に入っていたのが、韓国で見かける薄切り餅だ。
刻み唐辛子がたっぷり入っているので(それほど辛くない)、韓国料理だったのかも?
いや、味は美味しい中華なので違うか。しかし、餅はお腹にたまる。



Seasonal Berries Pavlova
Passion Fruit Coulis


デザートからは、ニュージーランド名物らしいパブロバを頼んでみた。
メレンゲをカップ状にくり抜いて、そこに生クリームを詰めてフルーツをトッピング。
皿の上には、たっぷりのパッションフルーツのソースが敷かれている。



ニュージーランドで食べた記憶は無いが、メレンゲのお菓子なので英国でも普通にありそうな感じ。英国よりも小さいうえに、パッションフルーツのソースとの相性が良く、美味しくいただけた。



JING Tea: Ceylon Breakfast

食後のドリンクを聞きに来たので、ミルクティーをお願いした。
English Breakfastと言って注文したが、Ceylon Breakfast表記。
ちゃんとポットで出てくる点はさすがだが、ミルクが冷たいままという点では英国仕様でないなぁ。




ダイニングルームを出てラウンジに移動したが、そこにもパンを中心とした軽食が用意されている。
美味しそうだったが、おなかいっぱいで手が出ず。



冷蔵庫の中に、カプレーゼとマンゴープリンがあったのでゲット。
昨晩は食欲がわかず抜き、今朝も食べてないとはいえ、良く食べられるものだ。歳のせいで食が細ったと思っていたのに・・

**********

バスで向かうことになるサテライトターミナルから出発するとのことで、初めてで時間が読めなかったことから早めに向かった。今回の路線もわずか526マイル、東京~札幌と同等の超短距離路線で、離陸後の飛行時間は1時間30分だ。



機材は、バニラエアと同じA320型機。
欧州域内線でも多用されているが、そこはアジアの航空会社だ。欧州域内線のような中央席ブロックのエコノミークラスと同じシートではなく、ビジネスクラス仕様で左右2席ずつ2列だけの8席仕様。なぜか欧米人ばかりで満席だった。

ウエルカムドリンクは、先ほどの高雄⇒香港便と同じで、選んだカクテルはメニューに載っていた Signature DrinkDragon Sunrise(A refreshing combination of gin with fresh guava and lemon juice) とのこと。



そうそう、座席のモニターが付いている場所に変な装置が付いていたが、搭乗後に渡された iPad を挟むためのものだった。機内にWiFiが飛んでいたのは、このiPadが受信するためのもののようで、リアルタイムでフライトマップも見れるようになっていた。


高雄発の便よりも100Kmほど距離が長いからか、あるいは実質国内線と言える台湾路線と差別化を図っているのか、前菜とデザートが付く。



その代わりか、2択のメインとドリンクの選択を離陸前に聞かれ、御覧のようにデザートを除いてワントレーで一度に出てきた。(パンは3種類入ったバスケットからの選択)



Salmon-vegetable terrine with gribiche sauce

前菜は、サラダの上に野菜のテリーヌを乗せたもの。
メニューではサーモン入りとあるが、サーモンの代わりに蟹肉が入ったものだった。
お味は単なるゼリー寄せで、水準低め。やっぱり中華圏で洋食を食べてはいけないようだ。



Salted lemon chicken, choy sum, carrot and steamed jasmine rice

メインは当然中華を選択したが、このレモン味のソースも香港らしくない。
前にレトルトパックで購入したことがある李錦記だったかの中華レモンソースそっくりで、インスタント的な味。鶏肉も安っぽい質。
本拠地香港発の中華料理なので、期待していたのだが・・



Häagen-Dazs ice cream

デザートのハーゲンダッツは、3種類から選べた点は良かった。

全体としては、好みの問題とはいえ、高雄からの便の方が良かったなぁ。


※メニュー:英語版中国語版①

ビジネスクラス機内食 航空会社別レビュー&ランキング
関連記事

テーマ : ビジネスクラス機内食
ジャンル : グルメ

« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて25年。
現在 64ヵ国を訪問
46ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
8月:英国⑦,北アイルランド
9月:オーストラリア
10月:セルビア
11月:ベルギー⑥、スペイン
12月:トルコ③、エジプト
年越:台湾
1月:モルディブスリランカ
1月:マレーシア⑫,カンボジア
2月:ベトナム
4月:フランス⑳、スペイン
5月:ポーランド④、台湾
7月:台湾
丸数字:累計訪問回数

国内の食べ歩きはこちら
カテゴリ
最新記事一覧
台湾/台北・菜寮駅: 今大魯肉飯 ② 2018/08/14
台湾/桃園: 榕樹下綿綿冰 2018/08/13
台湾/台北・大橋頭駅: 豐味果品 2018/08/11
台湾/台北・府中駅: 震湶雪花冰 2018/08/10
台湾/台北・台北101/世貿駅: 冰山一角 2018/08/09
台湾/台北・市政府駅:ICE MONSTER 微風松高店 2018/08/08
台湾/台北・頂溪駅: 冰世界 2018/08/07
台湾/台北・國父紀念館駅:ICE MONSTER 忠孝旗艦店(本店) ⑦ 2018/08/06
台湾/台北・行天宮駅: 冰果專賣店 2018/08/05
台湾/台北・台北橋駅: 服冰易 國家之凍涼 2018/08/05
台湾/台北・士林駅: GOMAN MANGO 2018/08/04
スイス/ダボス [Davos]: インターコンチネンタル ダボス 2018/08/03
イタリア/ブルグシオ [Burgusio|Burgeis]: Der Mohrenwirt 2018/08/02
イタリア/セルヴァ [Selva Gardena|Wolkenstein Groden]: Hotel Armin 2018/08/01
イタリア/コルヴァーラ [Corvara]: Albergo Pradat 2018/07/31
イタリア/サン・カッシアーノ [San Cassiano(Badia)]: PIC-NIC@Hotel Gran Ancëi ② 2018/07/30
イタリア/バディア [Badia]: Rifugio La Crusc 2018/07/29
イタリア/サン・カッシアーノ [San Cassiano(Badia)]: Hotel Gran Ancëi② 2018/07/28
イタリア/エルベ峠 [Passo delle Erbe|Ju de Börz]: Rifugio Ütia de Börz 2018/07/27
イタリア/サン・マルティーノ [San Martino]: Almhotel Bergerhof 2018/07/25
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
41位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
15位
アクセスランキングを見る>>