FC2ブログ
« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »

スペイン/マラガ[Málaga]: パラドール マラガ・ヒブラルファロ[Parador de Málaga Gibralfaro]

訪問:2018/3/1 20:10
評価点:総合★★★☆☆★★★☆☆サービス★★★★☆雰囲気★★★☆☆CP★★★☆☆
暴風雨のロンダを後にして、次の目的地は、100Kmほど東に走った都市マラガ中心部の旧市街地区にあるパラドール。


▲左:パラドール入口から  右:ヒブラルファロ城の城壁から見たパラドール

天気予報サイトの衛星写真やレーダーを見ると、なぜかマラガ周辺だけ晴れているようだったが、予定していたネルハ[Nerja]の街は雨天とのことで、次の機会に回すことにした。


▲今日の走行実績ログ

ヒブラルファロ城 [Castillo de Gibralfaro]に隣接するパラドールなので広義の古城ホテルに該当すると思うが、公式サイトも含めて城のパラドールであるとは一切記されていないことから、通常通りレストランだけの紹介にする。実際、パラドール自体も古城感など皆無だったことから、最後まで悩んだ。(古城ホテルとなると、紹介するフォーマットを変えなければいけないので)




ヒブラルファロ城と、麓のアルカサバ [Alcazaba de Málaga]や旧市街を散歩してから、バーコーナーでパラドール会員特権のウエルカムドリンクタイム。

雰囲気は良いものの、ここから下界の眺めは拝めず、単に喉を潤すだけかな。



▲2階のレストラン。ここから夜景が見えるはずだったが・・

ディナーは20時からとのことで席を予約しておいた。
家内の具合が悪く、10分ほど出遅れてでかけたら、下界を拝める窓側席はすでに埋まっていた。予約しておいたのに、来た人から順に席を自由に選ばさせているみたいだ。
過去泊まった他のパラドールではあまり感じたことが無かったが、割り当てられた部屋も含めて、ここのサービス全体的に悪いなぁ・・


Pan local artesano(€2.10/人)

家内が食欲があまりないというので、アラカルトから前菜2品とメイン1品だけ注文してシェアしていただくことにした。
アラカルトだと、パンはバスケットで出してくれるのかな?
アミューズは、温かいポテトのポタージュ風。



Salad of oranges, tomatoes, potatoes and cod(typical malagueña)(€12.50)

前菜から家内が選んだのは、「Málaga Gastronomy」と題したカテゴリーから。
しかし、いったい何がマラガ風なんだろうか??



スライスしたオレンジを皿の上に敷き、軽く湯通したバカリャウ(干し鱈)のスライス、トマトのスライス、玉葱スライス、茹でジャガイモのスライスと、スライス5段重ねのサラダ仕立て。

バカリャウだけ味見したが、食欲が無いのでちょうど良いと全部家内が食べてしまった。
これって、料理になってないよなぁ・・



Tapas selection of the Parador(€12.50)
Iberian ham D.O., Huelva cold tomato soup, smoked sardine, fresh fried anchovy and fried marinated fish


私は、タパスの盛り合わせをチョイス。
明細部分に、イベリコハムD.O.(Denominación de Origen:原産地呼称制度)があったことから、美味しいイベリコハムも食べることが出来ると狙った物だ。
単品のイベリコ生ハムは100gで24€もしたので、頼めなかったのだ。


Iberian ham D.O.

そのイベリコ豚は、ピンチョス仕立てで出てきた。
アラカルトにはウエルバ[Huelva]産と書かれていたので、たぶん同じものだと思うが、見た目からしても高級感たっぷり。
D.O.あるいは、ワンランク上のD.O.P.指定食品は、やっぱりひと味違うお味で非常に美味。


Huelva cold tomato soup

中央に配置されたソース風のものは、ソースにもなり得るクリーミーなガスパッチョ。
これもウエルバのものと書かれていたが、実際、単調な揚げ物のソースとして活躍してもらった。


smoked sardine

イワシの燻製との表記だったものは、たぶんツナの燻製のピンチョス仕立て。
これは、見た目通りで芸無し。味もイマイチ。


fresh fried anchovy

カタクチイワシ(?)の唐揚げは、昨日立ち寄ったジブラルタルのEuropa Point Expressで出てきた物と同じだ。この量だと飽きてしまうが、そこは先ほどのガスパッチョソースが活躍してくれた。

そうそう、主にイワシの青魚アレルギーがあるのに、ジブラルタルで出た物も、ここのもアレルギー症状が出なかった。
日本のイワシと違うのか、50年前のイワシ釣りを根源とする条件反射だったので、青魚アレルギーが治ったのかもしれない。日本のサンマやイワシで試してみる気になった。(今まで美味しいのに食べれなかったので、直ったとしたら万々歳だ!)


fried marinated fish

最後のマリネした魚を揚げた物というお題は、白身魚のフリット。
こちらの方がガスパッチョソースと相性が良いし、そのままいただいても美味しかったので量が多いものの楽勝。



Fish and seafood paella(€18.00)

メインには、ご飯物が食べやすいとのことでシーフードパエリアを1人前だけ。
当地の1人前は日本の2人前に相当するので、ご覧の通りたっぷり。

スペインでもパエリアは2人前からという店が多いが、間違ってもふたりで2人前など頼んではいけない。2人前からの店でどうしても食べたければ、他の物は一切頼まないことにしないと、食べきれなくなるはずだ。



ワゴンで供され、その場で取り分けていただけたが、まだ鍋に多少残っている状態で引き上げようとしたので、鍋はすかさず回収!(笑)



盛り付けはこんな感じ。
当初の見た目よりも、米粒がしっかりしていてイタリアンのリゾットのような炊き上がり。



全体像が見えるように、少し広げて撮影。
スペインで食べるパエリアは、たいてい水分が多すぎてべちゃっとした感じになっているものだが、アルデンテな食感に加えてサフランも香らずパエリアという感じがしない。イタリアンのアルデンテが苦手な家内は、美味しくないと半分残してしまった。



▲左:お会計  右:城と街を結ぶ遊歩道から見たパラドール(遊歩道とはつながっていないので不便!)

お会計は、今朝チェックアウトしたロンダのパラドール(Parador de Ronda])でいただいた、当日のみ有効の15%引券を使って、€42.71也。

この割引券、過去も何度かいただいたことがあるが、当日限りなのでパラドール・ホッピングをしない限り使えないのだ。
2食付で予約していると適用されない点でも使いにくいのだが、今回は翌日もパラドール泊なので有効に活用することが出来た。


※メニュー:屋外掲示版アラカルト(英語版)コース(英語版)

【店舗詳細情報】
店名:Parador Málaga Gibralfaro
電話:952 221 902
営業:13:30~16:00、20:00~22:30
住所:Castillo de Gibralfaro, 29016 Málaga Málaga
GPS:36.722656, -4.410371(☞ Bing Map


パラドールのレストランレビューリスト
 

【マラガ [Málaga] の風景】




▲パラドール前からアルカサバまでの遊歩道沿いの風景


▲大聖堂(Catedral de la Encarnación de Málaga)
 

【ヒブラルファロ城 [Castillo de Gibralfaro] の風景】
※9:00~18:00(最終入場17:30)(アルカサバとの共通券:€3.55、それぞれの単独券:€2.20)
城内案内図(掲示)


▲左:入口付近  右:入ってすぐの広場




▲ほぼ1周城壁歩きを楽しめる






▲左:アルカサバと大聖堂を見下ろす  右:アルカサバとは城壁内でつながっている(入場不可)
 

【アルカサバ [Alcazaba de Málaga] の風景】
※GPS:36.720745, -4.416890(正面ゲート)、36.720555, -4.415544(エレベーターで楽して上がれる裏ゲート)
案内図&説明(掲示)


▲左:正面ゲート前  右:ヒブラルファロ城からの遊歩道側外観


▲左:正面ゲート側外観  右:Teatro Romano Alcazaba(☞ 案内掲示






関連記事

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて25年。
現在 64ヵ国を訪問
46ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
10月:セルビア
11月:ベルギー⑥、スペイン
12月:トルコ③、エジプト
12月:ラオス
年越:台湾
1月:モルディブスリランカ
1月:マレーシア⑫,カンボジア
2月:ベトナム
4月:フランス⑳、スペイン
5月:ポーランド④、台湾
7月:台湾
8月:スイス⑨、イタリア
丸数字:累計訪問回数

国内の食べ歩きはこちら
カテゴリ
最新記事一覧
ビジネスクラス機内食/カンタス航空: 羽田(HND)⇒シドニー(SYD) 2018/09/24
北アイルランド/ベルファスト城 [Belfast Castle]: The Castle Tavern & Bistoro 2018/09/22
北アイルランド/ベルファスト [Belfast]: The Crown Dining Rooms(Crown Bar) 2018/09/20
北アイルランド/ベルファスト [Belfast]: Mourne Seafood Bar Belfast 2018/09/17
イギリス(グラスゴー)⇔アイルランド(ベルファスト) バスとフェリーでのアクセス方法 2018/09/15
イギリス/グラスゴー [Glasgow]: Rishi's Indian Aroma (Glasgow店) 2018/09/12
イギリス/アバディーン [Aberdeen]: Patisserie Valerie(Aberdeen店) 2018/09/10
イギリス/フレーザーブラ [Fraserburgh]: The Saltoun Inn 2018/09/08
イギリス/アバディーン [Aberdeen]: Dyce Farm 2018/09/05
イギリス/ダンフリース [Dumfries]: Bankend Bar & Brasserie@Holiday Inn Dumfries 2018/09/03
イギリス/リーズ [Leeds]: Tharavadu 2018/08/31
イギリス/ケナールボン [Caernarfon]: Black Boy Inn 2018/08/28
イギリス/ストーク・オン・トレント [Stoke-on-Trent]: The Dining Hall@World of Wedgwood 2018/08/26
香港国際空港:キャセイ航空ファーストクラスラウンジ② 「The Pier」 2018/08/24
プリトヴィツェ湖群国立公園の歩き方(全トレイル紹介付) 2018/08/20
台湾/台北: Café無國界自助餐廳@Holiday Inn East Taipei 2018/08/17
台湾/台北・中山駅: 圓環三元號(魯肉飯・魚翅肉焿) 2018/08/16
台湾/台北・圓山駅: 丸林魯肉飯 ④ 2018/08/15
台湾/台北・菜寮駅: 今大魯肉飯 ② 2018/08/14
台湾/桃園: 榕樹下綿綿冰 2018/08/13
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
45位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
17位
アクセスランキングを見る>>