FC2ブログ
« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »

ポルトガル/リスボン [Lisboa]: パステル・デ・ベレン [Pastéis de Belém]

訪問:2018/3/5 15:40
評価点:総合★★★★☆★★★★☆サービス★★★★☆雰囲気★★★☆☆CP★★★★★


▲今日の走行実績ログ

最終日も二人で熱を出した状態。それでも解熱剤で37度台に抑えられているので、夕食代わりに2日目のシントラ観光の後で寄ろうと思っていたものの体力的に無理だった「パステル・デ・ベレン」に寄ることにした。
家内は、ベレン宮殿とアジュダ宮殿もお目当てだったみたいで、体力が許す限り見に行っていた。



しかし、さすが超有名店。
規模が大きいからか表に並ぶほどの行列は無かったが、店内の空席を探すのに一苦労。



入口左横の部屋(左写真)だけだと思っていたが、最後にトイレに寄ったら奥の方に大きな部屋があったので(右写真)、知っていれば最初からそちらに行ったのに。



さらには、ナタを焼くオープンキッチン(?)や昔の製法の展示などもあったので、トイレに行かなかったら存在に気づかなかったことになる。



Pastel de Belém(€1.10/1個)

まずは、お目当てのナタ。ここでの名称は、店名と同じにしてあるようだ。
1個ずつ頼んだので、2個いっしょに皿に乗ってきたが、全部機械生産ではあり得ない焦げ目の付き方。



いっしょに、シナモンパウダーと粉糖かグラニュー糖(使わなかったので不明)が付いてきた。
まずそのままいただいて、味を確認してからシナモンを振りかけてみたが、そのままの方が断然良い感じ。
というのも、甘さが控えめであるうえに、予想よりもクリーミーな味ではなかったことで、シナモンが勝ってしまうからだ。

期待しすぎは良くないが、古くからの製法を守っているのだから、まあこんなものだろう。
昔は、こんなに甘さ控えめのお菓子を作っていたという事は、いつからポルトガルのお菓子がみんな激甘になったのだろう?



Pastel de Bacalhau(€1.50)
cod cakes


食事代わりなので、家内はバカリャウコロッケも注文。本当に好きだ。
少し味見しただけだが、結構干し鱈の繊維質が主張していて、鱈の味が濃厚で美味しいコロッケだった。
値段が高いだけある。



Empada de Pato(€1.70)
Duck pies


私の食事代わりは鴨のパイにしたが(カット前の写真撮り忘れ!)、ここまでの値段に対してボリューミーなものが出てきた。
お味は、まあ普通にいただける水準。わざわざ頼む必要は無いだろう。




お会計は、2人分のドリンクも加えて、わずか€8.25也。
ちゃんと着席して、サービスも受けてこのお値段。
どこのガイドブックにも必ず掲載されているであろう超有名店でありながら、金儲けに走ることの無い貴重な店だと思う。


※メニュー:ナタ・パン類キッシュ・パイ類ワインカフェ

【店舗詳細情報】
店名:Pastéis de Belém
電話:021-363-7423
営業:8:00~23:00
定休:無休
住所:Rua de Belém 84-92, 1300–085 Lisboa
GPS:38.697437, -9.203244 (☞ Bing Map


ポルトガルのレストランレビュー一覧


翌日は、リスボン空港でレンタカーを返して帰国の途に就いたわけだが、後から移された私は解熱剤のおかげか37.5度で落ち着いていたものの、家内はこの日の朝も38.5度の熱を出して治る気配が見えない。(数少ない解熱剤を帰国に合わせて温存していたそうだ)

おまけにパリからのJAL帰国便では(もちろん、満席だというのに家内共々ダイヤモンド会員でありながらもプレエコすらアップグレードされなかった。ANAプラチナ会員時代ではビジネスクラスへのアップグレード率50%、プレエコは100%を誇る路線でもあり、酷い待遇差だ!)、搭乗直後に熱があるから解熱剤がほしいと申し出たら、古いSARSの話を例にして日本で入国拒否(=隔離)される可能性があるから降りてもらうかもしれないと、搭乗拒否をちらつかされてしまった。客を思いやるのでは無く役所の論理を振りかざすって、結局は元のお役所JALに戻ってしまったようだ。役所嫌いの私が乗れるわけが無い。

前にANAのパリ線でも同様のケースを経験しているが、それは常時気を使っていただき良くしてもらった記憶が鮮明に残っているので、エメラルド会員資格が切れる来年4月以降は昔のようにJALには乗らないことになるだろう。(すでに昨年秋以降予約を1本も入れていないので、今のところ今年7月分が最後の予約)
数年前までのANAは、税金投入で復活したJALに対して不公平だと文句ばかり言っていたが、結局はコスト削減第一主義から本来あるべき客を見る姿勢に転換しているようだから(名誉ある総合5つ星評価を何が何でも維持したいという思いが伝わってくる)、2020年には達成するであろうANAプラチナ会員復帰が楽しみになってきた。
ついでに、残り40万マイルのANAライフタイムマイル100万マイルも目指そうかな。年齢的に無理だと思うけど・・

ということで、恒例の旅の費用の紹介。
さすがに後半はあまり食べられなかったことも手伝って、食費が安い!

■今回の旅の費用(注:家内と出かけたので総額の半分で表示)
往復航空券:113880円(羽田>ロンドン>リスボン>パリ>羽田、22748マイル獲得)
現地宿泊費: 55620円(€412.00/11泊;うち特典4泊、スイート1泊、古城ホテル2泊、5つ星3泊)
現地交通費: 24456円(€181.16)レンタカー・燃油・駐車場・リスボン近郊交通
飲食雑費等: 17869円(€123.41+£7.80)飲食・入場料・雑費
国内交通費:  2066円
旅費合計:  213891円...2人で約43万円+45496マイル獲得/JAL

この後は、台湾発の有償発券で初搭乗(通算36社目)となるキャセイドラゴン航空ビジネスクラスで来ているベトナム旅行で食べたものをお届けしたいと思う。
現在世界遺産に指定されているハロン湾地区に滞在中だが(海鮮三昧を楽しんでいる)、前後に台湾滞在を含む旅行なので、最初の台湾滞在分から旅程順に1日1本ペースで紹介していこうと思う。
関連記事

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて25年。
現在 64ヵ国を訪問
46ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
8月:英国⑦,北アイルランド
9月:オーストラリア
10月:セルビア
11月:ベルギー⑥、スペイン
12月:トルコ③、エジプト
年越:台湾
1月:モルディブスリランカ
1月:マレーシア⑫,カンボジア
2月:ベトナム
4月:フランス⑳、スペイン
5月:ポーランド④、台湾
7月:台湾
丸数字:累計訪問回数

国内の食べ歩きはこちら
カテゴリ
最新記事一覧
台湾/台北・圓山駅: 丸林魯肉飯 ④ 2018/08/15
台湾/台北・菜寮駅: 今大魯肉飯 ② 2018/08/14
台湾/桃園: 榕樹下綿綿冰 2018/08/13
台湾/台北・大橋頭駅: 豐味果品 2018/08/11
台湾/台北・府中駅: 震湶雪花冰 2018/08/10
台湾/台北・台北101/世貿駅: 冰山一角 2018/08/09
台湾/台北・市政府駅:ICE MONSTER 微風松高店 2018/08/08
台湾/台北・頂溪駅: 冰世界 2018/08/07
台湾/台北・國父紀念館駅:ICE MONSTER 忠孝旗艦店(本店) ⑦ 2018/08/06
台湾/台北・行天宮駅: 冰果專賣店 2018/08/05
台湾/台北・台北橋駅: 服冰易 國家之凍涼 2018/08/05
台湾/台北・士林駅: GOMAN MANGO 2018/08/04
スイス/ダボス [Davos]: インターコンチネンタル ダボス 2018/08/03
イタリア/ブルグシオ [Burgusio|Burgeis]: Der Mohrenwirt 2018/08/02
イタリア/セルヴァ [Selva Gardena|Wolkenstein Groden]: Hotel Armin 2018/08/01
イタリア/コルヴァーラ [Corvara]: Albergo Pradat 2018/07/31
イタリア/サン・カッシアーノ [San Cassiano(Badia)]: PIC-NIC@Hotel Gran Ancëi ② 2018/07/30
イタリア/バディア [Badia]: Rifugio La Crusc 2018/07/29
イタリア/サン・カッシアーノ [San Cassiano(Badia)]: Hotel Gran Ancëi② 2018/07/28
イタリア/エルベ峠 [Passo delle Erbe|Ju de Börz]: Rifugio Ütia de Börz 2018/07/27
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
45位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
16位
アクセスランキングを見る>>