FC2ブログ
« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »

ベトナム/フーコック島: ナイトマーケット [Chợ Dêm Phú Quốc]

訪問:2017/11/22 18:00
評価点:総合★★★★☆★★★★☆サービスn/a雰囲気n/aCP★★★★★


前からマークしていた、ベトナム離島のフーコック島にやってきた。
初日は、街の中心のナイトマーケットに近い宿(2千円/素泊)を確保してあるが、その後はビーチに面していない3つ星ホテル(3800円/BB)で2泊、最後はオーシャンビューを楽しめる5つ星高級ビーチリゾート(US$80/BB)を2泊予約した。(正確には、キャンセル料を避けるために、出発直前の羽田空港ラウンジから初日と、最後2泊の早割適用される5つ星ホテルの予約をし、特に方針を決めていなかった中日のホテルは現地で前日予約している)


▲左:空港方面から来る道からナイトマーケット入口
 右:左側ゲートは500m先との表示があるが、実際は300m程度。最初に掲載した右ゲートから向かう



まずは、フーコック島一番の観光名所になるナイトマーケットへ。
18時頃と21時頃の2度出かけてみたが、18時は早すぎのようで店も全部出店していない状態。行くなら19時過ぎの方が良いだろう。

会場は、物販店とレストラン街で概ね2分されている。
メイン会場はどちらも川沿いにあるが、やたらと貝細工の土産物を売る店が多い。(結構安いと思う)



特にお目当てにしていなかったが、当然ながら海鮮料理系の店がほとんどだ。
値段も高いし、調理技術や鮮度を考えると食べる気にならなかったので、レストラン街の写真も撮らなかったみたい。
唯一撮ったのが、生ウニの写真。あまり食べる気になれないなぁ。



最初に食べたものは、入口近くで売っていた炭火串焼の店っていうか、超簡易販売所。



お値段、どれでも1本10000đ(≒50円)とのことで、焼き鳥をゲット。
丁寧に鶏肉から飛び出していた端っこの部分を切り取りながら焼いていたので注目したのだが、お味は日本の焼き鳥と違ってヌクマム入りチリソース風味。日本とは違う味わいだけど、結構美味しい。




この後の記事で紹介するココナッツアイスを食べた後は、会場の中心部の交差点ど真ん中で営業していた人から。
こちらも1本10000đとのことで、先ほど気になった挽肉ベースのものも加えて頼んでみた。



2本買ったからか、(私には不要な)チリソースも付けてくれたけど、味のベースは同じかな。
こちらの焼き鳥はシソ巻き風、挽肉の方も想定通りのお味で美味しい。

漁港に隣接するマーケットなので海鮮料理を食べるのが筋だと思うが、一人旅だし、海鮮料理は安心して食べられる台湾にもあるので、ここでは屋台料理だけにした。しかし、屋台料理店少なすぎ!


ということで、当ブログでは異色のお土産編。



フーコック島はヌクマム[nước mắm]と胡椒が有名ということで、ナイトマーケット内にあった商店で購入した。
このうち、ヌクマムは島からの持ち出し禁止(航空機への積載禁止?)との情報を事前につかんでいたので、写真の土産物用パックの小さなボトル(50ml程度のもの)を1つだけ。(25000đ≒130円)

確信犯だったわけだが、手荷物として持ち込んだ空港のセキュリティで見事に発見されて没収されてしまったのだ。
悔しいので、その場で開封してなめてみたのだが、今まで本土で購入していたヌクマムとは比較にならないおいしさ。旨味が濃厚なだけでなく、まろやかな味わいなのだ。



帰国日にホーチミンシティのデパートで、フーコック産のヌクマムを見つけて持ち帰ったのが、上の写真のもの。デザインが似ているし、フーコックと入った同じラベルも付いているし、写真には写っていないが「PQ:16013002」といったフーコック産である通し番号のラベルまで張られていた。

先ほど開封して舐めてみたのだが、没収されたものと全然違うのだ。
今まで買ったことがあるものよりは良い感じではあったものの、イワシの味がきついというか単調な味わい。

調べてみると、空港で没収されたのは KHẢI HOÀN というメーカーのもので、ホーチミン市内で買ってきたのは、空港ラウンジを運営していた SASCO という会社が販売元になっている「Phú Nhĩ」というブランドのものだった。(38000đ≒190円/265ml;製造はフーコック島の住所になっている)

うーん、こうなると何が何でも KHẢI HOÀN ブランドのヌクマムが欲しくなってきた。
どこかで手に入るか、入らないならフーコック島に再訪問して詰め替えなどの手段で持ち帰れないかと企んでいるところだ。

【会場情報】
以下の赤線部分に露店とナイトマーケット用の実店舗が密集している。
実店舗であっても日中は営業していなかったので、早くても午後5時、雰囲気を楽しむなら午後7時以降に行くことをお勧めする。



訪問したベトナムのレストラン
関連記事

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて30年。
現在 67ヵ国を訪問
49ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
12月:台湾㊳:宜蘭・羅東
年越:ベトナム⑩:ハノイ周辺
1月:インドネシア⑨:バリ島
1月:メキシコ③、台湾
2月:マレーシア⑮、ベトナム
3月:マレーシア
4月:イタリア⑲~ドイツ
5月:アメリカ⑮:ナイアガラ
6月:台湾㊵:(芒果かき氷)
7月:イタリア⑳:南チロル
10月:ロシア:ウラジオストク
丸数字:累計訪問回数

カテゴリ
最新記事一覧
マレーシア/KL・Berjaya Times Square: Portugis Ikan Bakar 2019/12/14
マレーシア/KL・Bukit Bintang駅: Restoran Al Sarifa 2019/12/13
マレーシア/ペナン・Hard Rock Hotel Penang: Starz Diner 2019/12/13
マレーシア: ペナン国際ドラゴンボートフェスティバル 2019 (PIDBF) 2019/12/12
マレーシア/ペナン・Holiday Inn Resort Penang: Authentic Indian Cusine ② 2019/12/12
マレーシア/ペナン・Batu Ferringhi: Razak Banana Fritter 2019/12/11
マレーシア/ペナン・Batu Ferringhi: Boatman Restaurant ② 2019/12/11
マレーシア/ペナン・Batu Ferringhi: Satay@Long Beach Cafe 2019/12/10
マレーシア/ペナン・Batu Ferringhi: Lebanon Restaurant Batu Ferringhi店 2019/12/10
マレーシア/ペナン・Batu Ferringhi: Andrew's Kampung 2019/12/09
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
41位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
17位
アクセスランキングを見る>>