FC2ブログ
« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »

ビジネスクラス機内食/イベリア航空: マドリード(MAD)⇒成田(NRT)

搭乗:2018/2/13 12:20発 IB6801便
評価点:総合★★★☆☆★★★☆☆サービス★★★☆☆雰囲気★★★☆☆
メキシコシティからの便が朝5時半に到着し、イベリア航空のラウンジには5時45分に到着。



見事に1番乗りだったみたいで(24時間営業なので、仮眠室に人がいるかもしれない)、これから6時間もここに滞在することになるのだが、トルコ航空のような素晴らしいラウンジ(☞ THY CIP Lounge)ならともかく、食事系がしょぼい。



入った段階であったのは、サンドイッチ類各種だけだが、これは早朝だから仕方ない。
7時前になると、スペインオムレツとマッシュルームが出てきたので、往路でも食べたけどゲット。



8時頃にプレーンオムレツとカリカリベーコン、9時頃にはチーズとサラダと出てきて、11時頃にようやくスモークサーモン類が登場。
夕食時間帯が豪華であることは過去確認済みだが、夕食時間帯以外は普通のラウンジという印象で、ラウンジベスト10から陥落だ。

**********



搭乗開始時間ぴったりにゲートに行ったらビジネスクラス側に並んでいる人は一人だけだったことから、機内には1番のりで入れた。
空いているのかと思ったが、ほぼ満席。日本人は3人しか確認できなかったが、週3便の運行なのに結構人気があるみたいだ。



ウエルカムドリンクは、カヴァ・オレンジジュース・水からの選択。




離陸後の食前酒のおつまみは、ナッツとオリーブの両方で決まり!(笑)



続いて、前菜トレー。
普段はパスする味噌汁だが、トイレに行った際に粉末味噌汁の粉末部分をお椀に入れて並べてあるところを見てしまったことで、試してみる気になってしまった。

粉末状態では分からなかったが、白味噌風味で小粒豆腐とわかめ入りの典型的な味噌汁。
ちょっと濃いめだったのは、粉末が個食パックでなく目分量で入れるタイプだったのかも?
水が無かったので、薄めることもできず味見だけにしてしまったが、下手な安物ペーストのものよりもマシだと思う。



温かいパン エキストラバージンオリーブオイル添え
カンタブリア産クリームチーズ、メンブリージョとブドウ添え

メキシコ⇒マドリード便では3種類だったのに、往路と同様に2種類。
最後なので黒パンを取ってみたが、やっぱり苦手だ。(エストニアのVon Krahli Aedで食べたような例外もある)

チーズのお供にブドウ添えと書かれていたが、たった1粒。
本拠地発でこのありさまだから、これがイベリア航空の機内食に対する姿勢なんだろう。
無花果のペーストを固めたものをメンブリージョというのは知らなかった。


チコリーと洋ナシ、クレソン、ブルーチーズのサラダ
ペドロヒメネス種のバルサミコ酢ドレッシング

前菜トレー全体写真から、トッピングのクレソンを食べて中のチコリと洋梨部分。
チコリは良かったものの、サラダというにはクレソン少なすぎ。


アーモンドとシナモンのクスクス 海老のレモングラス風味のせ

前菜のメインは、往路のマドリード⇒メキシコシティ便で出てきたものと同じだった。



仔牛肉のステーキ トンカツソース、サイシンとレンコン、人参、エノキ茸添え
Saikoro steak tenderloin with tonkatsu sauce, choi sum, lotus root, carrot and enoki mushrooms

Solomillo de novillo saikoro con salsa tonkatsu, choi sum, raiz de loto, zanahoria y setas enoki

メインは肉料理も魚料理も日本食だったので、イタリアでなければパスタを選ぶ気は無いことから、仕方なく肉料理をチョイス。メニュー表記を日本語・英語・スペイン語の3種類で記しておいたが、全部怪しい。



なぜかご飯も付いてきたが(メニューでは往路と同様に2食目に記されているが、2食目では出てこない)、びちょびちょだけでなく変な炊きあがりで、とても食べれたご飯ではない。
ご飯の不味さでは定評のあるJALよりもひどい感じだ。日本のパックご飯を出した方がマシだろう。



仔牛肉のステーキだが、食べた感じでは成牛肉で、これは英語の表記が正しいことになる。
ところが、日本語以外ではサイコロステーキと表記されているのだから、往路からメニュー表記はデタラメというか、いい加減というか・・スペイン気質?

ちょっと期待していたTonkatsu Sauce(トンカツソースと書いたら日本語では違う意味になってしまうので)が最悪だった。こんな和食は存在しないぞ!

ウスターソースを薄めたすき焼きを真似たような構成にしているが、こんなデタラメ和食もどきを出さないで、本家スペイン料理を出せばよいのに。それほど自分の国の料理に自信が無いのかな?
とにかく、航空会社の本拠地発の便で、自国の料理を出さずにデタラメな目的地国の料理を出すことが大間違い。



クレマカタラナケーキ
Pastel de crema catalana


デザートは、スペイン銘菓のクレマカタラーナ。
底の部分にシナモン入りのグラハムクッキーを砕いたものを敷いてあるので、NYチーズケーキ仕様だ。



さすがに、安直なカスタードクリームと違い、かといってチーズケーキとも違った凝ったお味で美味しい。
自国の料理ならアレンジしても美味しくできるのに、メインでもったいないことをしている。



食後のドリンクはパスして、小菓子(チョコレート)だけいただいた。

**********

最後の搭乗なので「時間外のスナック」と題した中間食も食べてみた。


クロワッサンサンド
ナッツ類

クロワッサンサンドとナッツ類を取ってきたが、ナッツ類は「Dried fruits」と記されていながら、中身はほとんど安物(割れた)ピーナッツ!
ビジネスクラス客に出すものではないだろう。



クロワッサンサンドは2口サイズで、中身はハム風味のスプレッド。
こちらは、まあまあ。

他にあったチョコレートは、安物パックで取る気にならず、フルーツはラウンジで食べたものと同じパック。JALの欧州行エコノミークラスで出てくる中間食の方が、はるかに優秀だ。

**********

結局シェードを閉められることも無く、日本時間7時前の日の出とともに機内が明るくなってきた。
おしぼりを配り始めたのが、到着1時間25分前の留萌上空。(JALやANAの欧州便と違って、稚内上空から南下して日本に入ってきている)
点灯は到着1時間22分前、と同時に朝食を配り始めた。


フレンチオムレツ
豚ロースの燻製と七面鳥の胸肉ハム
トースト、エキストラバージンオリーブオイル添え
オレンジジュース
季節のフレッシュフルーツ
ヨーグルト
クロワッサン、バター、ジャム

しかし、なんとも貧弱なオムレツだこと。エコノミークラスで出てくる感じのものだ。
ビジネスクラスなんだから、ANAの羽田⇒フランクフルト便で出てきたような、少し手をかけたものを出して来ればよいのに。



オムレツの横に添えられているトーストは、ラスク仕様でメキシコシティ⇒マドリード便の2食目で出てきたものと同じ。

その下に隠れている豚ロースの燻製は、見た目にたがわず上質な生ハムで美味しかった点が救い。



クロワッサンは、食べ終わったころに珈琲といっしょにもってきたけど、なんだかなぁ。
メニューの朝食欄に記されていたご飯は、予想通り出てこなかった。出されても困るけど。


ということで、本拠地発ならではの自国料理を楽しめない変わった航空会社ということで、期待外れ。
それも、我が日本人を侮辱するような低レベルの和食もどきしか選べない構成であったことから、★3つが妥当だろう。

スペインの航空会社だから機内食も美味しいだろうという期待は、長距離路線に4回搭乗して見事に打ち砕かれてしまった。
比較的優秀な欧州系航空会社の中ではルフトハンザ(☞ 6年前のフランクフルト⇒成田便)と競えるほど低レベルな機内食を出す航空会社であると判明した次第。
ビジネスクラスでこの水準だから、エコノミークラスは悲惨なはずだ。今後の搭乗は間違いなく無いだろう。


※メニュー:日本語版①スペイン語版①英語版①ワインリストその他アルコール

ビジネスクラス機内食 航空会社別レビュー&ランキング
関連記事

テーマ : ビジネスクラス機内食
ジャンル : グルメ

« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて25年。
現在 65ヵ国を訪問
47ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
11月:ベルギー⑥、スペイン
12月:ギリシャ②、キプロス
12月:ラオス
年越:台湾
1月:モルディブスリランカ
1月:マレーシア⑫,カンボジア
2月:ベトナム
3月:台湾
4月:フランス⑳、スペイン
5月:ポーランド④、台湾
6月:リトアニア②、ラトビア
7月:台湾
8月:スイス⑨、イタリア
丸数字:累計訪問回数

国内の食べ歩きはこちら
カテゴリ
最新記事一覧
セルビア/ソンボル [Sombor]: Restoran Stari Slon (Old Elephant) 2018/10/19
セルビア/ノヴィサド [Novi Sad]: Veliki Cafe Restaurant 2018/10/18
セルビア/ノヴィサド [Novi Sad]: Toster Bar 2018/10/17
セルビア/ノヴィサド [Novi Sad]: Restoran Terasa 2018/10/16
セルビア/ノヴィサド [Novi Sad]: Astal Saren 2018/10/15
セルビア/ノヴィサド [Novi Sad]: Petrus Caffe Gallery Bar 2018/10/14
セルビア/ベオグラード: Restoran Singidunum@Holiday Inn Belgrade 2018/10/13
アイルランド/ダブリン [Dublin]: Cinnabarアカ@Crowne Plaza Dublin Airport 2018/10/11
北アイルランド/ベルファスト [Belfast]: The Green Room@Crowne Plaza Belfast 2018/10/10
北アイルランドのマナーホテル/エニスキリン[Enniskillen]: Manor House Country Hotel 2018/10/09
アイルランド/ドネゴール [Donegal]: Mcglynns Restaurant 2018/10/07
北アイルランド/ロンドンデリー [Londonderry]: Badgers Bar and Restaurant 2018/10/05
ブリスベン 無料のリバークルーズ「CityHopper」を使い倒そう! 2018/10/03
ビジネスクラス機内食/カンタス航空: ブリスベン(BNE)⇒成田(NRT) 2018/10/01
オーストラリア/ブリスベン [Brisbane]: PappaRich Malaysian Delights 2018/09/29
オーストラリア/ブリスベン [Brisbane]: R SUSHI 2018/09/27
ビジネスクラス機内食/カンタス航空: シドニー(SYD)⇒ブリスベン(BNE) 2018/09/26
ビジネスクラス機内食/カンタス航空: 羽田(HND)⇒シドニー(SYD) 2018/09/24
北アイルランド/ベルファスト城 [Belfast Castle]: The Castle Tavern & Bistoro 2018/09/22
北アイルランド/ベルファスト [Belfast]: The Crown Dining Rooms(Crown Bar) 2018/09/20
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
44位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
16位
アクセスランキングを見る>>